無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【臨時更新】(函館)飲食店Xからのクラスターツリー(11/18発表分マデ)ほか | トップページ | 【全国観光名所ランキング】世界遺産編→奈良 »

2020年11月21日 (土)

【テレ東そこんトコロ11/21オンエア】函館の街へ思いやりあふれた嘘をありがとう!

11/20は函館市から「発表」がなく、すかされたカンジ。

とりあえず形式上は11日連続で途切れました。

 

というわけで、11/21最初?の記事を何にしようか、直前まで決まらず。

午前10時の定期更新は今後も臨機応変というか、ぐだぐだになりそうな気もしています。

まあ無理しない程度に頑張りますけど。

 

さて、昨晩のテレ東(TVh)の番組表に【函館】とわざわざ書いてあったので

録画チェックしておきました。表題の件。

「所さんのそこんトコロ」

コーナーの正味は18分ぐらいだったかな?

「帰省メシ」というのは目のつけどころが悪くないな、と思い。

ただソウルフードに難のある函館で「おふくろの味」はともかく、

それで大丈夫なんだろうか、と思ったわけです。

登場した函館市出身30歳女性の「帰省メシ」はゴロ焼きだったわけですが、

気になったのは番組の作り。

このぐらいのウソ、別にいいじゃんと思ったのか、嘘のうちには入らんと思ったのか。

どうもそこが気になっている。

正直に作ったら、番組がつまらないでしょ? というニオイがぷんぷんでした。

まあこないだの話の通り、各ニーズをどうやって両立させるかというハナシなのだけど、

地元の人が見て「あれ?」と思っても、シカトするか、

「あれ?」と思うコトに気づかないか、

その差は案外大きいです。

ま、誰しも自分の街じゃないと気づきませんけどね。

さて、千葉県内勤務の帰省女性とU字工事両名が函館空港に着いたところから18分のコーナーは始まります。

201121tokoro1

千葉県に勤務しているその女性は空港に着いて市内に向かいます。

201121tokoro2

序盤。道中この絵を見てブログ主「どこよ?」と思います。

「空港について市内に向かう」イコール「自宅に向かう」と思うでしょ。

実はココ、松倉川にかかる松聖橋で、南茅部線です。だから右手奥がラッキーピエロ、戸倉店。

空港からバスに乗ってここ通ったっけ?

訂正:96系統なら通りますね、遠回りだけど。テレ東は撮影許可を函バスに取ったので

帝産バスには乗れないのであった。

201121tokoro2z

このあと、こういう絵がつづきます。

201121tokoro3

大森浜でしょ。啄木小公園すぎたとこ。278号線。

201121tokoro4

わざわざドローン飛ばすかぁ。でも自分もここは好きな絵ですけどね。

その部分は共感。函館の魅力を聞かれて

201121tokoro5

はい、ゴロ焼きへの伏線です。

このエピソードトークから

201121tokoro6

川村鮮魚の移動販売まで追加取材している。

160803kawamuraf1_20201121122001

そしてバスは駅に着き

201121tokoro7

201121tokoro8

お約束通り、函館朝市を満喫。イカ釣りタスクも

じょうずにこなるベテラン両名。

そのあと、市電で五稜郭へ。

「函館駅と郊外を結ぶ路面電車」ちゅうナレーションが少々気になる。

五稜郭で電車を降りて

201121tokoro9

シエスタの角から北洋銀行へと本町交差点の横断歩道を渡ったのに

次の絵が

201121tokoro10

右手にハセスト。編集ミスったねぇ。

つながってないもん。

201121tokoro11

やきとり弁当、豚肉じゃん!というお約束をかまして

ようやく女性の実家へ。

津軽海峡フェリー(のりば)から来る16系統のバスを降りたので、

五稜郭のバス停の場所をイメージできますな。

つまり、朝市取材のための駅立ち寄り、

ハセスト取材のための五稜郭立ち寄り。

しっかり「旅番組」に仕上げていただきました。

この女性の仕事も観光関連なので、とってもわかりますけど。

つまりだ。

201121tokoro1_

自宅に直行していては番組ができないのである。

そのために大回り。直行ならバスでも実家まで30分ちょっとでは?

五稜郭でのバス乗車の際、またしてもナレーションが

「五稜郭駅からバスに…」

本州の人たちにとっては電停=駅らしい。

 

それでもイカの街はこだて、と取り上げられる点には

カンシャしかないのだけど、帰省メシには

「ゴロ焼き」は含まれず。

昨今のイカ不漁を思えば当然なんだけど、

都会暮らしの函館出身者が語る「郷土の魅力」は

繰り返し磨かないと色あせるよなあ、と思った次第。

わずかの間に変わる函館。

10年前の自分ならこういう感想思わなかったろうね。

 

「ないよりマシ」に慣れるのもあまりよろしくないでしょう。

ダマってもこうして選ばれる函館、制作クルーが日帰りできる函館。

そこは間違いがないのだけど?

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【臨時更新】(函館)飲食店Xからのクラスターツリー(11/18発表分マデ)ほか | トップページ | 【全国観光名所ランキング】世界遺産編→奈良 »

旅番組ツッコミどころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【臨時更新】(函館)飲食店Xからのクラスターツリー(11/18発表分マデ)ほか | トップページ | 【全国観光名所ランキング】世界遺産編→奈良 »