無料ブログはココログ

« 【函館2019ナツウミ】地元だからこその半周…啄木が見てる自分の背。 | トップページ | 「ヤル気がない」もお店の個性です。てマジすか? »

2019年8月11日 (日)

【2019第7回タビ・鬼乗り鉄】DAY-4…小海線(続き)+中央本線

DAY-4のラスト。

ほしのまち臼田の(龍岡城)五稜郭を確認して、急いで小海線に戻ります。

目指すは臼田駅

降りたのは龍岡城で、乗るのは臼田

190705usudaannai

190705usudast

190705usudast2

190705usudast3

190705usudast4

190705kiha112atusuda

臼田発15時43分。

ここから、日本国内最高所1,365mを通って、小淵沢へ。

小淵沢から中央本線に乗り換えて、都心へ向かいます。

190705koumi1821

190705koumi2225

信濃川上のあたりで千曲川の上流が拝めます。

この位置からは川はまだ日本海のほうへ流れていくようです。

190705chikumagawa

190705koumi2629

190705koumit1

小海駅の標高は865mですが、

190705nobetamast1

▲野辺山駅は最高所駅の標高1,345.67mとあります。

190705nobeyamast3

最高所野辺山の隣は避暑地で有名な清里。

190705kiyosatost

190705koumi3031

190705kobuchizawast

小淵沢到着17時30分。小海線終了。

いったん17時39分発 塩山行普通列車に乗換え甲府まで。

190705_209keichuolineforenzan

▲長野車両区・211系塩山行普通列車

もうここね、特急を使わないと到着がどんどんずれ込むので、

最低限の追加料金で特急あずさ(千葉行)を使うことにしました。

2,490円。

190705chuoline0205

190705chuoline0609

190705koufust

▲山梨県内の中央線は少なくとも一度は乗ったことが

あるはずだけど、古すぎて記憶ナシ。少なくとも甲府駅で

下車したのは初めて。

本来は小淵沢から新宿までずっと乗れるのですが、

ダイヤを見ると、甲府~八王子で乗っても着時間はほぼ変わらないので

こちらを選択。

実はこの春から自分の好きな常磐線のE657みたいな、

新型特急E353系が中央線を走ってます。

190705_e353keiazusaforchiba

これが…全車指定席

小淵沢での乗換時間で指定席を買えなかったので、甲府で

降りたときに買おうと思ったらもうSOLD OUT。

つまり「座席未指定」の特急券(+乗車券)で、

デッキに立ちっぱなし。

うーぬ。

190705_e353full

▲緑のLEDランプが全席着席済を示す

E657のように指定席の利用状況がLED表示されているのですが、

甲府~八王子間は大月しか停車せず、八王子までは満席で

だーれも降りないという…。大人気だわ。E353系。

甲府18時35分発のあずさ30号は八王子19時33分着。

八王子から19時38分発の特別快速に乗換えて新宿へ。

新宿着20時17分。甲府からずっと特急に乗っていても20時08分着。

八王子~新宿間は10分も違わないんですな。八王子から座れたぶん

だいぶ違います。

新宿からはりんかい線直通でホテルのある大井町へ。

大井町到着。20時38分

なんとか大井町アトレの食品売り場の閉店間際の安売りに

間に合いました。

190705dinnerooimachiatre

▲値引きしてるからってちょっと欲張りすぎだべ!

DAY4…水戸(茨城県)を出発して、北関東・栃木&群馬を

横断して長野へ突入。山梨を通って東京へ戻ってきました。

6都県通過。

この区間の乗車キロ=234.6キロ。

DAY-4のトータル乗車キロ=477.8キロ

ここまで4日間の乗車キロは1744.4キロ。

ようやく4日間かけて鬼乗り鉄っぽい

距離感が出てきました。

翌日、翌々日は乗り鉄は休み。

別の目的をちまちま果たします。

まだまだ続く…。

 


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【函館2019ナツウミ】地元だからこその半周…啄木が見てる自分の背。 | トップページ | 「ヤル気がない」もお店の個性です。てマジすか? »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【函館2019ナツウミ】地元だからこその半周…啄木が見てる自分の背。 | トップページ | 「ヤル気がない」もお店の個性です。てマジすか? »