無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【観光魅力度】過大評価vs過小評価…そして上昇or下降 | トップページ | 【旅コレクション】JR九州・九州新幹線 »

2020年10月19日 (月)

【妥協ランチは最低限に】リピートゾーンに突入した汁気な麺料理@本通

人間、好きなものを食べ続けるのもひとつの幸せだと思うけれど、

毎回同じメニューを集中して食べると反動が出て、

飽きが来る、というものです。

(生活習慣病も怖いよ)

かつて「マイブーム」として取り上げたメニューも

振り返るとけっこう小休止していたりするのね。

特に外食、しかもランチともなると

そのエリアに行った後で空腹でしかたない、

すぐ食べたい的な無計画行動に陥らない限りは

うまく散らして自分で飽きないように工夫する日常。

まあデスクワーカーで不幸な勤務先のロケーションのために

思い通りにいかない…というケースもあるかもしれないけど

ランチって人生の貴重な一食ですよ(笑)。

200131megamient

さて、このお店のこのメニューもようやく2回めとなりました。

7か月ぶり。

けっこう空いたような気がするけど、月イチ、ふた月イチほどは

ハマってないです。

201006megami_yakigyuu

やっぱり効いているのは、にんにくチップだと思うのね。

なんだかんだで汁気があるもの、仮にひと皿でも味のメリハリがあるもの、

絶対そっちへなびいている。そう来なくちゃ料理じゃないとまで

思うようになってる。

いわゆる箸休め的存在を軽視する組み合わせはあかん。

特に函館市内のご飯屋さんであまり奇抜なものを望んでも無理だし(笑)

というわけで最近ワンペースな料理はかなり敬遠気味。

例えば?

ナポリタンとか。

カレーの類は「かきこめる系」なので飽きる前に完食するけどね。

でもそんなに食べない。

ところでこのお店でこのメニューを推すのはかなりマイナーなのじゃないでしょうか?

もしかしたら「常にマイナー系で攻める」意識もありかもしんない。

そのお店の自信作、メジャーなメニューをちゃんと理解した上で

そこを外しても楽しめる店が奥深だと思うんです。

お店の人に「あなた、そのメニュー好きね」

そう言われる。

お店からすれば、そういう客がいたほうがありがたいのでは?

なんて勝手に思ってる。

このベクトルで何本か続けられたらお慰み。

※青ステッカー限定企画にすると除外になっちまう「めがみ」からお届けしました。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【観光魅力度】過大評価vs過小評価…そして上昇or下降 | トップページ | 【旅コレクション】JR九州・九州新幹線 »

ドコイク?函館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【観光魅力度】過大評価vs過小評価…そして上昇or下降 | トップページ | 【旅コレクション】JR九州・九州新幹線 »