無料ブログはココログ

« トリップアドバイザー的函館新ホテル評価…プロローグ編 | トップページ | 【基本】飲食店・無許可営業と無届営業の違い »

2020年3月13日 (金)

【予習復習はエンドレス】猛速で変わる?函館飲食、からのメッセージ

たぶんきっちり統計をとっていくと、自分の読みはけっこうハズレているでしょう。

でも競馬なんかと同じで、ハズレた記憶はどこかに行って、

当たった印象ばかりが強いんですな。

そんなもんです。

定点観測店が増えれば増えるほど、

「ほら、やっぱりね」という印象は強くなりますわ。

で、こうしていったん無責任レベルを突破すると、

「リスト」から漏れることはまずないのね。

Maskshop03010309b

200311mask_

3/6の風の強い日にめくれていたのを直してあげましたが、

予定の3/8を過ぎてもこうして放置です。

店主がだらしないから店名を出すのも恥ずかしいのかもしれません。

とあるタレ込みによるとほんとうに

「手づくりマスク」のお店だったのだとか。

いやいや本当に社会貢献のつもりで手作りするなら、

やりようはいくらでもあるでしょう。

きっと低原価で儲けを出そうとして、

客も店主も嫌な思いを増幅させたのでしょうね。

それにしても「売り逃げ」をしたいので

その後のアップデートもせず、バックれる。

もしもそういう意図もないのなら…一級品のおみごと、かな。

追い詰めるなァ…

Satou202001050209b1

Satou202002160308b

そしてその隣の迷言店主はすっかり静かになり、

店主の姿を見かけた回数のほうが、お客を見た回数を上回っている

令和二年の第一四半期。なぜならことしはまだ一度もお客さんらしき人影を

認識してない。そして幟も出したり出さなかったり。最近は出さない傾向。

例によっての週イチチェックですが、自分が旅に出ていた一度を除外しても、

ことしここまで9回あった日曜の営業確認のうち、もう2回も無断休業してます。

一度めはこの日。2/9はマイナス8度の冷え込みでした。

二度めは3/1で鈴木道知事の非常事態宣言直後。重たい雪がかなり積もった朝でした。

やっぱり気分が乗らないのでしょうね。

 

非常事態宣言で言えばこのお店。

反応が確認できたなかで、いちばん期間が短かったのはここでした。

もちろんそれはそれ。

200306marukanumigakimes

どうもね、以下のような系統には世の中の動きに反応したふり、というのを感じます。

本質はそこじゃないぜ、危機感はハズカシイのか?と思ったのは

この店、とこの店。

200309marukatsukashiwagi

これを3/9時点で貼りっぱなし。眺めていたら、店員さんに

挨拶されました。「いつまでこれ貼ってるんですかね?」と言ったら

無言で店内に戻っていきました。言われてる意味がわかってない。

木曜日にも確認しましたが貼りっぱなし。自己正当化。

200306tsurukamemes

こちらは開店まもなくのお店。未周知なので人が集まるとは思えないですが…(3/6撮)

 

お店を閉めることが「新型コロナ感染拡大防止」に寄与すると

信じている体に見えますね。

200311kinoyahorikawa2

ランチ営業のみで週3日休みなのにぃ?

 

これは余裕がある、という見かたと

売り上げ減に応じ、スタッフの人件費を圧縮する側面の両方があります。

飲食店ではありませんが、こういうホテルもあります。

200311kaiyoteiheiseikan

稼働率を考えたら、いたしかたない判断でしょう。

200302daiwaroynetwelcomecmp

こういう全国大手とはまた事情が明らかに違いますからね。

(新型コロナ問題vsホテル・旅館でさらに新ネタ仕入れました。下旬に公開予定)

危機感がないというのは、こうした営業規模縮小を正当化した

こうしたスタンスについても含みます。

200302dens_bar_closed_20200311063801

これは3/2撮です。3/12も同様でしたが、こうなるといつから

数週間?これを見たときから?と思うわけですな。

200306arutemes_

こちらは3/6撮。

共感性が低い割に実際の収支が切羽詰まっているのだとしたら、

その答えは「ええかっこしい」でしょう。

武士は食わねど高楊枝。

なりふりかまわぬ、

こんな2店のほうが支持するしないにかかわらず、

常識的なんじゃないかと。

200306koikehontenhalf

200306jimotoyatakeout

ただ…気持ちはわかるがこれではなあというレベルは

こんなメッセージでしょう。↓

200306kasakuhonchou5

で、その後変化があって、

200311kasakuhonchou5

客がさっぱり来ないってか。新型コロナのせいかぁ?

ここは19年8月オープンなのでペーペークラスですけどね。

関連のもう一店と記事材料の予備軍。

 

(何が理由か、そしていつからいつまでなのかさえわからない)

単なる「臨時休業」表明のお店はもちろん論外です。

これらのメッセージ(ノーメッセージ含む)を発信した人の

性格や事情を想像しての街歩き。たぶんしばらく続くことでしょう。

ネタがあふれでている3月の函館です。

近々、このご時世で「新規開店」を画策しているお店の観察を

特集したいと思います。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

« トリップアドバイザー的函館新ホテル評価…プロローグ編 | トップページ | 【基本】飲食店・無許可営業と無届営業の違い »

はこだてグルメ、ぶった斬り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トリップアドバイザー的函館新ホテル評価…プロローグ編 | トップページ | 【基本】飲食店・無許可営業と無届営業の違い »