無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【無届営業】は?「ここまでルーズなのは函館だけ、でしょうか?」 | トップページ | 【もはや回りはしない】真夏の「のようなもの」対決はG社圧勝! »

2020年9月 6日 (日)

【紋別合宿・まとめ編】自然が相手。成果読めず。今年はしゃあない!?

初年度(2018年8月)はどん曇りで写真がイマイチ。

2年め(2019年8月)はうす曇りが半日あったものの全日程の半分が小雨まじりで

鳥見は1日半。

そして3年め。紋別遠征のお話。

実質3日半あったチャンスのうち、どの日も朝はうす曇り、昼間はピーカン。

なのに前2年の撮影ポイントに待っている鳥がさっぱりいない。という…。

ちょっと干潟の感じが変わっちゃったかな?

人生そういうこともありますわ。

受け止めましょう。

紋別まで行って日焼けして帰ってくるとは思いませんでした。

当然、回を重ねるごとに

こんなのがいた!珍しい!という感動は小さくなるし、

もっとうまく撮れないもんか? という欲も出てきます。

内面的な葛藤もありますわ。

200823komuke_ent_20200906034601

真ッ昼間。帰りがけに撮ったのがいちばん青いです。

200821komuke_ent

初日早朝(7時半)とは雲泥。気温も感じられる写真???

200823aobatos

今回はアオバトがやたら飛んでいました。彼らは「音」で反応するので

ほぼ100%こちらが先に見つかってます。

200822tounen4

手堅いのは波打ち際を走り回るちっさなトウネンたち。

30分かけても、彼らを見つけられなくなると撤収モードになっちゃいます。

200825miyubishigi1

ミユビシギ(右)。トウネン(左)と並んでようやく大きさの違いがわかります。

ことし生まれの幼鳥は羽に褐色部分が少しも見られないので識別できます。

200823kiriai

3年連続でキリアイに出会いましたが、正面で撮れず逃げられました。

200822medaichidori1

メダイチドリ幼鳥。トウネンの群れに1羽だけ混じっていること三度。

200823chuushakushigiab

浜辺の草陰で休んでいたチュウシャクシギ2羽。

この場所でのチュウシャクは初めてでした。

200821tsumenagasekirei

なぜかツメナガセキレイが浜辺に登場。セキレイですが

なかなか距離感が難しい鳥。紋別では今回お初。

浜辺、干潟の鳥はたったこれだけ、という惨状。

もうすこし中型、大型のシギが見られたらよかった。

初日なんか

200821uguisuy3

イラッときて、ウグイスの子どもを撮ったり(苦笑)。

200823benimashikoy2

ベニマシコの子どもも繁殖地特有ですが、色がついていなくて

ボサボサなので見栄えは悪し。

200823nogomay1

ノゴマの子どもが毛虫とってました。

すっかり幼鳥、巣立ちびなシリーズ?

これはこれで道南では撮れないんですけどねえ。

200823koyoshikiri1

コヨシキリの子ども。尾の形でようやくわかりました。

するとナント8月下旬と言うのに

200823nogoma_ad4

子育てノゴマがいました。もしかして2周め???

巣が近くにあり、ずっとこのポーズで警戒。

しかし、さあ撮るか、と思って撮れたのが3日半でこんだけですから、

期待した撮れ高のほぼ4割弱ですかね。

函館市内ご近所で出会わない鳥さんばかりですが、

ことしは渡りが早いのか遅いのか、晴天のせいなのか

さっぱり手ごたえがつかめない【紋別合宿2020】でした。

ウェブみてると8月半ばの猛暑の本州でもけっこう北から

戻ってきてるようなんですけどね。

シギチは道内滞在日数減かもしれませんな。

 


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【無届営業】は?「ここまでルーズなのは函館だけ、でしょうか?」 | トップページ | 【もはや回りはしない】真夏の「のようなもの」対決はG社圧勝! »

旅で思う」カテゴリの記事

ただの鳥撮り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【無届営業】は?「ここまでルーズなのは函館だけ、でしょうか?」 | トップページ | 【もはや回りはしない】真夏の「のようなもの」対決はG社圧勝! »