無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【休業要請の街角を行く】松風町・若松町など編(1) | トップページ | 【休業要請ぶっちぎり!】休業20店ぶんのお客が2店に集中!? »

2020年4月27日 (月)

【令和二年・第三回タビ】古墳攻略の前に「王将」で腹ごしらえ?

さてと。

day-7午後の古市古墳群攻略。

●古市古墳群
・(15)応神天皇陵(誉田御廟山古墳)長さ425m…羽曳野市
・仲姫命陵(仲ツ山古墳)長さ290m…藤井寺市
※仲姫命は応神天皇の皇后
・(19)允恭天皇陵(市ノ山古墳)長さ230m…藤井寺市
・(14)仲哀天皇陵(岡ミサンザイ古墳)長さ242m…藤井寺市

午前中は明日香後半だったので、飛鳥から「阿倍野」ゆきの、

近鉄南大阪線・直通急行に乗ってスムーズに目的の駅・古市に到達します。

day-7の移動ルートは近鉄を駆使してこうなります。

200325kintetsurosenzu3

(A)奈良出発、B=飛鳥、E=古市、F=土師ノ里、G=藤井寺…

古市は急行が停まるんで便利ですわ。

さて、このパートは徒歩なのでだいぶ歩きそう。

よって、古市駅に着くなり、腹ごしらえ。

ランチ。

でも、あんま店がない。

200322osakaoushoufuruichi1

いつも(京都)餃子の王将をホメてるので、今回は手っ取り早いところえ駅前の

大阪王将に入ってみることにしました。

海老チャーハン。

200322osakaoushoufuruichi2

うーん、普通だなあ。

向いのテーブルでは大阪のおっちゃんが昼間っからジョッキで生ビール飲んでおる。

これがザ・大阪かあ。

ザンネンだったのはテイクアウト価格のほうがイートイン価格より安いのね。

おなかを満たしたところで地図を見ながら出発。

まずは古墳の近くにある神社を目指す。

なのに、さっそく寄り道。

200322hirenjaku14f

羽曳野市役所の前でヒレンジャク(キレンジャク)が200羽も騒いでいるでないの。

30分も寄り道してしまいました。

大阪くんだりまで来ていきなり彼らに会うとは!

で誉田八幡宮(こんだ・はちまんぐう)。

200322kondahachimanguu20

で、ここから応神天皇陵へはいったいどう行くんだ?

必死に探して古墳のカドに出ました。

前方後円墳の正面ってどこよ。

200322oujinryousotobori0

200322oujinryousotobori1

200322oujinryousotobori2

200322nanohanaoujinryou

古墳の横手には菜の花がきれいだったので、黄色の写真を撮ろうとしたら、

黄色くは撮れませんでした。見たように表現するのって難しい。

応神天皇陵に出会ってから拝所の位置を見つけるまで古墳半周。徒歩15分。

結局古市駅を降りたのが12時20分。チャーハンを食い終わったのが12時40分。

なんと最初の古墳の拝所到着が14時5分。

駅から徒歩30分程度の予定が最初から壮大な?寄り道回り道。

これじゃあ、予定のスケジュールが消化しきらんわけね。

200322oujintennouryouhabikino

で、応神天皇陵の拝所。どこも同じだなあ、と思いつつ、

応神天皇の皇后であるところの仲姫命(なかつひめのみこと)へ向かいます。

さあ、どう行けばいいかわからん。

途中にあったのが古室山古墳(世界遺産・長さ150m・前方後円墳)。

200322komuroyamakofun20

こんもりとしていて、その上で子どもたちが戯れておる。

古室山古墳の脇のT字路を右へ。

実はこれが大きな失敗。

左に行けばすぐ仲姫命陵の拝所なのでした。

200322furuichikofunmap00_1

 

200322doumyoujihabikino

道明寺を通って、(近鉄)土師ノ里駅に到着。

200322hajinosatost

ここの駅前には鍋塚古墳(世界遺産・長さ70m・方墳)があります。

200322nabetsukakofun

ここも小さな丘になっていて上ってみる古墳。

そこから脇道を仲姫命陵へ向かいます。

またしても古墳のカドに出たものの、拝所とは逆側なので古墳半周。

しかもこの古墳際の道が路地ともつかない私道みたいな細い道。

立ち入り禁止の金網の隙間から内濠を撮ってみると

200322nakatsuhimenomikotoryou2

空堀でした。

拝所へのルートを探し探し行くと…そう30分前に古室山古墳から来たときのT字路へ。

ショック~。で、どこに拝所が?

手前に公衆トイレがあるので間違いでない雰囲気でしたが、

住宅街に埋もれてこんな感じでした。

200322nakatsuhimenomikotoryou3

200322nakatsuhimenomikotoryou

いやあ、2か所行くのにこんだけ大変? …世界遺産。

だいたい大変さが身に染みたので徐々につかめてきます。

3か所めの允恭天皇陵は土師ノ里駅の反対側。とっととここまできた細い道を駅へ戻ります。

どうもね、拝所はことごとくルートの反対側にあるみたいです。

その予想はばっちり。允恭天皇陵の外濠が見えてから徒歩5分。拝所への入り口を発見。

200322ingyoutennouryoufujiidera2

でも、ここも空堀なんだぁ。すんなりと到達できました。

200322ingyoutennouryoufujiidera

次の4か所めの仲哀天皇陵はちょっと離れているので、土師ノ里からひと駅、藤井寺まで

近鉄に乗ります。すると…

200322hajinosatostbanner

(古市古墳群パート2へつづく)

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

« 【休業要請の街角を行く】松風町・若松町など編(1) | トップページ | 【休業要請ぶっちぎり!】休業20店ぶんのお客が2店に集中!? »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【休業要請の街角を行く】松風町・若松町など編(1) | トップページ | 【休業要請ぶっちぎり!】休業20店ぶんのお客が2店に集中!? »