無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【新型コロナ渦中で静かに消滅】キラリス函館から久々の撤退でした。 | トップページ | 【久々のイオン湯川ネタ】開店一周年…いよいよ見苦しく »

2020年6月22日 (月)

【令和二年・第四回タビ】脱力系の予土線三兄弟とアンパンマン列車@JR四国

なんだかやっぱり最後に鉄道系が残ったような。

車窓系も鉄道系の一部だから。

例によって終盤は列車・車両系のハナシが出てきます。

とにかくデザイン的には

1.JR九州

もう水戸岡デザインは見飽きたけど、どうしても新しいデザインを見ると

「いいな」と思います。

続くのが

2.JR四国

色遣いが他社にない気がします。

3.JR西日本

お!というカラーリングや形式はそれほどないけど、

残るJR東日本、JR北海道よりはまし。

そして最下位は

6.JR東海

デザインに全然力を入れていなくて、オレンジ・シルバー・ホワイトの

似通った列車・車両ばかりで初心者には全然見て楽しくない。

 

今回【令和二年・第四回タビ】では

徳島スタートで、高知、愛媛と四国を巡り、

広島に渡って、山口、島根、鳥取、兵庫と進行。

新幹線で姫路から名古屋までワープ。

JR東海で締めました。

なのでJRは四国・西日本・東海の順で味わいました。

そこできょうは表題の車両についてレビューすることにします。

まず窪川駅で待っていたのはこの黄色いキハ54-4。

「しまんトロッコ」と書いてあります。

200512kiha54_4_side

この時点で知っていたのは三兄弟のうち、キハ32-3だけ。

あぁ、このダイヤじゃなかったんだ…。ちとがっかり。

徳島を始発の特急で出発すると、予土線に乗換える窪川では

これにしか乗れない。

どうやら休日にトロッコ列車を引っ張っている奴らしい。

で。トイレがついていない。窪川駅のホームはストロークが短く

進行方向の前面が撮れません。しかたないな、江川崎でしばらく

停車するときに撮りましょう。

この黄色いのに乗って、四万十川を眺めながらゆるゆる行く。

そういえば窪川の先に土佐くろしお鉄道と予土線の分岐があるんだよなあ、

と思って先頭の運転台の横へ行くと、向こうからキハ32-4がやってきた。

200512kiha32_4

あ、これもイレギュラーな奴。名称は海洋堂ホビートレイン

しかしまだ三兄弟という呼称を知らず。

江川崎駅で分停車。トイレ休憩。

200512kiha54_4_atekawasaki1

線路を徒歩で超えられるシチュエーションで低い目線を意識します。

おっとこれは逆方向。進行方向はこちら。

200512kiha54_4_atekawasaki2

四万十川とお別れをして、だいぶ進んだ

伊予宮野下あたりでまた待ち合わせ。

お!やってきたもっとも脱力系のキハ32-3。

名称は鉄道ホビートレイン

200512kiha32_3_front

このマヌケ顔が緩くてサイコーと思いませんか?

あ、思わないのか(笑)

正面はゼロ系新幹線をまねているのに、後方は何の工夫もナシ。

200512kiha32_3_back

笑います。

でも何がむかつくって運転台の横のウインドーが汚れていて

キハ32-3が近づくにつれてカメラのピントが合わなくなります。

そうかあ予土線はいろいろ不思議な車両が走ってるんだ!と

思って宇和島駅に着いて見つけたのがこのバナー。

200512yodosen_brothers

なーるほど。三兄弟なわけだ。

長男がしまんトロッコ、次男が海洋堂ホビートレイン、

三男が鉄道ホビートレインちゅうことらしい。

思い返すと窪川駅の時刻表にこう書いてありました。

200512ts_yodosen_kubokawa

なんだ狙って乗れるのね。

13時21分発で宇和島へ乗っていくと、順番に

すれ違うわけだぁ。

今回JR四国で「しつけぇ」と思ったのが

このキャラクター列車。

高知駅で待っていたのは「土佐くろしお鉄道・ごめんなはり線」の

このタイプ。

9640形というようです。

200512tkr9640_atkochi1

200512tkr9640_atkochi2

ごめんなはり線自体各駅にやなせたかし氏のアンパンマンキャラがひとつずつ

割り当てられていることを知っているので、違和感はなかったのだけど、

高知で2時間過ごしてやってきた特急「あしずり」がこれ。

200512_2000kei_ashizuri_anpanman_atkochi

2000系アンパンマン。

そして予土線を乗り終って、すぐ予讃線に乗換えず、小一時間街を見ておこうと

駅を出かかったとこに待っていたのが再びアンパンマン(2100系)。

200512_2100kei_anpanman

さらにさらに翌日は再び予讃線の電化区間(松山~伊予西条)で

200513yosan_8000kei_anpanman

200513yosan_8000kei_anpanman_in

8000系アンパンマン。

アンパンマン列車をコンプリせいと?

まさにアンパンマン列車だらけ。いったい何編成あんの?

それを2日後、小野田駅で知りました。

200515shikoku_anpanman_atonoda

JR四国は家族連れに「アンパンマン列車に乗りに四国へ行こう」作戦なのであった。

鬼太郎だのコナンだのハットリくんだのキャラ列車は各地にあるけど、

これプロモ的に手堅いんだろうねえ。

ま、さすがにアンパンマン列車のどこが違うのか、識別力がつきましたとさ(笑)

でもこうしてブログを書き終わったら忘れちゃうんだよなあ。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【新型コロナ渦中で静かに消滅】キラリス函館から久々の撤退でした。 | トップページ | 【久々のイオン湯川ネタ】開店一周年…いよいよ見苦しく »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【新型コロナ渦中で静かに消滅】キラリス函館から久々の撤退でした。 | トップページ | 【久々のイオン湯川ネタ】開店一周年…いよいよ見苦しく »