無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【全国観光名所ランキング】一度のぼってみたい?高層階からの展望編 | トップページ | 【全国観光名所ランキング】万人を癒す季節の色…庭園編 »

2020年11月 5日 (木)

函館はご当地グルメが失敗する街?

今回は直接「ランチ」とは関係ないのだけど、

食事画像をめくっていたら、この系統がいくつかあったので取り上げてみます。

いやあ、最近B級グルメという単語をあまり耳にしないのだけれど、

どうなんでしょうか?

10月のブリたれカツのイベントのときにそれを思いました。

 201016tototabelone4

市内某所で自分が勝手に

「B級グルメでの成功例って案外思い出しませんよね?」

と言ったらとある飲食関係者に同意していただきましたけど、

ほんとうにそうですかね?

 

B級グルメの発祥のもとになった?B-1グランプリは2006年のスタートで

そもそもこれは「グルメイベント」じゃなくて「街おこし」イベントなのだそうです。

街おこししたい人々が「地元グルメ」をひっさげて参加する的なイベント。

なのでじゅうぶん知名度が上がったり、また限界を感じたりして主催団体(愛Bリーグ)を

脱退するケースもあるそうです。

そんなある程度のホンキを思うと、函館の「ご当地グルメ」は何だか片手間ですね。

函館では特定事業者が「ご当地グルメ」「ソウルフード」を勝手に名乗っちゃう。

ことがよくあると思うんです。

「ご当地グルメ」と「ソウルフード」は別モンですしね。

 

もちろん函館でここんとこ有名なのは

「ラッキーピエロ」と「やきとり弁当」。

160210hasesto_bayarea

160208lp_bayarea

2軒が並んでいるココは観光客にとってのホットスポット!?

有名なのはチャイニーズチキンバーガーじゃなくて「ラッキーピエロ」だし、

ハセガワストアじゃなくて「やきとり弁当」。

この2つは街おこし目的じゃないものね。

だから「ご当地グルメ」よりはやや「ソウルフード」に近い。

もうひとつ考えられるとすれば「塩ラーメン」。

151224seiryuken_shio_20201104143801

でも冷静に見渡すとこの「塩ラーメン」がほんとうに地元で愛されているか

どうかは疑問です。ソウルフードと言うより観光客がナットクしてる系

好きな人は好きだし、別にいいんじゃない? が基本的な函館市民スタンスのようです。

食べ物で地元を盛り上げよう感はないに等しいように思いますけどね。

 

ブログ主も別に「ご当地メニュー」を求めて旅するわけではありませんが、

旅先で「日常メシにこれイイネ」にそこそこの頻度で出会いますよ。

それって特殊な食材、特殊な味つけでもないですしね。

まずは函館のお店はそっち系のメニューアレンジには無関心のようです。

というわけで、過去に函館市内で仕掛けられた

「新・ご当地グルメ」をいくつか取り上げましょう。

151104hakodate_ikanapo

2014年あたりの登場でしたが、まったく魅力を感じず

食事画像はありません。函館の特産のイカが入っているだけ以上の

イマジネーションがほしいのですが…。

なおこのポスターは旧バージョンなので、ここから何軒かは閉店済み。

170818plx_chauder

はこだてチャウダー(2017年)。価格4ケタなので

勇気を奮ってPで試食しましたが、この程度の具だくさんスープを

メインディッシュに据える軽さに驚きを禁じ得ませんでした。

地産地消以前。これグレードアップ系の600円スープなら

メイン料理に足すかも…程度かなあ。

181005yakipiroshiki_bykingbake

翌年には「焼きピロシキ」が登場。

181005yakipiroshiki_bykingbake2

「カレーパンとは一線を画す」のはわかるのですが、

そもそも「ピロシキ」の定義が定着していないので、

忘れられた存在に…。

 

せっかく仕掛けたのに格別の共感を得られずに

好きな人は好きだし、別にいいんじゃない?

の基本スタンスの前に消えていく(いった)運命のメニューたちなのかもしれません。

 

画像を見て、ああアレね、とも思わないアナタは立派な函館人気質かもしれませんよ(笑)。

 


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【全国観光名所ランキング】一度のぼってみたい?高層階からの展望編 | トップページ | 【全国観光名所ランキング】万人を癒す季節の色…庭園編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【全国観光名所ランキング】一度のぼってみたい?高層階からの展望編 | トップページ | 【全国観光名所ランキング】万人を癒す季節の色…庭園編 »