無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【集めるタビ・つながるタビ】路面電車(6)高知市&岡山市…在庫が少量 | トップページ | 【新型コロナ】無念の感染再拡大スタート!かも… »

2021年3月 3日 (水)

【集めるタビ・つながるタビ】(再構成)名古屋城で感じた違和感

きょうの話題は路面電車から一転して、

名古屋城の謎。うーん、厳密には名古屋人の謎…かもね。

 

これ対象があなた「函館山」だったら、どう答えます?

地元市民らしく観光客に的確にコメントできますか?

ずっともやっとしていたのは12月の名古屋訪問で

201206nagoyajou_seimon0

ひと通りお城を見たあと、正門のところにいたボランティアさんに

「名古屋城って正面から撮れないお城?」と聞いたところから。

201206nagoyajou_tenshu2

東南からのアプローチ(a)

201206nagoyajou_seinansumiyagura

西南隅櫓越し、と西南隅櫓脇からのアングル(b)

201206nagoyajou_tenshu_se

その年配のボランティアさんによれば「知る人ぞ知る」撮影ポイントがあるんです、

と言いました。

まあまあ半信半疑のまま名古屋城を後にしたわけですが、

その後、NHKの歴史秘話ヒストリアで名古屋城の特集があったんですわ。

210217meijou_hys01north_

そっから引用させていただきますが、オンエアを繰り返し見て、

「名古屋城の正面」には魅力がない。撮るべきポイントではないんでしょ?

と思ったわけです。

現在、大天守は耐震性問題で入場できないので、こういう客観的な資料を観光客は

なかなか目にできないのではないでしょうか?

 

まずそのNHKの番組のオープニング。

オープニングの画像が「西北隅櫓」なめ。

西北隅櫓は大天守の西北側にある深井丸に立派な櫓です。

201206nagoyajou_seihokusumiyagura

西北隅櫓裏側。当然名古屋城のいったん外にでないと堀越しには撮れません。

まず思いますよ。オープニングでなぜ正面から来ないんだ?

次に登場するのは尾張藩、最後の藩主、徳川慶勝サマが撮影された

明治初頭の名古屋城の写真。

210217meijou_hys02yoshikatsu_

210217meijou_hys03yoshikatsu_

お殿様が自分のお城を撮っていて何と「正面」がない。

たぶん最初の写真は南側に見えるので(後述画像のB地点)

201206nagoyajou_honmaru_2nomon 

この門でしょうか。塀の高さがいまとはだいぶ違うような。

次の写真は今はなき、深井丸の東北隅櫓(A地点)

天守の鯱の向きと石垣のへこみに注目しました。

210217meijou_hys04_

210217meijou_hys05_

結局自分が撮影した大天守は赤の★のところ(a)(b)からで、

ボランティアさんが指示した場所はオレンジの★ですね。

城内案内図で作った画像を再掲。

201206nagoyajou_map1_2c

順路でないところに入りこめば撮れる、のかと思いましたが

そういう写真をまだどこでも見かけない。

お殿様自身がそこから撮ってない。

そこがポイントだとも思ってない。

はっきり言って小天守がジャマなので、

大天守は上部しか見えないでしょう。

ていうかそもそも

名古屋城は見せる城じゃねえんだ、ということにもなる。

姫路城とは違うんだ、と。

190510himejijoufromst

姫路駅からの姫路城。正面はきっとこっち。

190512himejijouhimeyama

番組でも名古屋城は軍事要塞的性格を持たせすぎて、大天守が重くて沈んだ、と

紹介していました。

でも…

201206nagoyajou_tenshu_ishigaki

201206nagoyajou_tenshu_ishigaki2

お城の初心者が天守の北側までまわるとは思えないけれど、

かなり基本的なことが書かれていました。

つまり。

かの世界遺産・姫路城を知っていれば、規模は大きくても現状が大きく違う事、

名古屋城なりの違った魅力を現地の人は発信できるはずなのだと思います。

いいんだよ、正面から撮らない城なんだよ。大天守の手前に小天守の「防衛線」があんだよ、と。

 

それってテレビは書物など、うわべからはわからないのですが、いろんな観光地を見ていくと、

よい意味でも悪い意味でも分相応が理解できてない街はけっこうあるんですね。

函館はその点、どうなのでしょうか。

名古屋でも?名古屋だから?

それ大阪城では思いませんでしたけど…。

 

実際行ってみて細部から

そういう違和感は受け止める感性はだいじだな、と。

クチコミ書いていると、めちゃくちゃライトな内容にも

出くわすので、観光客をナメきってても、大した被害は起こらないんですけどね。

 

函館山。

1.啄木小公園から臥牛のシルエット
2.大間航路のフェリーから裏側の断崖
3.実際登って千畳敷から御殿山越し駒ケ岳
4.北東側からの裏夜景アングル
5.空港から離陸して眼下に見える姿

真性・函館市民ならある程度共感しないとな。

半分以上知らなければ、語れないでしょうな。

とりあえず名古屋市は観光都市じゃないと思うんで。

許しておくか。

「持たざる」悲しみが「観光都市」という発想に結びつくのも

事実なんで。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【集めるタビ・つながるタビ】路面電車(6)高知市&岡山市…在庫が少量 | トップページ | 【新型コロナ】無念の感染再拡大スタート!かも… »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【集めるタビ・つながるタビ】路面電車(6)高知市&岡山市…在庫が少量 | トップページ | 【新型コロナ】無念の感染再拡大スタート!かも… »