無料ブログはココログ

« 【集める旅・つながる旅・路面電車の走る街】二周めへ…プロローグ@函館編 | トップページ | 【路面電車の走る街にて】(2)つい観光をスルーしてしまった…熊本市編 »

2021年2月23日 (火)

【路面電車の走る街にて】(1)低床車に遭遇する確率…鹿児島編

たまたま路面電車の走る街に行ったら、

一度は電車も撮っておく。

これを何度か繰り返しているうちにだんだんコンプリできそうな気がしてきたので、

その後はわざわざそういう街に立ち寄るようになりました。

すると、それぞれの街の路面電車の個性的な部分と共通の魅力が少しずつ見えてくる。

そして、徐々にただ撮るんじゃなくて、○○に行ったら、この車両は撮っておこうと思えるようになってきました。

 

ま、このブログはド素人が少しは上達していく「過程」について

体験に基づいて考察しているわけで、

「完成形」をお見せしようという気はさらさらありません。

 

函館でも市電にありがちな背景っつーのがあるわけだけど、

もしも偶然その場に居合わせたら、チャンスは逃さずにおきましょう。

その程度。

200601hst807_atsoma1_20210222171601

せっかく待ってもこうして安易にシャッターチャンスをつぶされることも

多いのであえて次は待たない。また今度。次に39や530が来れば別だけど。来ないから。

 

なにせ旅なんて基本、時間が限られたものだから。

逆にイッパツでそれを引くことができたなら、その幸せをかみしめることが

できるんです。

そうっすね。もしそれが確率30%ぐらいなら、ナリユキで4回ぐらいはトライしておく

ぐらいの感じです。

 

令和二年初回タビ。九州をぐるっと一周。JR九州の失態のおかげで

さらに南北をバスで一往復。

おかげで鹿児島を2回訪れることになりました。

JR九州の失態はナント旅の2日めで、その時点でリカバリーは確定していなかった

気がします。

鹿児島中央駅前で、これを撮って

200109kagoshima19nin

200109kagoshimashiden

これも撮って、こんなもんでしょうと思ってた。所要時間15分程度。

すると、リベンジ編では

ひとつ手前の鹿児島駅で降りて

200117kagoshimastreetcar

200117kagoshimaststreetcar

これを撮ってから、実際に天文館まで乗って

高速バスで福岡まで戻ったわけですな。

で。

振り返ってみて、バリアフリーのこのご時世、

路面電車に「超低床車」が各地で導入されていることに気づく。

路面電車の走る街>トラムの走る街

鹿児島では(リトルダンサータイプが)3種類。

1000形、7000形、7500形。

編成の数を調べると遭遇確率は26%。

200117kagoshimaststreetcar

このうち、1000形をスルっと引けてまあ確率どおり。

低床車3種のなかで最初に導入されたのが1000形なので、

7500形、7000形を押さえられれば上出来だったのでした。

 

鹿児島は過去3回行って、わずか1泊。かんたんな観光1回と

あとは通過だったので、そのうちちゃんと行きたいもんです。

九州は近畿なんかよりハードルが高いので、ま、年内は無理だろうけど。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【集める旅・つながる旅・路面電車の走る街】二周めへ…プロローグ@函館編 | トップページ | 【路面電車の走る街にて】(2)つい観光をスルーしてしまった…熊本市編 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【集める旅・つながる旅・路面電車の走る街】二周めへ…プロローグ@函館編 | トップページ | 【路面電車の走る街にて】(2)つい観光をスルーしてしまった…熊本市編 »