無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【11日連続という、そういう現実】90%が感染経路不明@函館…は何かのマチガイ? | トップページ | 【いよいよ本格化】1/14発表は過去最高16名@函館市 »

2021年1月14日 (木)

【集める旅・つながる旅】アラウンド琵琶湖ネットワークの優先順位は?近江八幡編

令和二年ラス旅。

振り返ってみると、予想外に「滋賀」の要素が多かった気がするんですね。

予想外に多かった割には「まだまだ行ってみたい」という場所が少なくない。

せいぜい丸一日という配分ではムリで諦めた場所もけっこうあって。

たぶん…丸三日あっても回り切れないんだと思います。

でもお隣の京都はもっと行きたい場所があるんで、「滋賀に三日」はかなり

難しい相談。そこが滋賀県のウイークポイントだわ。

201207miidera_pillar

201207hikonejou_tenbinyagura1

ここまで、三井寺(大津市)と彦根を紹介してみたわけですが、

実は最優先、いちばん行きたかったのはこのふたつじゃあないんだな。

近々それは出てくるでしょう。

で、泣く泣く?あきらめたのが安土城。行政区分的には「近江八幡市」なのだけど。

発掘された大手道の石段を延々上るだけで「有料」というのがまずは気に食わない。

石段を上る料金をその土地を所有している、とある寺院に納めねばならんのだと。

で、あっさり焼失してしまった「信長の安土城」の復原模型がまた複数箇所にあって

その模型を見るためにお金が要る。30分で500円的なお手軽レベルじゃあないからね。

201207oumihachiman_st

というわけで、今回は近江商人の故郷。近江八幡のお堀のあたりを中心に3時間ほど

散策してみました。

201207oumibori1

201207meijibashi

201207oumibori0

201207oumibori_ishidatami

201207himure_hachiman3

うーん、こんなもんか。というのが正直なところです。

「重伝建」つまり重要伝統的建造物保存地区に指定された街並みなのだが、

残念なバランスになっておるわけだ。

201207shinmachi_dori

201207nagaharachou_dori

201207nishikawake_juutaku

豪商、西川家は印象に残りましたけど。

201207nishikawa_shouroku_tei

201207nishikawa_jingorou_seika

こんな感じの商家の御屋敷。

どの時代がメインなのかわからずじまい。

201207hachiman_shiritsu_shiryoukan2

「資料館」も月曜休館日だったし。

有料の「資料館」にあんまり魅かれないけどさ。

キーパーソンが米国人建築家のこの人。

201207vories_mp_park

ウィリアム・メレル・ヴォーリーズ(右)。

この街の恩人?

でも名前の綴りを確認するのにけっこう苦労しました(笑)。

そのヴォーリーズゆかりの建築群が…

201207hachiman_postoffice

201207hyde_memorial

201207vories_memorial

201207andrew_memorial

ま、日本全国に教会を建てているんですけどね。

どう?映えますか?

 

残念ながら函館の和洋折衷の擬洋館群を立てた

名もなき大工たちのほうが、よほどフォトジェニックだと思いました。

古き商家群と洋風建築のミスマッチの謎が最後まで解けず。

201207hachimanyama_ropeway

山頂にある城跡に上るロープウェイは往復で円。

そして地図が読み込めず、街ゆかりの

豊臣秀長(謀反の疑いをかけられて切腹させられた秀吉の弟)の銅像のある場所までも

到達できず、でした。

201207himure_hachiman1

201207himure_hachiman2

でも立派な日牟禮八幡にはけっこう人が来てて、ちょっと意外。

厳しく言えば、時代の重ね方なんじゃないでしょうか。

 

思いのほか、古い町並みが残ってしまったので、それを保存して売りにしよう、的な

発想のような気もして。

行ってソンとまではいいませんが、予想したよりピントが絞れず散策しにくい

近江八幡の街並みでした。

ここ、レンタサイクルなしで徒歩は無理だよね。

駅からメイン地区まで徒歩20分…巡回バスも走ってないからさ。

無理矢理オチをつければ、自転車返そうと駅まで戻ったら

レンタサイクルの係のおっさんが「昼休み中」。

昼休み中だけど、「返却の節はひと声おかけください」

ぐらい書いとけよ、でした。勝手に置いて帰ってきましたけど。

田舎の観光地がぜんぶこうじゃないんだけど、滋賀県がマイナーな

理由がそんなところにも…でした。

でもって「歴史」(戦国or幕末)にぴたりハマらないのが、悲しいかな。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【11日連続という、そういう現実】90%が感染経路不明@函館…は何かのマチガイ? | トップページ | 【いよいよ本格化】1/14発表は過去最高16名@函館市 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【11日連続という、そういう現実】90%が感染経路不明@函館…は何かのマチガイ? | トップページ | 【いよいよ本格化】1/14発表は過去最高16名@函館市 »