無料ブログはココログ

« 【マチカドニスト考察】函館飲食・やらかしの背景【愛を以て深く考える】 | トップページ | 【最新情報入手】予想通り、日々増えていく無許可・無届営業。とまらない。【函館の日常】 »

2024年6月17日 (月)

【2024・ことしはマジメに観察】ホオジロとホオアカ【いるとこにはいるシリーズ】

いるとこにはいる。のシリーズ。

 

香雪園には来なくても、いる場所に行けばいる。

きょうはホオジロホオアカ

ホオジロは本州でいえば、数も多く別に珍しくない鳥。

240526hoojiro1v750

でも函館近辺だといるとこにしかいない。

森でも原っぱでもなくその境目あたりが好きらしい。

 

函館山でも特定のゾーン(例:千畳敷付近)に行けば会える鳥。

ただ「公園」では会えた記憶がほとんどない。

メスは

200504hoojirof3_750

こんな感じ。やや地味。(2020/5/4撮)

※2024年に見たメスは

240415hoojirof3_750

このとき、だけ。@函館山。(画像よくない)

 

いやいや、じつはこの場所には去年会えなかったホオアカを撮っておこうと

行ったのだが、元気にさえずっていたのはこのホオジロのオスでした。

240526hoojiro3e750

いやあ、こちらを一瞥して再び、

240526hoojiro6e750

さえずりモード。この数m後ろはクルマがビュンビュン走ってる道路なんだが

おかまいなし。

ホオジロはモズほどではないにせよ、尾が長くてスタイル◎。

 

いっぽうホオアカは、というと頭部がグレー。

240429hooaka2_750

4月のうちに松倉川で発見。でもいまいち腰が引けている。

この場所たしか8年前にホオアカという鳥を初めて見た場所。

毎年チェックしてもいなかったが、もしかしてあのときの子孫?

でも、その後、この場所ではなかなか会わず。控え目、なのかも。

 

というわけでもっと確実な場所。先のホオジロ・オスを見つけた場所へ。

240501hooaka1_750

5月アタマ。電線どまりで逆光。ダメじゃん。

240511hooaka2e750

遠いじゃねえかよ。

 

で、次が

240526hooaka750

バックがもじゃってる。決まらん。

 

ちなみにホオアカは雌雄の差がない。さえずっていればオス、なんだが

先に書いたようにオスも控え目。

6月に入って、

240607hooaka2_750

なんとかこれがベター? 腰の褐色はホオジロと同じだった。

いままで「見返り」を撮った記憶がない。

この日その直後、

240607hooaka3_750

お、雛がいるのか。餌くわえてた。単にびびって逃げたかと思いました。

240613hooaka2_750

別日。これもなんかあわててて、キリッとしてない。

 

そして3か所め。ここにもいるんだ、という感じ。

ここもほぼヒバリのすみか。

240612hooaka1_750

ようやくこれがいままでのイメージ。

でもめちゃ遠く。

スキを見つけてささっと撮らないと、なかなか遊んではくれないホオアカ、

でした。

 

個体差以上に種によってキャラが違うので鳥は面白い。

通い続けたら「幼鳥」も撮れるか???

 

さて、

ホオジロは秋口に函館山で「(南へ)帰りたくな~い」モードを見せてくれるが、

ホオアカは秋になると、山には寄らず、気が付いたらさっと消えてる、パターンなので、

2024年の終認はどうなるものか。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

?

ランキングサイトに参加しています。上のキビタキ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

?

 

« 【マチカドニスト考察】函館飲食・やらかしの背景【愛を以て深く考える】 | トップページ | 【最新情報入手】予想通り、日々増えていく無許可・無届営業。とまらない。【函館の日常】 »

ありがとう!函館の自然」カテゴリの記事

ただの鳥撮り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【マチカドニスト考察】函館飲食・やらかしの背景【愛を以て深く考える】 | トップページ | 【最新情報入手】予想通り、日々増えていく無許可・無届営業。とまらない。【函館の日常】 »