無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【函館飲食店の(ミニ)歴史】を学ぶ!PART23「その他」編 | トップページ | 【函館飲食店*生々流転】その6・2019-5 »

2019年12月 5日 (木)

【2019第11回タビ】プロローグ鬼乗り鉄(1)…乗るほどに見えてくる

2019第11回タビは第7回に続いての「鬼乗り鉄」。

とりあえず順調に進行中。

2018ラス旅で3400キロ、2019第7回は2400キロの踏破に終わったので

今回はいったい何キロ乗れているか、計算するのが楽しみ。

この旅でJR東日本は現行の全路線を乗ったことになる。

とはいえ全区間乗りつくしには微妙に足りないが、残った未乗区間は2020-21のお楽しみに

残しておくことにする。

そろそろ段取りに追いまくられる旅も、あと数回というところまで来た。

段取り旅は行程が固まったところでもうすでに半分以上終わっている。

そのぶん長い期間楽しめている、とも言えるけれどその結果

実際に列車に乗っていて消化試合を感じることもあるから不思議。

初めて乗る路線なのに出会いの新鮮さを感じないのは悲しいことだ。

その理由はいくつかある。気づいている。

そのいっぽうで、その場所、その季節、その時間でしか感じない風と空気も

確かにある。事前に予想できない旅の楽しさでもある。

さらには「次」への発想のためにも、やっぱり「旅」は必要というわけである。

それにしても、とにもかくにもこのきっぷ(商品)がなければ

このタビが生まれなかった。

191202otokyupass

結局はJR東日本に「乗せられている」というわけだ。

191202_h5_shh

乗せられている? うーん、そうだったか(笑)。

ここまで続けてきた「終着駅」コレクションというテーマも

実際に足を運んでみると、ローカル線のノスタルジーとは限らなくて、

「終着駅」コンプリを目指している過程で全区間乗りつくしが完成して

しまうあたりがコレクターの面目躍如?という気がしないでもないが、

このフリーきっぷが教えてくれる次のテーマがこれ、なのである。

191118kurikomakougen

191118kurikomakougenst

▲こうして実際に下車するケースはまれです。


新幹線と言えばいかにも「旅情」とは対極にありそうなものだが、

速達の「はやぶさ」や「のぞみ」が見向きもしない、そのなかでも

在来線から切り離されたこれらの駅はけっこうコレクター心をくすぐるのである。

191203joumoukougen

191118mizusawaesashi


ニッポンはなんでこんなことになったのか。

やっちまったな、ニッポン。

ほんとうにこれでよかった?

検証してみたくなったりする。

函館の近くにもありませんか?このタイプ。

さらにこれから新たにできるという噂もありますよ?

まあ、ニンゲンがモノを作る生き物なので

しょうがない、かなあ(笑)

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

« 【函館飲食店の(ミニ)歴史】を学ぶ!PART23「その他」編 | トップページ | 【函館飲食店*生々流転】その6・2019-5 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【函館飲食店の(ミニ)歴史】を学ぶ!PART23「その他」編 | トップページ | 【函館飲食店*生々流転】その6・2019-5 »