無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 令和元年・霜月師走→ラーメン五番勝負 第五戦最終戦 | トップページ | 【函館市立保健所】生活衛生課長のゴーマン対応に組織風土を思い知る »

2019年12月23日 (月)

【わが十二天守コンプリ最初の訪問地】国宝・松本城の余白を満喫

10年ぶりの「再会」です。

まずは効率を考えて松本城東側から攻めます。

黒門で入城券が販売されていて、東側が広場になっています。

191206matsumotojoukuromon

191206matsumotojoueastent

まずは入城。入場料は610円。

下層は戦国時代の鉄砲史など興味深い展示がありました。

191206matsumotojouhinawajuu

天守まで登りましたが、眺めそのものは特にランドマークがないので

いま一歩。条件によっては北アルプスが見えるんですけど、

この日は晴れても見えませんでした。

東→南→西→北の順。

とりあえず入場したら狭い階段を一生懸命最上階まで上がった証に

画像は残すべきかな、と。

191206matsumotojoueast

191206matsumotojousouth

191206matsumotojouwest

遠くに残念にも雲がかかっているのが北アルプス。

晴れていれば大滝山から槍ヶ岳をはさんで常念岳あたりが見えるハズ。

最後に北側。

191206matsumotojounorth

191206kaichigakkoumatsumoto

ことしになって国宝に指定された「旧開智学校」が見えています。

さて、松本城のポイントは東南カドの月見櫓。平和な時代の象徴。

7代藩主・松平直政が作らせたそうです。

松平直政は徳川家康の孫で、家康の次男・結城秀康の三男ですが、

時の将軍・徳川家光は家康の三男・秀忠の次男なので、

いとこにあたります。

その家光が1534年(寛永11年)上洛の帰り道、中山道経由で松本に

立ち寄る予定があって、この櫓を作らせたそうです。

結局、交通事情の関係で家光は松本城に来なかったとか。

直政は松本城主だったのは5年たらずで松江に移封されたのですが、

そのわずかな間にこの特徴的な月見櫓ができたというわけです、

191206matsumotojoutsukimiyagura

191206matsumotojoukatoumado

花頭窓もあり、雅な造り。

191206matsumotojoutsukimiyaguranaibu

ここで月を見たり、舞を舞ったり。

前回この城の特徴である赤い櫓をじっくり楽しまなかったので、

中からも撮影しました。

191206matsumotorekidaihanshu

松本城の城主の系譜もしっかり掲示されています。

これだいじ。

天守の内部を楽しんだ後は、絶賛余白大会。

南西のカドにある天守が濠で強調されているので、絵になります。

フツーはこう撮るかもしれませんが(南、南西、西)

191206matsumotojou1

191206matsumotojou2

191206matsumotojou3

東南カドの月見櫓が見えなくなると、武骨な印象に変わります。

でも、こう撮るとより松本城らしい感じがします。

191206matsumotojouyohaku1

191206matsumotojouyohaku2

191206matsumotojouyohaku3 

月見櫓と埋橋(うずみのはし)の赤が両方見えて、

かつ空が青く、濠に城が写る。これでしょう。

あとはおまけ。

191206matsumotojou4

191206matsumotojouhato

191206matsumotojouhiraishin

避雷針もたいせつですな。

北面は工事のやぐらが組んでありましたが、南側から撮る分には写らないので◎。

まあ国宝というだけあって名城ですな。

満足満足。

そして松本は城下町の和の造りが目立たないところが個性があってよい。

通りが案外洋風。戦災に遭っていない城下町は少ないけれど、

函館よりも少ない人口24万なのに、プライドがあってピリッとした印象がある。

観光都市としての比較対象として深めたい街。

いたるところに井戸が沸いていて、場所場所でアレンジしているようです。

191206idofukashimatsumoto

191206idooshishashukumatsumoto

191206idodaimyouchouootemonmatsumoto

191206idodaimyoukoujimatsumoto

191206idohigashimonmatsumoto

ちなみに姫路城を意識してか、松本には国宝が2つある!を

強調してました。

旧開智学校は2009年の前回訪問で行ってるので今回はスルー。御容赦。


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

« 令和元年・霜月師走→ラーメン五番勝負 第五戦最終戦 | トップページ | 【函館市立保健所】生活衛生課長のゴーマン対応に組織風土を思い知る »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和元年・霜月師走→ラーメン五番勝負 第五戦最終戦 | トップページ | 【函館市立保健所】生活衛生課長のゴーマン対応に組織風土を思い知る »