無料ブログはココログ

2024年3月15日 (金)

【3月なのに冬。の松倉川に】ジョビ男(ジョウビタキ・オス)リターンズ!【ってどっから?】

どこへ行ってた???

23/11/1の今季初認は間違ってないんだけど。

そのときは中華料理店の前の電線で

「オレだオレだ!」と主張しまくっていた。

電線ジョウビタキは撮ってもなー。そのうちちゃんと会えるでしょう。

そう思ったが最後、一切見かけず。

 

231224joubitakif

あてにした「縄張り」に陣取っていたのはメス。

しかもこのメスも年内で消えました。(画像は23/12/24撮)

明るい条件でクリアに撮らせてくれませんでした。

 

しかし、この日。

ちょうど雪が積もっていて好天だったので、撮れるわ撮れるわ。

キャリアベストの日になりました。

そういう日、2024年に入っても、何回かある。

240305joubitaki02

240305joubitaki09

こんな背後をとらせてくれる野鳥はまずいない。

(当然気づいてない)

240305joubitaki14ee

雪じゃなくて水が飲みたいのか、薄氷のはった川岸へとことこ行きました。

240305joubitaki15

もうね、こういうノーマルな画はいらんちゅう感じ。

240305joubitaki05e

240305joubitaki07

だいぶ食料に苦労しているらしく、ふらふらさまよっておりやした。

どうも両羽をひらいて腰を見せているのは

リラックスというより、休みたいメンタルなんじゃないかと思うわけ。

疲れてる、的な?

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

2024年3月11日 (月)

【純白に赤】イスカとの日々も、もうすこしで終るか【緩んできた?冬鳥たち】

まあ3月いっぱいはいるんでしょ、

と思ってるのですっかり撮り飽きたイスカたち。

 

それにしても香雪園の悪条件でヒッシに撮ってる方々、

御愁傷サマ。

240220isuka4

こないだなんか国道沿いの松で顔前1メートルのニアミスだったしな。

 

まあまあ近いだけでも満足しないけど。

先日は低い枝にいたので、

240304isuka3

とてもよい赤。

その後、また帰りに寄ってみると、

240304isuka5

雪上でmy松ぼっくり抱えこみ。

240304isuka6u

いやあこっちもよい赤。しまいにゃ、

240304isuka7e

食べたあ。のこの表情。

なんかこの日はオスばっかし。ラッキー。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

2024年3月 7日 (木)

【2024序盤の観察記】そろそろまとめ。1・2月、鳥相の差は?

函館で冬・春の境目を告げる野鳥はなんだろね。

 

オーソドックスに

ツバメ、ヒバリ、ウグイスてなとこかね。到着が早いのあとキジバトモズもそうかも。

あとカワラヒワの電線での主張。

ツバメ以外は純粋は夏鳥じゃなくて北海道の夏鳥

国内組だから早めにやってくる。あくまでもツバメ以外。

 

3月前半はまだ冬模様なんだが、

1・2月でそんなに鳥相は変わらないといいつつも、

 

1月に見たのに2月に会わなかった鳥は

ミツユビカモメ、カモメ、カシラダカ、コウライキジ、イソヒヨドリ、ハイタカ、ハヤブサ、カワラヒワ(亜種オオカワラヒワ)、キレンジャク

240107mitsuyubikamome04

ミツユビカモメ。

240111kashiradaka1

カシラダカ。

_240117kirenjaku_o3_4_1wmu

キレンジャク。

逆に1月に見なくて2月に見た鳥は以下。

オジロワシ、ハジロカイツブリ、ゴイサギ、ハクセキレイ、ホオジロ、オナガガモ、ジョウビタキ、アオサギ、ドバト

240207onagagamo3

オナガガモ。

240207hajirokaitsuburi

ハジロカイツブリ。

 

あくまでも記録上ですわ。

この中で有意性があるとするなら、

ミツユビカモメ、カモメぐらいか。ほかは誤差の範囲。

240224joubitaki

※ジョウビタキは12月には近所にいたのに隠れました。

こちらのメスは去年4月に見かけた場所の近く。

ジョウビタキ、ホオジロは隠れ家ハッケン、ぐらいな感じだし、

ドバトなんて意識の外。ハヤブサは2月もどっかですれ違ってる気がするけど記録してないだけ。

滞在地に足繁く通えば会ってる鳥だわ。

ただあの「ただ」カモメの群れは意外と早期に去ったように思える。

2/7のオジロワシ、オナガガモ、ハジロカイツブリを押さえた日の観察で

240207yurikamome1

はぐれのユリカモメを見つけなかったら、ユリカモメも早期に北へ戻ったグループだったはず。

 

亜種オオカワラヒワは雌雄が揃ったシーンがなかなか撮れん。

240109ookawarahiwa

 

ま、1・2月で64種はまずまずでしたけどね。

ミヤマガラスやシロカモメ、ノスリにも会いたかった。

でもことしははじめて2月のカワガラスの鳴き(繁殖期入りのサイン?)を認識できたので収穫できた。

 

なんとか3月中にはクロガモにも会いたいけど、まーず岸によってこないからなー。

カンムリカイツブリも同じだろうな。

あと3月はコクガンにお別れを言う仕事があるか。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

2024年3月 3日 (日)

【2024序盤の観察記】ホオジロガモのヘッドスロー(求愛ディスプレイ)【なかなかのオマケ】

そりゃね、少しでも珍しい鳥を撮りたい、キモチはわかる。

少しでもきれいな鳥を撮りたい、キモチもわかる。

240218kawasemi06

狩り成功!のカワセミ君なら、まあ誰もが満足ライン。

 

でも毎度毎度目の前で見せてくれたりはせん、つうの。

だから「運を楽しむ」のも極意。

 

この日は河口に珍しくホオジロガモ、オス成鳥。

まあ年に2、3回なので、撮っておくか。

240221hoojirogamo1

すると

240221hoojirogamo2

ヘッドスローを始めるでないの。

前に見たときはまわりにメスがいない状況だったので、

なにコイツ、練習してんかい。

と思いました。

でも、今回は何度も、

240221hoojirogamo3

240221hoojirogamo6

なんだか、「グェッ」と鳴きながら、足もばたつかせていて、

以前見たのと違います。

熱心だな~と、キモチ引いて水面を見ると

240221hoojirogamof7jpg

すぐ近くにメスがいました。

 

そうそう、この界隈、メス3羽いて、選べるのよ(笑)。

 

実は前日、陸上のホオジロガモ(メス)を撮れたんだけど、

240218hoojirogamof3o

潜水ガモの割には下半身デブ度がそうでもないのか、

と思いました。

240218hoojirogamof4

うーん、よいポーズ。

オスの相手はこいつではないように思うけどね。

 

潜水ガモの陸上写真けっこうレアです。

240118suzugamo_yf1

漁港のスズガモ・メス。

 

240111umiaisa01f

浜辺のウミアイサ・メス。

 

だって安全だと思わないと陸に上がらないから。

いかにも場所慣れ。

240218shimaenaga5

最後にしばらく見れないカットだな、と思いつつ、

一本(の記事)にするまでに至らなかったシマエナガ。

240218shimaenaga3

動きがめちゃ速い。

ヤナギの芽が膨らんできて、あとはポーズと表情だけ、と

思ったけどね。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

2024年2月26日 (月)

【2024序盤の観察記】続・10月の初見がウソのよう…2月のベニヒワ【楽しきループ】

昨年10月に初見だったベニヒワ。

年が明けてもたんまり見て、

2月に入ったらどうなんかな? 思ってました。

240214benihiwa14v

毎日なイスカに負けないぐらいのサービスぶりしまいにゃ、

スズメ並み。

240219benihiwa

ホンマにスズメ並み!?

って自分が近づいたせいだけど。

このときは「トイレ行って戻ってくるまで待っとけな」と

前を通り過ぎてしまいました(…待ってなかった)。

 

なので、こんだけの異常な蜜月を客観的に考えると、

年イチじゃなく生涯イチの接近かもしんない。

まあそれはそれ、だけどね。

240218benihiwa6

これは足もと4メートル。

240218benihiwa2

こちら足もと5メートル。

てか、フツウに野鳥撮影でこの距離にならんわ。

スズメでもならん。

完全にスイッチ切ってるよ、コイツ。

240218benihiwa5

脇をクルマが通ろうが、頭上を飛行機が飛ぼうがおかまいなし。

そのうち人が歩いてきて飛びます、は予見ズミ。

 

ほらね。

240218male_around80

矍鑠としているがアラ80と見た。

三流な函館市民は

「おニイサン、そんなはいつくばって何撮ってんの?」

などと関心さえ示さないから、ガン見してあげました。

もちろん気の利いた返しなどなく無言。

いいのよ、別に。

240214benihiwa07u

240214benihiwa10u

 

240214benihiwa16bath

イスカの真似して水浴びシーンも見せてくれました。

 

やっぱり胸の赤いオスは少ないんだなあ。

だからこのシーンは貴重。

とまんなくていいとこにとまってくれる大サービス。

240214benihiwa14v

 

240214benihiwa11

バックがごちゃってるしなあ、とか。

240214benihiwa01

振り向きまでかい、とか。

もう多少のかぶりなし全身では満足できないカラダにしてもらいました。

 

231024benihiwa4

23/10/24撮。

コレでテンション上げてた4か月前とは雲泥のシーズン。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

2024年2月22日 (木)

【2024序盤の観察記】ついでで申し訳ないが…間抜けでゴメン、なアトリ【楽しきループ】

※トリ系記事は調整の上、2/26および3/3に更新予定。

 

アトリ編はちょっとネタ不足かと思ってたけどナントカ。

どうもね、地上では表情がおマヌケなアトリたち。

240126atori2e

(オス)

 

そりゃにゃんこの「れでぃ」に捕まるわけだよな。

231127yunohama_cat1r

 

さて、アトリのオスメス。そして地上と樹上。

できるだけ表情がよさそうなやつ。

240214atori03

オス。夏羽では頭部が黒くなる。2月なのでまだちょっとだけ黒。

240126atori4

メス。全体的に黒い部分が少ない。

 

240128atori3e

オス。

 

240218atorif1

メス。

 

画像もイマイチだし、表情もイマイチ。

撮っても撮ってもイマイチなので、撮らなくなるのがアトリ、

でした。

 

231217atori1m

12月だからオス冬羽。頭部があまり黒くない。

 

どの画像にも「まあまあ撮れました」マークがついてない、という。

しょーもない(笑)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

2024年2月20日 (火)

【2024序盤の観察記】ホストがイスカという素晴らしき松林【楽しきループ】

そろそろ2024序盤観察記は終了です。これを含めてあと2回程度かな

基本的に隔日の1日2回更新も一旦停止です。

3月に【臨時編】の可能性もありますが、未定です。

もっと暖かくなったら春夏編をやるかもしれません。

まあ、5/10過ぎですかね。

 

さて至福のループ。

イスカ、アトリ、ベニヒワのループ。

これを

あたりまえだと思うなよっ!!!

マジで。

 

これまではイスカを12月に(年内に)撮れなかったなあ。

という年のほうが多いんだから。

それが10月の函館山からずっと。間断なく。

 

嘴が交差してごつい印象があるイスカも、

ときに柔和な表情を見せます。

スズメよりひと回り大きい程度の「小鳥」なんでそりゃそうなんだが。

240127isuka04_adme

何も目的なくここでぼーっとしてるわけではないのです。

下の川に下りて水を飲みたい。

240127isuka05_admu

240127isuka07_1wf

でもうまく水際に寄れなくて、雪食ってる。

普通は

240214isuka02e

成鳥(オス)が周囲に気を配っている。

悪いやつが近づいてこないか、見ている。

でも撮ってるよ。

240110isuka13_1w

でも多くは逆さになってまでも、松ぼっくりから松の実を

ほじくり出してるわけだけど。

240214isukaf07

さすがに日々こればっかりだと撮るほうも飽きる。

逆さまイスカ。

なので、狙うは水飲みイスカ。

ただし、水抜きした池が凍っていては希望はかなわない。

 

ついにチャンス到来。

240214isuka_drinking2

240214isuka_drinking4e

撮れました。水飲みイスカ2024。

するとこの日は気温が高かったので、

240214isukaf14e

240214isukaf13

水浴びまで。2月に水浴びイスカ。

面白いね。誰かが水浴びしているとマネする輩が必ずいる。

水浴び欲求が伝染。

しかもこの日は

240214isuka_benihiwa1

ベニヒワやアトリと

240214isuka_atori

ツーショットも披露。

唐突バードバス状態が出現。

 

これを千載一遇と見極められてこその観察者です。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

2024年2月18日 (日)

【2024序盤の観察記】水鳥・海辺編…変り映えは、しない【数えればけっこういる】

「ちょい東」「けっこう東」プチ遠征編のオマケな話。

 

まずは1・2月のレギュラーは

240212hoojirogamo_f

ホオジロガモ。川に上がってくる率35%。

 

240111umiaisa02m

240111umiaisa01f

ウミアイサ。(上)オス(下)メス 川に上がってくる率10%。

 

松倉川の常連カワアイサ(越夏個体)は別としても

240118kawaaisa_r

函館沿岸ではウミアイサのほうが圧倒的メジャー。

って、海編だしな。

 

240111shinorigamo1

240111shinorigamo3f

シノリガモ。オスは派手でしょう。

 

240124hidorigamo

マガモもヒドリガモもたくさんいるのであまり撮らないけど。

画像はどちらもヒドリガモ・オス。

そうそう。忘れてはならない天然記念物。

240106_kokugan

コクガン。行動は基本的に家族単位。

 

「ちょい東」「けっこう東」までの海岸線にはテキトーに観察しても

この4種が20~50は見ることができますな。

240113himeu4e

ウミウにまじってヒメウ

ウミウはどうしても撮る気がおこらないが、ヒメウ、なら。

まま特定の場所に。

特定の場所、でいうなら

240207hoshihajiro

ホシハジロ(オス)。いつもの場所に長居。でほとんど寝てる。

夜行性?

そのパートナーが

240118suzugamo_yf1

スズガモ(メス)。

この2羽だけが昼間ここにずっといる。

 

さて、若干レアかな、は岩礁で見る

240207onagagamo3

240207onagagamo4

オナガガモ。上オス、下メス。

個体数の多いオナガガモも道南の海岸では少数派。

 

240207hajirokaitsuburi

ハジロカイツブリ

3月中にはおさめたい、と思ったら2/7に遭遇。

夏羽を見たいんだよなあ。夏羽の兆し?レベルだよなあ。

 

そしてオオトリに置いてみたのは

240207ojirowashi2

オジ ロワシ。魚食の猛禽なので海にいても不思議じゃない。

 

ただ軽快さはないので、一見性格はおだやかに見える。

カモメたちと漁船のおこぼれを狙う平和主義者?

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

2024年2月16日 (金)

「函館市」は24/1/1-2/10で全道2位! 湯の川温泉のほうは全国〇位! なら全道1位・全国1位は?

はは、めちゃくちゃなタイトルで申し訳ない。

まったく異なるジャンルを「合体」させたので。

 

ランキングなんてさ、その母集団、集計方法をちゃんと確認しないと評価できないって

知ってました?

あら、自分で書いておいて(笑)。

 

ちなみに全道1位は根室市でした。函館市、こりゃあかなわない。

くわしくは後半で。

 

湯の川温泉のほうは全国〇位! なら全国1位は?

こちらは

テレ東が制作した「行ってよかった温泉(地)ランキングBEST100」。

240212_0204oa_onsen_ranking1

O.A.は24/2/4。見た人~?

あら、皆さん忙しいのね。

メインMCが長嶋一茂と成田悠輔。

成田悠輔…顔と名前が一致する人~。日本人の13%ぐらい?

なんでメインMCがリモートなんだ的不思議なSP番組。

 

こういう番組で自分の経験値を測るのがブログ主の常。

まあ湯の川温泉入っているかなあ、と見てました。

100ならあるんじゃないか?

北海道で3番手、4番手だとリクルートがいつも主張しているのでね。

北海道で6、7は入るでしょう。

240212_0204oa_onsen_ranking2

番組は50位~4位までをカウントダウンした後に、51~100位は「ほらね」と30秒でコメントなし紹介。

あと調査ベースはテレ東独自で対象者105,249人にアンケートして【有効回答】9,798

有効の条件は2019年以前に年2回以上温泉に行っていて、2020年以降は最低一度は温泉に行った

政令指定都市20か所に住む、20歳以上の男女。

採点は

1.泉質 2.旅館・ホテル 3.温泉街、近隣の情緒 4.周辺の観光地や自然 5.食事 6.全体のコスパ

3.4.6を3倍掛けしてトータル120点満点的採点法。

 

さあ、その北海道は

42位=十勝岳温泉 9位=ニセコ温泉郷 6位=洞爺湖温泉 5位=登別温泉

240212_0204oa_onsen_ranking3

以上。

161007jigokudani_0

登別・地獄谷。

 

50位内に5か所。

まあ登別は強いわな。5位ね。なるほど。

240212_0204oa_onsen_ranking5

ちなみに全国1位は箱根、2位が草津、3位が奥飛騨温泉郷でした。

111123motohakonekou

元箱根港と箱根神社鳥居

111123oowakudani

大涌谷

2011年に箱根に行ったときの「らしい画像」をストックから探してみた。

箱根のイメージってどんなビジュアルだっけ?

すると番組では

240212_0204oa_onsen_ranking6

240212_0204oa_onsen_ranking7

 240212_0204oa_onsen_ranking8

240212_0204oa_onsen_ranking9

すすきで有名な仙石原は行ってないわ。

大涌谷はロープウェーから撮ったからな。

でも芦ノ湖の遊覧船に乗ってた証拠写真ではあるだろうて。

 

160628kusatsu_yubatake1z

草津、湯畑

 

さあ、51~100位。

56位=ウトロ温泉 知床ね。

59位=平磯温泉 え?どこ?なの?

62位=屈斜路湖畔温泉 所在地は弟子屈?

240212_0204oa_onsen_ranking4

65位=湯の川温泉

あった。

240209yunokawaonsen

ようやく出ました。

66位=阿寒湖温泉

85位=愛山渓温泉 どこだっけ? かあ。

91位=上の湯温泉 だって。

92位=丸駒温泉 支笏湖畔の一軒宿ね。

 

そっかあ。北海道でBEST100に12も入っているんだな。

当然と言えば当然。65位かあ。

でもさ、定山渓や層雲峡は入んないの? なーんでか。

ま、熱海や別府も下位だしな。

「団体旅行の定番」はことごとく下位に沈んだか。

加賀温泉郷の山中・山代も100位内にナシ。

 

北海道の次にランクインが多いのが

長野県・山形県が8、静岡が伊豆を中心に7、群馬が6

 

ランクインゼロなのが、

茨城、埼玉、東京、三重、滋賀、大阪、広島、高知、福岡、宮崎、沖縄

以上が温泉ナシ県扱いでした。

 

自分としてはこのなかで、

宿泊あり10、日帰り入浴あり10、行ってみただけ10。

何県にあるかも知らなかった25。

こんな感じでした。レベル測定終了。

なんたって政令都市20の住民「限定」の調査だから。

仙台市民は作並をスルーして、山形ばっか行きたがる?

とか偏りもよくわかりましたね。

 

さて、だいぶ書いちゃったけど、函館市全道2位の件。

ホントは2月初めの短い間なら全道1位っしょ、と手応えがあったので

構成したんだけど、2月に入って一週間もせんうちに根室市に抜かれてもうた。

240209dl_24feb

これが2月の順位。2/1-2/9。無理だ、小手先では抜き返せん。

(注)2/10-15で+2なので函館市は51。

 

それだけ根室市が道東のなかでもメッカだということで、素直に脱帽。

なので2位でいっか、と開き直って24/1/1-2/11の集計。

240209dl_240101_0211

ほーら、まわりは道東ばっかりでしょ。ま、近々ランクを落としていく予定だけどさ。

次が個人データ。

240212dl_mydata

で、これを独力で果たした! と言いたかったのに、誰か(旅行者?)が+1してもうた。

これが現実だけどな(笑)。

でも普段から言ってるでしょ? 競うことは必要だと。

きっと3月末あたりになったら、8位9位まで落ちてることでしょう。

随時(月末?)集計して鼓舞するのもよいか?

 

メインは温泉の話題だけど、

アップデートがめんどいので2/16 6PM更新にねじこみました。

観光関係、という認識だしな。

 

2/18の更新は6年ぶりにコイツに会った話。

240207ojirowashi3

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

2024年2月14日 (水)

【2024序盤の観察記】水辺の野鳥・川編【オオハクチョウ/カワセミ】

そんなに気合い入れて鳥探ししてないから

誤解なきよう。

 

そういえばまだことしは函館山に一度も行ってない。

てか、冬に行ったとてシマエナガぐらいしか会わないからね。

地上採餌の鳥たちは雪の残る山ではきつい。

歩きにくくて会いにくい。

 

それを言うなら香雪園も同様。鳥は少ない。

まあ、ときどき覗くのはよいけど期待してはいけない。

ほら

240118ezolis3

せいぜいこいつら。ま、いいのだけど。

 

それでもここまで45日間で2024年の観察種数は63までになった。

川と海だけでこんだけ会うのが函館。

居る場所に行って、居たかあ。

例によって出席を取る(撮る)のみ。

 

きょうは川編。そして次回は海編。

12~2月に川や海にフツウにいる方たちを

ひと通り紹介しておきましょう。

コツコツ数えるといろんなのがいる、ってーことで。

函館に慣れれば「別に」な奴らも

本州の鳥好きから見れば

「北海道っていいな」なのである。

 

そこにツーリズムが成立している。

わ・か・る・かなあ? わ・か・ん・ねえか。

231230oohakuchou3

23/12/30撮。優雅、だよね、オオハクチョウ

このときは1羽で迷い込み。

231230oohakuchou2

 

月が変わって

240126oohakuchou2

24/1/26撮。2羽で河口から上がってきた。

 

さらに

240209oohakuchou2

24/2/9撮。おや、月イチレギュラーかい。

240209oohakuchou4

あらら、お疲れ、浅瀬にへたり込み。

すると翌日。

240210oohakuchou1

4羽に増えてた。

この時期のオオハクチョウ、どっから来てどこへ行く?

 

驚いたと言えば

240120magan5u

マガン。24/1/20撮。

240120magan4up

なぜ、川に?

越冬地へ行くのは10~11月だし、北へ帰るのは3月っしょ。

 

そういえば

231224kawasemi1

カワセミ。23/12/24撮。男の子。

231225kawasemi

翌日。もう一歩だった。

240116kawasemi1

24/1/16撮。同じ個体の可能性大。

240203kawasemi4u

24/2/3撮。月イチレギュラー、だそうです。

そうはうまく行くかい!

 

水辺の鳥ではないけれど、こんなのもいる。

240126kiji

キジ(コウライキジ・成鳥オス)24/1/26撮

231221kiji_juv

コウライキジ幼鳥。23/12/21撮。

231220haitakaf3

231220haitakaf6

23/12/20撮。ハイタカ。メスの若鳥。

 

まだいるな。ことしの新顔。

240120kaitsuburi1

24/1/20撮。

カルガモの半分もないカイツブリ、が必死に越冬中。

春までもう少しだで。

 

ちょっくら朝の散歩でこういう確率の場所はホンマに貴重。

ま、知らん人には無縁でしょうか。

 

ここで

マガン以外は「きょうはそうなのね」的なそこまで珍しくないメンバーなんです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

より以前の記事一覧