無料ブログはココログ

« 【シリーズ・函館飲食短命の理由】第二回=テーマ「コンセプト」 | トップページ | 【シリーズ・函館飲食短命の理由】第三回=テーマ「ロケーション」 »

2020年6月13日 (土)

【令和二年・第四回タビ】しっかりせいや!長良川鉄道

素敵なエピソードがあったり、がっかりなエピソードがあったり。

いろいろごちゃまぜなのが「ザ・旅」なわけです。

お気に入りの「姫路」でひと息ついたあとは、ラス1、2日は

消化試合というか、おまけというか。

まあそれも大事です。

東海道線(新幹線)で、東へ向かいます。

200521tic_himeji_nagoya

名古屋で在来線に乗換えて、東海方面で拠点にしている街、岐阜へ。

200521kiha85_hida

ワイドビューひだ、キハ85形。

 

いま明智光秀の大河ドラマで盛り上がっている岐阜を拠点に、

ラス前のday-11は珍しく私鉄の乗り鉄。

岐阜から高山本線に入ってさらに美濃太田まで進行します。

目的はもと国鉄・越美南線の「長良川鉄道」。

200521nagara503_atminooota

200521nagaragawa_rw_rosenzu

多分に六角精児氏の「呑み鉄本線・日本旅」(NHK-BS)に影響されている

わけですが、3月にせっかく旧・越美北線(九頭竜線)を完乗したので、

南線のほうも行ってみたくなりました。すでにJRではないわけですが。

まあローカル私鉄のひなびた感に期待してみました。

しかしながら、けっこうびっくり。

列車にトイレがない、ということは予備知識を持ってましたが、

乗車する前に

あら?こりゃダメだ!と失格の烙印を押される鉄道だとは!

いちおう乗車してからV字回復しかかりましたが、

乗車する前に「二度めはないな」と思わせる観光はけっこうイタイ。

まず最初に美濃太田駅のこれ(ロッカー使用中止)でがっかりし、

200521minokamo_coinlocker

200521minooota_locker2

発車まであと5分!というタイミングで

長良川鉄道のホームに降りて

200521nagaragawa_rw_madoguchi

200521nagaragawa_rw_bender

コロナの影響で間引き運転となり、姫路始発では

終点の「北濃」までたどりつけないことを全然割り引いても

ヤル気なし感の連打にはちょっと哀しくなりましたね。

200521nagaragawa_rw_1daypass

これが欲しいんだから窓口対応だと思いますけど?

200521ts_atgujouhachiman_tmp1

200521ts_atgujouhachiman_tmp2

こういう運休状態なのに

200521tt_ganaragawa_rw

通常ダイヤがノーガードで置きっぱ。

改装した車内がこれ、だけに余計。

200520nagara502a

まさに水戸岡鋭治チックなデザインでした。

(これでトイレがない…笑)

200521nagara502b

200521nagara503_side

車両的にはスペシャルな車両(502)を引き当てているのにね。

200521nagara502_atminooota2

ちなみにほかの車両は

304

200521nagara304_atminoshi

200521nagara304_atminooota

305

200521nagara305_atminoshi

306

200521nagara306_atminoshi

502がいいでしょ? ダサイラッピングより。

 

車窓は美濃太田から数えて13番め湯の洞温泉口あたりから

右に左に長良川の清流なのですが、今回のタビのday-2で

四万十川でこれをやってしまったので、気持ちは全然乗ってこず。

とりあえず橋が赤いパターンだけ厳選して2カット。

200521nagaragawa_st17_18_2

200521nagaragawa_st22_23

清流長良川っぽいんじゃないかな?

 

一部区間は通勤客が利用しているようですが、沿線の観光パワーも含めて

長良川鉄道、かなりのピーンチ!!!

が実感でした。

200521mino_oota_station

200521nw01_minoota

200521nw02_05

200521nw05_08

200521nw09_12

200521nw13_16

200521nw17_20

200521nw21_24

200521nw26_gujouhachiman

200521gujou_hachiman_station

長良川鉄道編のPART2は途中下車駅の郡上八幡、美濃市について書きます。

まあ、それはそれで行ってよかったけどね。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【シリーズ・函館飲食短命の理由】第二回=テーマ「コンセプト」 | トップページ | 【シリーズ・函館飲食短命の理由】第三回=テーマ「ロケーション」 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【シリーズ・函館飲食短命の理由】第二回=テーマ「コンセプト」 | トップページ | 【シリーズ・函館飲食短命の理由】第三回=テーマ「ロケーション」 »