無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【2022まちぶせ第三号】1か月見守ってみました。おせち基準から改めての別れ【成る前は歩兵】 | トップページ | 【令和四年元日からの…】この店、去年で終わったの?【恒例の連発】 »

2022年1月 9日 (日)

【ベストビュー2021】自然だけじゃなくて歴史・文化のニオイのする風景(岩手・福島編)

野鳥観察目的で連泊していた仙台

そして19年夏に洛中洛外図屏風を見忘れて

心残りだった山形県米沢にベストビュー!な感じはあまりなく、

割愛して、

盛岡大内宿の風景を並べます。

210910iwateginkou_akarenga

※このアングルで人が写らないタイミングをずっと待ちましたが、

こっちは正面じゃなくて側面なのであった…。

東北ではこういう煉瓦造りは珍しいですよね。

岩手銀行赤レンガ館(旧盛岡銀行本店)の建物はかの辰野金吾の手によるものです。

あの東京駅の設計で有名な。

頑丈な銀行建築も各地に残しています。

で、辰野金吾の手による重要文化財建築はナントカ網羅しとこ、と

盛岡で思いました。

このとき盛岡の滞在時間は約90分。

後から考えると岩手県庁へ足を向けるべきだったかもしれませんが、

手堅く岩手公園、盛岡城址へ。

※群馬県庁を先に見てたら、チャンス逃すまじ、と思ったことでしょう。

210910moriokajou_ishigaki

みごとな石垣が随所に残る盛岡城址。

もちっと堀がきれいだったらよかったのにね。

で、この空の(南部中尉の)台座が気になったというわけでした。

210910morioka_chuui_daiza

そして、晴れた日に街から拝みたかった岩手山は

210910morioka_nakatsugawa

この日もはっきりは見えませんでした。

こんな晴れ晴れした日なのに。

 

つづいて福島県は奥会津の大内宿

ここもねー1日使う場所なので、

せっかくの出入りのチャンスを逃すわけにはいきません。

で、

210914oouchijuku_fk2

210914oouchijuku_kite

このポスターと同じ絵が

いとも簡単にキメられて、そのラクさかげんに感動です。

210914oouchijuku_1

平日にもかかわらず午前の1時間で人が増えたことにも???

210914oouchijuku_7

そして「整えられた」観光地なのに、全国レベルではメジャーではないところが

ちょっとイタイ。

210914oouchijuku_ishiharaya5

210914oouchijuku_ishiharaya6

210914oouchijuku_ishiharaya3

ねぎそば食べた「石原屋」もよかったですね。

210914oouchijuku_ishiharaya1

この時点で「重伝建」というワードは頭に入っていたので、

全国の重伝建軒も可能な限り、まあ3分の1ぐらいは押さえてみたら、

その「指定」が観光にどれだけ活かせているか、実感できることでしょう、ということで

意図せず?千葉県の水郷の街での感激につながりました。

 

というわけで【2021ベストビュー】は次の一回で終了。

余裕があったら2022展望編を考えます。

その前にはさみたいシークエンスがちょっとある(笑)。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【2022まちぶせ第三号】1か月見守ってみました。おせち基準から改めての別れ【成る前は歩兵】 | トップページ | 【令和四年元日からの…】この店、去年で終わったの?【恒例の連発】 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【2022まちぶせ第三号】1か月見守ってみました。おせち基準から改めての別れ【成る前は歩兵】 | トップページ | 【令和四年元日からの…】この店、去年で終わったの?【恒例の連発】 »