無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【閉店後の現状回復はどこまで?】外観は手軽に済ます、が函館飲食の流儀 | トップページ | 東京都前週比41%増!20年年末に次ぐ急加速! »

2021年7月16日 (金)

【PART2】あちゃー函館市が1位とは! 意外!まではないけど、でもがっかり…

けっこう激しく人口が減っている函館市。

北海道におけるそのポジションはどのあたり???

210716hokkaido_from_hokkaido

北海道にはご存知のように179市町村あり、その内訳は

市が35

町が130

村が14

となっているんですネ。

ブログ主は「地理」にはめっちゃ自信があるけど、さすがに179は抜けなくスラスラ

言えないわ。

 

函館市の人口は札幌市、旭川市に次いで北海道、第三位。

だから北海道の中で函館はけっこうな「都市」である。

前回、県庁所在地クラスで語ると

札幌市は人口増加率第9位で、北海道全体で見ると人口増加率が全国27位。

実際にはマイナスで下から数えたほうが早い。

という話まで書きました。

つまりは北海道のなかでもどんどん偏りが激しくなっている。

なかなか見えてこないのはそこね。

道内の35市のうち人口が5万以上なのは15市。

210715donai_top15


このうち人口増加率がプラスなのは

札幌、千歳、江別、恵庭。4市だけ。でも4市もあります。という感じもするな。

また函館よりも人口減少率が高いのは…小樽、室蘭、岩見沢

もしかして函館がダントツに人口減らしているとでも思ってました?

現在の法律で市になる要件は基本的に人口5万人なので、

もう半分以上は…ということになります。

35市のうち人口が少ない下位10市はこうなってます。

210715donai_bottom10

これを人口減少率を併せてみてみると…

函館よりマシなのはひとつもないです。

函館は砂川よりもマシ、です。

よって函館の人口減少率は35市のなかで、ワースト…22位。

なんや、マシなほうから数えたほうが早い、35市中の14位じゃあ。

まだね、これが北海道という実感はないでしょうから、

町と村についてみてみましょう。

北海道で人口の多い町村上位10。

210716hkd_chou_top10

ま、過去の合併の結果とかもあるわけですが、この表で10番めの余市町なら

35市と比較すると29番めなので、市と町で規模が逆転しているケースがけっこうある

ことに気づくかもしれません。

逆に人口の少ない町村10。

210716hkd_chou_bottom10

人口が増加傾向の村も存在することがわかります。

なかでも外国人に人気の「スキーリゾート」は人口が増加傾向。

ちなみに人口増加率だけで市町村併せて順位を出すとこうなります。

210716hkd_incr12

ま、「率」なんで母数が少ないほど数字は大きく出るんですけどね。

大ざっぱに言えば「札幌周辺」に北海道の人口が集中してるってだけにも見えます。

函館のポジションから言えばまだ付け加えておかないといけない要素があるわけです。

道南の周辺市町村の人口増減。

まず渡島総合振興局。

210716hkd_oshima

そして檜山振興局。

210716hkd_hiyama

北斗市と七飯町を除けば、渡島檜山の人口減少率は相当イッちゃってる。

道内でこれに匹敵するインパクトがあるのは留萌振興局あたりで、

210716hkd_rumoi

十勝やオホーツクは案外そこまで減りが激しくない。

210716hkd_tokachi

上士幌は児童福祉に力を入れているそうだ。5年で10%以上減ったのは浦幌町のみ。

210716hkd_okhotsk

オホーツクも10%以上減少は4町だけ。

鶴居村は農業所得が高くて、猿払村は漁業所得が高いらしいぞ。

いよいよシリーズ次回は函館の%を書くのだけど、

●函館→札幌、東京

●渡島・檜山→函館

という人の動きをイメージすれば

現状のイミがわかると思うのね。

小さなところから近場の大きめへ。そこそこ規模より大規模へ。

これが経済も含めて「人流」ですから。

「観光」のチカラでこの構図をまるまるひっくり返すのは無理。

でも可能な限りかき混ぜるとブレーキ効果を発揮すると思うわけ。

小樽、室蘭、岩見沢が函館より減らしているのは札幌が近いから

でしょ?

福岡市の西隣の糸島市は人口増えてるけど、小樽は札幌に吸われるばかり。

道民は海=漁業だとしか思えないんでしょうかね。

とにかく「より大きな偏り」にもまれつづける街、はこだて。

実は昔からそういうキャラの街だ、という説もあったりして。


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【閉店後の現状回復はどこまで?】外観は手軽に済ます、が函館飲食の流儀 | トップページ | 東京都前週比41%増!20年年末に次ぐ急加速! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【閉店後の現状回復はどこまで?】外観は手軽に済ます、が函館飲食の流儀 | トップページ | 東京都前週比41%増!20年年末に次ぐ急加速! »