無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【全国観光名所ランキング】どこまで括れる三大…橋編 | トップページ | 【満足ランチ/失敗ランチ】楽しく食べ進むためには「味のメリハリ」 »

2020年11月 9日 (月)

【満足ランチ/失敗ランチ】胃もたれしない「天丼」熱望!?

今回のテーマは「天丼」です。

天丼…嫌いじゃないなあ。

でも、食べたあとに脂っこいものを食べたなあ、

という感想が残ってしまい、最近は敬遠です。

函館のお店にはけっこう看板メニューをソウルフードと言い換えちゃう

我田引水なお店が目立ちますが、天丼・カツ丼・親子丼(玉子丼)といった

和風系丼メニューはまずはお店に対する信頼感がないとセレクトできません。

このテーマを取り上げるにあたってぱっと思い出すのは

この天丼。

170310yataraya

大きなエビが三尾。これで1000円だったかな。

立派だなあと思う反面、衣を味わう天丼です。

昔、ときどき家で出前をとっていて、

いつでも食べられるシチュエーションですが、函館帰還以来

2回ほど楽しみましたが、魅力感じませんね。

17年春以来ごぶさた。

170915matsukura

同じ町内でも天ざるだとこんなのが出てきますが、

蕎麦とご飯だと胃もたれ感にだいぶ差があります。

すべてはバランス。

そもそも天ぷらは揚げたてが魅力なわけですが、天丼としてタレをかけてしまうと

賞味期限がさらに短くなるように思います。

これは某西部地区で食べたときの画像。

160108tenya_jouten

確かここは上天丼のみで並天丼がなかったんじゃないかな。

天ぷらは「海老で勝負」と言われると

違う、とは言い切りませんが、海老ナシ天丼のバリエーションも必要な気がします。

150519yoshino_anago

穴子天丼

160621monjutekkuidon

てっくい(ヒラメ)天丼

151014chayateishoku_20201108122401

「天丼」じゃないけど、桜海老のかき揚げ。

そういえば昨年食べたこれがとても印象に残っていて

200302akiaomoriflydon1_20201108123201

見事な天丼のフライ版(ふらい丼=800エン)。

天丼にフライ版がある事実を知りました。

 

年齢とともに健康が気になるようになり、縁遠くなってしまうメニュー

なのだとすると、市内天ぷら専門店の売り上げが伸び悩むのも

うなずけるところでしょうか(?)。

かといって健康志向=量が少ない

もまた安直な発想だと思うんですけどね…。

 


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【全国観光名所ランキング】どこまで括れる三大…橋編 | トップページ | 【満足ランチ/失敗ランチ】楽しく食べ進むためには「味のメリハリ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【全国観光名所ランキング】どこまで括れる三大…橋編 | トップページ | 【満足ランチ/失敗ランチ】楽しく食べ進むためには「味のメリハリ」 »