無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【函館市立保健所】生活衛生課長のゴーマン対応に組織風土を思い知る | トップページ | 【久々!12月下旬・真冬のリアル街歩き】目に映るのは閉店開店閉店開店…前編 »

2019年12月24日 (火)

【2019-11鬼乗り鉄】最後の乗りつくしミッション…辰野支線

鉄道路線を実際に(完全に)乗りつくそうとすると、微妙に行ったり来たりが生じる場合がある。

【2019-11鬼乗り鉄】-day5-最終日はここ(塩尻→小野→信濃川島→辰野)を乗り忘れたくなくて、

13時53分発の長野行特急「しなの」で松本を出発。塩尻で乗り換えて辰野へ。

191223tatsunoshisen2

塩尻駅は中央西線・東線、両方の電車が通過するが、小淵沢・甲府方面(中央東線)は

主にみどり湖を経由して進行するので、この「辰野支線」には入ってこない。

※「みどり湖」「川岸」はday4の飯田線タビで通過済。以下画像。

191205chuoue00shiojiri

191205chuoue01midoriko

191205chuoue02okaya

191205chuout04kawagishi

191205iida01tatsuno_

辰野支線のほうはもともとの中央線のルートで、

191206chuout01ono

191206chuout02shinanokawashima

以下、辰野・川岸・岡谷。

191206okayast

岡谷駅で中央東線に復帰。

最初は塩尻峠を避けてルート設定されていたそうだが、

1983年に塩嶺トンネル経由・みどり湖経由の短路線が開通して、

メインはそちらになったのだそうだ。

全国の鉄道路線にはこういうパターンがあるある。

函館本線にも砂原回りの支線があるでしょう?

どのタイミングで辰野支線を経由するのが時間のロスが少ないか、何度もシミュレーションして、

「最後に通る」という結論になったのだ。

よって塩尻、辰野、岡谷と下車しつつ新宿行の「あずさ」に乗りこむことになる。

191206e353atokaya

しかし、このとき辰野駅で小さな問題が発生。

191206tatsunost2_20191223112501

こういうささいな問題は東日本・しなの鉄道・西日本・東海の境界を通過するたびに

なんだかなーは発生していたんだけど、JRってこういう「他人のことは知らん」的

スタンスが一般的だねー。

それは次回にまとめましょう。

-day2-の新潟県内移動で新発田に立ち寄ったときも、わずかな区間の乗りつくしに

四苦八苦。結局それで新潟泊じゃなく燕三条泊になっている。

191223rosenzuniigata1_

※酒田・鶴岡方面からの羽越線は新発田から「白新線」経由で新潟へ行くので

新発田~新津は経由しない。

191203uetsu00shibata_

191203uetsu0501w_

191203uetsu06_niitsu_

そして弥彦線の残りは

191203yahiko00higashisanjou

191203yahiko01kitasanjou

191203yahiko02tsubamesanjou

まあ一度乗っておけば納得するのだけど、2019年1月時点では

終着駅網羅しかアタマになかったので、いろいろもったいないことをしたようにも

思うのだ。

※19年1月タビでは燕三条から吉田経由で弥彦へ行き終着駅を満喫(どまり)

まあ誰しも、できそうだと思わずに、いきなりJR全部乗るぞ!とは発想しないと思うので、

最初にあーしとけばよかった、は当然あるでしょう。

というわけで【2019-11鬼乗り鉄】では、

未乗→完乗路線が

(day1)1.八高線 2.相模線
(day2)3.磐越東線 
(day3)4.越後線 5.飯山線 A.篠ノ井線(長野→篠ノ井)
(day4)6.大糸線 7.飯田線
(day5)8.太多線 9.中央西線 A.篠ノ井線(塩尻→篠ノ井)
中央線辰野支線も含めて11路線。

未乗区間が羽越線(新発田→新津)、弥彦線(東三条→燕三条)

で無事4泊5日で函館発着の旅を終えたのでした。

ローカル線として特に味があったのは飯山線、大糸線。飯田線は長すぎて飽きる(笑)

しかしこの【2019-11鬼乗り鉄】が直後の【2019-12ラス乗り鉄】の伏線に

なるとは気づいていない、ところがまたそれも旅の醍醐味だったりするんですな。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【函館市立保健所】生活衛生課長のゴーマン対応に組織風土を思い知る | トップページ | 【久々!12月下旬・真冬のリアル街歩き】目に映るのは閉店開店閉店開店…前編 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【函館市立保健所】生活衛生課長のゴーマン対応に組織風土を思い知る | トップページ | 【久々!12月下旬・真冬のリアル街歩き】目に映るのは閉店開店閉店開店…前編 »