無料ブログはココログ

« 【地方紙の限界】北海道新聞・飲食店の無届営業容認(後編) | トップページ | 今月の【ハコラク】が面白い…(2)なんと属性論がデタ! »

2019年9月25日 (水)

9月下旬某日の街歩き…大縄町~海岸町【ゾンビ編】

いやあ函館という街はすごい街である。

もしそうでないというのであれば、自分がスゴイということになり、

それはないと思う。

街歩き×ブログがいかに脳の活性化に寄与するか、

この9月某日は痛感した次第。

ブログネタ3本にはなるな、どうまとめようか…と思い、

数えてみたらチェックした飲食店が20店を軽く超えた。

細かい差こそあれ、どの店も興味深い。

利用客も興味深い。3軒集めたら確実にショボネタ1本ぶん。

まとめがいありあり(笑)。

この日、自分はA地点で画像を確保し、ついでにA2、A3を見てこようと

したらA4、A5、A6、A7、A8ぐらい釣れてしまった。

予定ではA地点へ行くまでにB地点に立ち寄ることが効率が悪かったので、

B→A→私用(万代町)→本町→あわよくばのC地点として

トータル2~3時間を予想していた。

A地点から駅前を通り万代町の私用までに

立て続けに出会った衝撃を本記事では紹介してみたい。

「!」と気づいたのは大縄町交差点。

そういえば、この近所に衝撃の喫茶店があったことを思い出す。

1年を経過してどうなっているだろうか。

御存知のように函館の街、3か月もあれば店が閉まって、新しい店が

すぐできる。1年なんてスパン、よほど時が止まってないと

何があるかわからない。更地になってコンビニになってることも日常茶飯事。

190920ajisaioonawa1

190920ajisaioonawa2

190920ajisaioonawa3

▲コーヒー、ジュース、ミルク各400円

そう思ったのでズンズンズンと3段ズームで寄ってみた。

あらら、ときは止まっていた。

無届ではないですよ。それより平成34年まで営業許可がある。

喫茶店で午後11時まで営業でカラオケがないとは考えられないが

一般住宅なので防音設備はなさそう。

何よりメニューが3種類しかないようだし、

(でもモーニング450円と小さく書いてある?)

入口もいまいちよくわからない。かくなるうえは美鈴に

「ここに豆、卸してますか」と聞くしかなかろう。

やった!期待通り。

で、とっとと万代町の私用に向かおうとすると、

D1のお店が近いことを思い出し、ランチメニューのみチェック。

広い道路を渡ってこれはびっくり。

190920elbakaigan

確かにこの道は過去1年に4回しか通ってないのだが、

確信の終了店が営業してる!!!

180911kaigan97_20190921073101

▲これは18/9/11撮…だって店名がないんだもの…シャッターの錆び具合も第一級

昭和末期でもこの色ガラスはちょっと抵抗があるんじゃないすか?

U-60お断り???

もちろんシャッターが上がって、看板が路上に示されているだけで

ほかにお店の情報、一切なし。市内でこれに似たお店を探すのは

たぶん無理だと思うので化石的な価値はゼッタイある。

で、営業許可は来年(2020年)5月まで。現役だあ。

注:その後すぐ2回ほど意図的に前を通ってみましたが、開店する気配はありませんでした。

すぐ5号線に出て、立て続けにびっくり。

190920kitanmonmandai

一度も開いているのを見たことがない居酒屋が6度めにして、

しかも真昼間に開いている(ただし営業中とは限らず)。

180912kitanmon_kaigan

毎回こうだったのに、その後すぐに

190924kitanmonmandaia

190924kitanmonmandaib

 

そしていつものようにクルマが2台店頭に横付けされていて、

「入店禁止」状態。

これはね…「再開」準備ですよ、たぶん。

問題はここ…2019年8月いっぱいで営業許可は期限切れ。

これが更新されたかどうかです。

保健所がまじめに仕事した前提で11月アタマにならないとはっきりしない。

いっそ訪問したついでに抜き出して調べてもらうか(笑)

それにしても、意外と市民が足を運ばない、大縄~海岸~万代

ラインにかくも不可思議店が絶妙に並ぶとは!!!

(ほかに無許可営業店が徒歩2、3分内に2軒アリ)

営業許可リストが存在する限り、店の営業内容そのものではなくて、

店主に興味が行くのは当然でしょう。

ナーニ、考えているんだか。

特に2軒めは創業50年。

個人一代で50年がいかに偉大なことか

このブログの読者ならわかるでしょう。

ちなみに1軒めは24年。更新4回の強者。

喫茶店2軒はどちらも女性店主らしい。

ブログ村の住民が決して関心を払わない、そんな函館もあるんだな。

無許可営業フォーカスをずらしてこうした視点が成立するのも

トリップアドバイザーのおかげだったり。

この調子で1日の面白街歩きで4セットぐらい成立するから、

函館、やめられない。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

« 【地方紙の限界】北海道新聞・飲食店の無届営業容認(後編) | トップページ | 今月の【ハコラク】が面白い…(2)なんと属性論がデタ! »

函館人気質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【地方紙の限界】北海道新聞・飲食店の無届営業容認(後編) | トップページ | 今月の【ハコラク】が面白い…(2)なんと属性論がデタ! »