無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 飲食店多数掲載誌→月刊が季刊に変わる理由 | トップページ | 【フロントの接客スキル】ホテルのホスピタリティPART2 »

2020年1月16日 (木)

【2019-12ラス乗り鉄】駅前にお城がある街、福山

福山は駅からお城がよく見える、というか、

お城のすぐそばに鉄道を通してしまっています。

190509fukuyama_jou

でも19年5月に「ほらね」と撮ったのはお城はお城でも

福山城天守じゃなくて、月見櫓だったのでした。

現場に行ってみるもんだ。不勉強~。ハズ~。

あとで直しておきます。

しかも、マイラーに掘り返されてなくて、20マイルが

多いのがうれしい街でした。

1泊+夕飯+早朝散歩2時間で300マイルを軽く超えました。

トリップアドバイザーは何を考えているのか、お城関係の重複登録も

あって、実際のマイル数はもう少し延びるかな。

400までは届かないけど。

191218fukuyamajoutenshu

こちらが天守。

福山城を構成している建造物のいくつかは京都の伏見城にあったものを

移築したらしく、江戸時代以前のデザインだったりして意義深いらしい。

空襲でかなりやられたらしいけど、現存している伏見櫓と筋鉄御門は

国指定重要文化財。

191218fukuyamajoufushimiyagura

伏見櫓

191218fukuyamajousujiganegomon

筋鉄御門

で、焼けてしまった天守や月見櫓、鏡櫓、湯殿も市制50年とやらで

お金をかけて早々復元しているあたり、地元愛を感じてしまうので

あります。

191218fukuyamajoutsukimiyagura

月見櫓

191218fukuyamajoukagamiyagura

鏡櫓

191218fukuyamajoyudono

湯殿

鉄道同様、お城好きにもいろいろあるのだけど、

天守=お城という概念から卒業したら、

その先はいかに地元がその城に愛着を持っているか、が

肝心だと思えてきた。

191218fukuyamajoukouen5

イコールどれだけ税金を投下したか、でもないけれど、

市民の「思い」が全体の観光施策に反映すると思いますね。

函館の五稜郭みたいに

「モデルはフランスじゃなくて、オランダにあった説」が出てきても

市民がぽかーんとしているようじゃ、話にならんというわけ。

一応「なるほどねー」ぐらいのレベルには達しないと。

はっきりいって武田の斐ちゃん先生は五稜郭が真剣に防御施設になるとは

思っとらんかったと思いますけどね。

「教授」がそのレベルだったらいかに文明開化前の幕末でもマズイっしょ。

それに五稜郭の解釈が何種類もあっていいと思うのね。

脱線しました。

なんか「城が好きだなんて年寄り趣味」だなんて、いまだに言う奴が

いるような気がするけど、とにかくブログ主は最近、

その城をとりまく街の人々の意識を感じるのが楽しくなってきた。

12月の旅では現存天守の松本城は別格としても

新発田城の三重櫓、鉄道が城址の上を走る街・長岡

石垣だけの米子、それにいま天守がある

姫路、広島福山岡山を加えて8つの城下町に

足を踏み入れたけど、トリップアドバイザーでの

マイルの稼ぎよう(=城の各パーツの観光価値含)に換算して

みると各自治体の観光レベルがとてもわかりやすかった。

だから福山城は、外観復元ほかの頑張りに対して

もうひとつ報われてないように感じました。

まだまだ城下町に対する経験値は低いので今回はこのあたりまで。

ちなみに福山は旧国名では備後なんだって。

広島県だけどJRの支社は岡山支社。

もう少し瀬戸内の街々の横のつながりも

さらに勉強を進めねばなるまいて。


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

« 飲食店多数掲載誌→月刊が季刊に変わる理由 | トップページ | 【フロントの接客スキル】ホテルのホスピタリティPART2 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飲食店多数掲載誌→月刊が季刊に変わる理由 | トップページ | 【フロントの接客スキル】ホテルのホスピタリティPART2 »