無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【新型コロナに無頓着】リスクフル函館…空気を読めない危険な隣人たち | トップページ | 【失速から墜落へ】シエスタキッチンの失敗から学ぶコト・前編 »

2020年4月12日 (日)

【令和二年・第三回タビ】奥熊野で川沿い露天風呂の温泉旅館

(同ジャンル的な)前回の底辺なけちけちデリ飯を踏まえて、

この記事へ。

 

宿泊+夕食のコストカットは常に念頭にあるわけですが…。

今回のタビでは久々に「温泉旅館」に宿泊しました。

奥熊野・川湯温泉。

旅館はみどりや

200324midoriya

トリップアドバイザーによれば、

田辺市・旅館ホテル50軒中2位だそうですよ。

200330kawayumidoriya

もちろん事前調査の上の予約です。

楽天トラベル経由だったので、直前で価格崩壊してなかったのが

ちょっと意外でしたけど、たまにはこういうところに泊まっておかないと

ホスピタリティの感覚を失うので1年に1回程度はあってもいい。

ただこういう温泉旅館は1泊5000円ちゅうわけにはいきません。

場所を考えて2食つきにしたので、ビジホ3泊ぶんの出費。

これはしかたない。

温泉地としてはBクラスですが「熊野三山」というキーワードを絡めると

このエリアではかなり有力な温泉地。

有名な川沿いの仙人(千人)風呂は2月いっぱいで終了でしたが、旅館には

川沿い露天があるので楽しめました。

200324kawayuonsen

200324kawayuspecialonsen

こちらは旅館組合の宿泊者限定の露天。でも着替えが寒そう。

ホテルの露天風呂は

200324midoriyaroten

ここにあんのね。

200324midoriyaroten1

目線が川の高さでいい眺め。

200324midoriyaroten2

宿泊客も少なくのんびりです。

旅館ホテル評価を仮にA,A-,B+,B,B-,C+,C,C-の8段階で評価するならB+ですかね。

CPは温泉旅館としては悪くないですが、快適性を総合評価すると、ぎりぎりの合格です。

まあ1泊2食でB以下ではそもそもこちらの選択失敗。1泊予算15000円でA評価を望むのは

逆に阿呆ですけど、1泊6000円のビジホでもA-までの評価はあり得ます。

温泉旅館ですから、ここの露天風呂は素敵評価。

そして1泊1食料金との比較から、4000円相当のこのハーフバイキングの夕食

プラス評価です。(飲み物別)

200323midoriyadinner1

固定メニューの内容がわからず、自分でハーフバイキングをとり過ぎたか(爆)。

一画面に入りきらず、二分割。

200323midoriyadinner2

200323midoriyadinner3

川の温泉らしく…アユの塩焼きがつく。

 

着席してからの焼き物&揚げ物が…

200323midoriyadinner4

鍋部門が…

200323midoriyadinner5

デザートが…(バイキング)

200323midoriyadinner6

こういうのが事前に見えていると安心するんですけど、そこは難しいですよね。

和歌山県の地元の柑橘に「じゃばら」というのがあって、単体ではおいしくないんですけど、

この「みどりや」では、湯通ししたマグロにポン酢仕様でかかっていたのと、

このタルトになっておりました。ただ「じゃばら」と言っても県外の人間は

柑橘だって理解せんだろうに。そこんとこの地産地消感はめいっぱい強調すべきだと思うんだわ。

 

じゃあマイナス評価は?というとどうしても居室が団体さん仕様の洋室になってしまうこと。

200323midoriyaroom1

200323midoriyaroom2

リバービューじゃなく山側に面しているのはイイとしても、

なにやら殺風景だわ。

 

いやあベッドが嫌なわけじゃないんですが、部屋の雰囲気がふだん泊まってるビジホに勝てないですわ。

あとは玄関から部屋までの導線がどうしても残念になります。

200324midoriyasetta

こういうのもワンサイズで足に合わないと朝風呂のあとの散歩も、自分の靴に履き替える

必要が出てきます。

つまり温泉旅館はビジホより、細かい配慮がたくさん必要で粗が見えてしまう懸念が

あるんですねえ。

なんも考えんとフロントともしゃべらんとオートマチックないつものビジホのほうが

ストレス貯めないとも言えるんだよなあ。

 

例によって朝食タイムに間に合わない早朝出発(7時)だったので、お弁当を用意してもらいました。

このお弁当プラスさらにおにぎり2ケ。量的には大満足ですが、なぜかおにぎりかぶり。

200324midoriyabentou1

200324midoriyabentou2

正直言うと、もし新宮によいビジホがあれば川湯には泊まってない。

まあ、結果的には楽しい体験でした。川湯温泉。

おすすめ、ではありますよ。

ま、勝浦エリアの大手ホテルの傘下なので企業力かな(笑)。

それにしてもふだん湯の川温泉・永寿湯で鍛えられた函館市民にとって、

内風呂の42.5度は温い。

冷まし過ぎだな。源泉は60度以上あるんだから。

自己分析すれば、風呂が温いせいで、

あまり有名温泉地の温泉そのものには興味がわかない説もあるかも(笑)。

例外は別府、草津、酸ヶ湯。こいつらは湯ヂカラ半端ないっス。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

« 【新型コロナに無頓着】リスクフル函館…空気を読めない危険な隣人たち | トップページ | 【失速から墜落へ】シエスタキッチンの失敗から学ぶコト・前編 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【新型コロナに無頓着】リスクフル函館…空気を読めない危険な隣人たち | トップページ | 【失速から墜落へ】シエスタキッチンの失敗から学ぶコト・前編 »