無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【函館市・消費刺激施策】プレミアム全員当選…ちえ競争率は1倍だったのか! | トップページ | 【失敗しない飲食店の極意】「二度めはない」店について考えましょう »

2020年7月14日 (火)

【終着駅めぐりの旅】北海道編(1)…やはり「さいはて旅情」が強力!

まさににわか乗り鉄というカンジが満載なこのシリーズ。

にわかを自覚するのは道南在住者にとって地元たる「江差線」がなくなるときには

特に何も感じなかったから。江差線には実際に乗った記憶が明瞭でなく

(たぶん往復1回は確実に乗っている程度)

廃線マニアでもないので、遠く記憶をさかのぼるほどのこだわりが

ないんです。そこは申し訳ない。

 

さて、北は稚内から南は枕崎まで。

190626wakkanaimakurazaki99_20200707092001

2018年。

ただただ終着駅に行ってみたらどーなる?というだけで始まったこのタビ企画。

はしっこ灯台めぐりよりは「見えて」いるので、そっちに走ったということもありますね。

まさに「位置エネルギーコレクター」の面目躍如であり、

それ以上それ以下でもないという珍道中。

つまりJRに乗って「そこ」に行くだけ。

行って画像記録してその感想は?というシンプルなものです。

「終着駅」というテーマにたどり着く手前で、すでに「駅舎コレクション」というのも

あったので、結局は「駅舎コレクション」の終着駅版というのが基本。

あとはせっかくの終着駅なので「車両止め」も撮りましょう。ということぐらいかな。

北海道編初回は王道な

稚内・根室と増毛・新十津川。

 

それでは北海道編(1)。

1.稚内

(宗谷本線)

190624wakkanaist_20200708101101

2018年と2019年、連続で訪れました。

この絵は駅をリニューアルしたときに古い車両止めを残したようです。

線路はこの先、港へと続いていたようでした。

180612wakkanai_w80

終着駅の特徴は「となりの駅」が片側にしかないというコトです。

190625wakkanaist3

現役の車両止めはこうなっています。

稚内は旭川から特急でもかなりの遠さなので、行くのが大変です。

宗谷エリアに大手コンビニがないのは、お弁当を配送できないから、だそうで、

稚内でも銀行が閉まった午後3時以降はATMに苦労します。

2.根室

(根室本線)

160801nemuro_hashikko

初根室は2016年夏でした。このとき目指してたのは納沙布岬。

まだ灯台にご執心だった時期ですね。このとき納沙布岬は霧また霧でした。

その後2018年1月にも行きました、根室。

釧路からさらに東。稚内ほどじゃないけど遠い。

180124nemuro_st

で、2016年にもやっとしていたのが、有人駅として根室が最東端の案内板。

無人駅も含めると最東端は「東根室」だったのでした。

180124higashinemuro1_20200708102001

本数が少なかったので、東根室から根室までテクテク歩きましたねー。

そういう思い出です。

3.増毛

(廃止・留萌本線)

終着駅めぐりのモチベーションになった駅のひとつです。

行ったのは2015年11月。季節的にもこれから迎える冬の予感が漂う

増毛の街、でした。

151113mashike_st_20200708102501

151113forfukagawa

キハ54。このときの思い出はホームで列車を待っていたのが数人。

「ここまで乗ってきて、すぐ折り返して帰っていくのは

鉄道ファンとは呼べんじゃろ!」でした。

少なくとも列車1本ぶんは街を散策しなくちゃ。

鉄道ファンと旅人は相容れないのかもと思いました。

151113endofrumoiline2

地面に降りられる終着駅はほかにもあるのですが、リアル車両止めの向こう側に

まわりこめた記憶はここだけ、でしたね。

151113rumoisen

151113mashikett

最後はこの本数でした。

現在の留萌本線終着の留萌駅。

151113rumoi_st

これはブログで初使用だったかあ。

4.新十津川

(廃止・札沼線、またの名を学園都市線)

増毛訪問から2年半の月日が流れた2018年6月のことでした。

廃止の時点でこの時刻表の新十津川駅。

180626ts_shintotsugawa

午前10時発が最終という異常な時刻表。

この時点で廃止は最終決定ではありませんでしたが、

「手遅れ」感に満ち満ちていて意外でした。

その理由は…

180626shintotsugawa00

180626shintotsugawa_st_20200708103901

180626shintotsugawa_stop

車両止めが遠い、のも嫌いデス。

180626for_shintotsugawa_attsukigata

1日1回の列車到着は駅のイベントになっていて、このときは

たくさんの沿線住民がカタチだけ降りてすぐ折り返していきました。

たしかこの日は沿線の月形町長さんと「札沼線で新十津川まで行ってみよう」

イベントがあったようです。

そういうわけで1日1本だから乗り遅れるわけにはいかない!

という理由ではなく、純粋に「乗る」だけの目的で

けっこう乗客がいました。

つまり新十津川そのものには用はない。という。

ちょっとこの賑わいは増毛のときよりもひどかった。

廃線需要ほどカナシイものはないと知りました。

 

で、大きく興ざめしたのは徒歩数分の役場前から

滝川行きバスがけっこうな本数出ていること。

少なくとも新十津川の方々は札幌へ行くのにJRに乗らない。

街へ出たいときはバスでまず滝川へ。

すでにカタチだけのJRになっていたのでした。

これではもたないよなあ。

時すでに遅し、パターンでした。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【函館市・消費刺激施策】プレミアム全員当選…ちえ競争率は1倍だったのか! | トップページ | 【失敗しない飲食店の極意】「二度めはない」店について考えましょう »

旅で思う」カテゴリの記事

シリーズ乗り鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【函館市・消費刺激施策】プレミアム全員当選…ちえ競争率は1倍だったのか! | トップページ | 【失敗しない飲食店の極意】「二度めはない」店について考えましょう »