無料ブログはココログ

« 【ほぼほぼ信念】飲食店の実力はメニューで見抜ける【失笑メニュー編】 | トップページ | 【せっかくなので】と【何が何でも】の狭間を思うの巻 »

2021年12月 9日 (木)

【大門横丁・後編】ネオ函館人気質に侵された令和の函館【残念!消化不良】

いやいや、予想以上に読まれなかったね。

大門横丁の記事。

211115daimon_yokochou_south

村民はまったく関心が、ナイか。

ネオ函館人気質について、徐々にフォーカスが定まってきたのだけど、

けっこうよい題材でしたね。

 

最初、

大門横丁の元気な店24軒中、7軒が北海道の第三者認証を取得していて

211113yamataichi3

こう店頭に表記しているのを見て、

ナニ?大門横丁の自主基準を守るだけで、

自動的に第三者認証取れるんじゃん

そう思いました。

いったい誰が導いているんじゃ?

別にほんとうに感染拡大対策が施されているかどうかは

わからないし、認証を獲得した時点でそうなってた、という

言い訳はじゅうぶん可能なシステムなので、真実はどうでもいいのだ。

211113yamataichi2

きっとこの「7」は増殖していくのだろう。と見たのが11/10を過ぎたあたり。

ところが各店の店頭を見ていくと

その自主基準を明示していないお店も多数。

 

なーんだ、任意なんだ。

そして客はそこを見て店を選ばないという証拠!

結束して安全な横丁へお客さんを呼び込もう、と思ってるわけじゃないんだ。

やなこった、というお店もけっこう混じっているんだ。

 

そう思って保健所リストの「申請者」欄を眺めてみた、わけさ。

211206daimon_percentage

(上のグラフ)

2005年の横丁発足からある店が4軒で17%

2016年以降の申請で営業許可未更新が33%

営業許可更新1回が29%

ま、途中で名義変更もあるし、更新忘れもあるので

いまいち正確な数字じゃないけど。

(下のグラフ)

第三者認証取得率は27%で未取得73%

このあとは知らんけど。

27%の内訳は必ずしも継続してるお店が取ってる

わけでもありませんでした。

ふーん。ばらばらか。

 

わかるのは

24軒のなかにはちゃんと良心的なお店は「ある」もんだ。

そんだけ。

 

自分の解釈では

ひかりの屋台・大門横丁→

地元民も通う観光客相手じゃない楽しい飲み屋街

という定義なのだと思うけど、

この記事の関心度を見て

やっぱりな。

 

地元民も通う観光客相手じゃない楽しい飲み屋街

を装うエリアだよな。

 

函館初心者はそうでもないけど、

過去に函館に来たことのある観光客(もしくは仕事関係者)には

そこそこ魅力ある場所に見えているのでしょう。

それって26という「選択肢の多さ」が大きく影響している。

 

本来は店が客を育て

客が店を伸ばす

持ちつ持たれつな関係があくまで「理想」だけど、

両者にその意識は皆無っちゅうことだ。

 

ま、日々、村のランキングに出てくるブログ見てもよくわかる現況。

 

しかし、飲みたくて屋台へ行って

オムライス、という発想はしないけどな、自分。

とにかく続いているのなら収支が合っているわけで

よいでしょう。

 

ただ冷静に考えると、一軒空いたら、次々順番待ちしてるような

オイシイ場所にも見える。

だからヘタに動けない。

 

そうそうネオ函館人気質。

一般道民的な「なんもなんも」が

失敗から立ち直る

他人のミスを許す寛大さ

から、ーでもいいさの無関心へと「進化」したとすると

 

共感力の欠落、注意力の減衰につながって、

ジコチューな奴、非常識な輩だって

それはそれでいいんじゃない?勝手にやれば?

という傾向が見て取れる。

 

いやあ、めんどくさいなァ、やりたくないなァ。

でも周りがやってるから、頑張ってみるか。

他人の勢いを利用するアクセルは人生でけっこうだいじだと

思うけどね。

 

やらないったら、やらない。知らないったら、知らない。

じゃあご勝手に…な

悪い意味で自由奔放な社会がどんどんこの街で進行しているよ。

 

その結果が短命店。

大門横丁では短命で終わらぬよう、絶妙にもたれあったいるけど

それでも客観的に「見える」勢いとしては24分の7にとどまる。

 

最後によい機会なので

「不定休」をチェックしてみた。

211114_1119mon_fri_

日~金を調べた週と、日~土を調べた週が1回ずつ。

211128_1204_sun_sat_

サンプル数総計15で

不定休を表明して休業ゼロというお店が10軒、

無休を表明しているお店が2軒。

定休日のあるお店がこんなに少ない。

思ったより勤勉だよね。

不定休の本来の意味は「無休に近い」

決まった曜日には休まない

ことだとわかるのだ。

どっかのいいかげん店主に○○の○○を煎じて飲ませたい。

211113yokochou_map_12c

でも、第三者認証の件は全然別なのね。

第三者認証取得の7軒中、6軒が不定休。

※文字抜けだが、ことぶき亭→不定休

これを見て不定休に対する認識を少し改めました。

 

それにしても

「27%」がいまの函館。

もちろん100%になるのは気持ち悪い。

単純に人は人、自分は自分じゃないなら

この横丁の推移に注目する価値はあるのかもしれない。

 

で、お店はこのまま頻繁には入れ替わらないほうがよさそう。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【ほぼほぼ信念】飲食店の実力はメニューで見抜ける【失笑メニュー編】 | トップページ | 【せっかくなので】と【何が何でも】の狭間を思うの巻 »

函館人気質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ほぼほぼ信念】飲食店の実力はメニューで見抜ける【失笑メニュー編】 | トップページ | 【せっかくなので】と【何が何でも】の狭間を思うの巻 »