無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【保健所・非公開リスト第二弾】期限切れ飲食店更新状況19/11/30編 | トップページ | 【無許可飲食店問題】保健所の「調査」とやらを掘り下げるPART1 »

2019年12月30日 (月)

【2019-12ラス乗り鉄】スタートはなぜか三重県・津の名店再訪から(後編)

やっぱり訪ねてよかった!と思いにさせてくれた津の「いせもん」の

続きの話、です。

津駅前「いせもん」の気概がこれですね。

191209isemonlogo1

191209isemonlogo2

191209isemonlogo3

メニューなのですが1ページに自信作が少しずつ表現されてる

パターン(?)

高級感あふれる居酒屋じゃなくて和食処~!

という感じのお店なのになぜかランチもやっているそうです。

予約しようとお店が始まる時間を事前に電話で聞いたら、

最初、お昼の時間を言われました。

自分としてはランチにはまったく関心がおきないタイプの

本格的なお店なんですが、

前向きな営業の気持ちがそうさせるのでしょうか?

で、前記事で自分がちょっとお上品、と称した刺身の五種盛り。

191209isemon02

マグロの赤身があったので、函館本町の例のお店、

鹿児島産マグロが年中毎日おすすめ!のお店を思い出して聞いてみました。

「ここのマグロはどこ産ですか?」

するとカウンターの中のベテラン板さん、

マグロはですね…どこどこ産というよりも長い付き合いの

仕入れの業者さんに、こうこうこういうマグロをキープしてくれ、と

質優先でまかせてあるので、どこ産とか聞かれてもわかんないっす。

ありゃまあ、すごく正直。

産地じゃなくて質、優先ね。覚えておきましょう。

そういえばこの板さん、

191209isemon07shirahige1

「牛蒡の焼酎って珍しいですね、これも三重県内ですか?」

って聞いたら、

「あれ、そんなのメニューにあったんだ。気にしたことなかった。ちょっと待ってくださいね」

と瓶を出してきた。

「あら、ホントだ。四日市だ。」

受け取りようによっては知識がない、とかプロじゃないとか思うかもしれませんが、

ブログ主には正直でとても好感でした。

確かに3月に相手をしてくれた人とは違うので(笑)

すると再び女将さんが回ってきて

「お食事、いかがでした?」と聞くので

大満足~! と答えたあと、再訪の理由を説明したんですな。

すると「あら、函館ですかあ。いいですね、北海道」と言うので

「飲食店は全然ですよ」というとこう返してきました。

「たしか札幌に行ったときにも思いましたが、確かに(北海道は)料理はおざなり、

かもしれませんが、たくさん観光客が集まる場所のほうが商売がしやすくてうらやましいですよ」

あらまー、女将さんもこれまた正直。

「津の駅前はちょっとしたチェーンの居酒屋さんぐらいしかなくて、なかなか

人が少なくて」

そうなんですか? 3月の来たときもカウンターでとなりにリピーターらしき

お客さんがポツポツ座ってきてましたけど?

そういえば十数分前に、この規模でホール・厨房でどのぐらいの人間が働いているか聞いたら

十数人でしょうかね?と言ってました。

そういう規模だとそんな日々数組の勢いじゃあ、おぼつかないのでしょうかね。

毎日最低十数組はガンガン宴会してもらわないと?

とはいえ、カウンターの向こう側では話につきあってくれる板さんと、

新米板さんがコツコツ他のお客さんのお皿を準備していますけどね。

まあ、残念ながら初日姫路泊というスケジュール上、

(午後5時半入店)自分は午後7時退出というペースなので、

店のピークはまだまだ深い時間なのでしょうが。

そうこうしていると、女将さんがプリンをサービスしてくれました。

191209isemon09

近鉄の特急の時間まですこし間があったので、美味しいプリンをいただいて

ほうじ茶を飲んだあと精算です。

初日から税込8000円オーバーは痛いところですが、

お店のホンネも聞けたし、となりの芝生の青さもまずまず理解できました。

191209isemonysokami

女将から「また来てください」と名刺をいただきましたが、いちおう半分隠しますね。

料理の腕がさほど問われない函館と、観光客の勢いで北海道に圧倒的に劣る三重県・津。

この両者がバランスよく整うのは、お互いないものねだりのようですな。

悔しいけれど。

しかし旅の初日から飛ばしたなあ、もうこういうパターンはなかろうと思ったのですが…。

ナント意外な場所で終盤にひとヤマやってきたんですね。

予算に応じてもてなしてくれるいい店があるところにはある。

しかし、クチコミサイトではまあ、見つけられない。

そういうことで、トリップアドバイザー津市レストラン1,296軒中

相変わらず3位の「いせもん(伊勢門)」本店からお届けしました。

それにしても冷静に考えてこの後、姫路のホテルまで3時間近くの移動は

やっぱりヘン。無理してる。でも素晴らしい夕食だったと思います。

いちおう牡蠣伊勢海老も食べたので(笑)

191209tickinetsu

191209ticjr

おっと姫路までの交通費が4780エン。

191209ticferry

空港からのフェリーも入れると7300円。

無理したことは事実だわ(爆)。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

« 【保健所・非公開リスト第二弾】期限切れ飲食店更新状況19/11/30編 | トップページ | 【無許可飲食店問題】保健所の「調査」とやらを掘り下げるPART1 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【保健所・非公開リスト第二弾】期限切れ飲食店更新状況19/11/30編 | トップページ | 【無許可飲食店問題】保健所の「調査」とやらを掘り下げるPART1 »