無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【2020第八弾!】閉店ハッケン録@函館(令和2年5月版その2)…いやあ止まらない | トップページ | 【初夏6月・観光壊滅の函館】さて、どの部分をどう嘆く~6/1の街歩きより »

2020年6月 5日 (金)

【令和二年・第四回タビ】お城の見える風景…四国編

皆さんの関心がない乗り鉄系をどう料理するか悩んでおりますが、

何はともあれ、結果的に今回の旅は絶景タイプの旅になったんだなあ、と

振り返っております。

絶景の要素も数あるわけですが、できるだけ位置を稼がずに(体力を消費せずに)

地元・函館では見かけない、まずまず、なかなかの風景をゲットするということで

知恵を絞っていくと…キーワードは「車窓」だったりするんですね。

なので今後の絶景系のエピソードは「車窓」多めかなあ。

さてきょうのところはお城のお話。

今回出てくるお城は車窓じゃないのだけど、四国編じゃないところで、

そのうち車窓も出てきますよ。

で、武田斐三郎センセイの出身地・大洲については

2回も紹介したので、四国の他の街のお城の話。

(1)宇和島城

200512uwajima_jou_tobi

現存十二天守のひとつで2015年に訪問してます。

今回は1時間ぐらいしか空きがなかったので下から見上げました。

ザンネン改修中。それにしても宇和島城には鳶が似合うねえ。いつも写り込む。

まあ、そんなとこ。

(2)松山城

ここはお城へ行くロープウェー・リフトが運行休止中。

歩いて上るのはマニアックすぎるので、下からチラ見。

どうも東堀端からのこのアングルがベストらしい。

200514iyotetsu_and_castle

俳句の街、松山なのでこれで一句。

湯のまちへ 緋色の鉄車 白い雲

一句詠んで、この伊予鉄の行先を見たら、「松山市駅」でした。確率2分の1、はずしました。

うーん松山の街、またの機会で掘り下げますか。

情緒のある街でしたよ。ま、路面電車の走る街は好きだから。

城山公園からはここまでしかお城は見えないみたい。

天守正面はやっぱり上まで上る必要がありそう。

200514matsuyama_jou_ninomaru

手前が二ノ丸。

(3)西条城(城址)

ここは…お堀だけ。本丸には西条高校がありました。

200513saijou_joushi

城址だと絶景感が盛り上がりません、ね。

(4)今治城

逆によかったのは今治城。

200514imabari_jou3

ここも時間的余裕がなく、行きはタクシーで帰り徒歩。

この日は来島海峡大橋を優先したのでけっこうタイトでした。

でも結局帰り歩いたら、福山行きの乗りたかったバスに乗り遅れました。ガックシ。

200514toudou_takatora_zou

築城主・藤堂高虎が平服で馬に乗っている、がポイント。

200514imabari_jou1

天守入口。営業、してました。まあ裏口。

200514imabari_jou2

200514imabari_jou4

ここからさらに引くと水城らしい広い濠が写せます。

天守ありの水城としては国内随一の眺めではないでしょうかね。

復原天守ではあるものの、全体の構成が優れているので素敵に見えます。

今回の四国のお城5か所の中で、大洲城と競うベストビューではなかった、かな?今治。

 

時間の関係で高知城と丸亀城は立ち寄りませんでしたが、四国はけっこういいお城がありますよね。

お城編パート2はまた第四回タビ後編で。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【2020第八弾!】閉店ハッケン録@函館(令和2年5月版その2)…いやあ止まらない | トップページ | 【初夏6月・観光壊滅の函館】さて、どの部分をどう嘆く~6/1の街歩きより »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【2020第八弾!】閉店ハッケン録@函館(令和2年5月版その2)…いやあ止まらない | トップページ | 【初夏6月・観光壊滅の函館】さて、どの部分をどう嘆く~6/1の街歩きより »