無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« イナカモノほど鈍感なのは当たり前…で伸びしろは? | トップページ | 【9/1~シエスタB1F限定出店】おっと気合入りまくりだぁ! »

2019年8月31日 (土)

函館に15年はあまりに長すぎる?forアド街ック天国

何が不毛かって函館の観光ガイド(おもには印刷物)。

いや厳密に言うと観光ガイドの「飲食店」部分。

これ、仮にテレビの旅番組でも

新店を紹介したら1年後には消えている、というのが

珍しくないから、番組も責任もって紹介するのは無理。

当然だが宣伝すれば客が来る、と思い込んでいる

広告的バイアスがあるわけで、結果としてつまらん店を

紹介してしまう結果になる。

特にTVhの旅コミ北海道なんかは函館特集のたびに

「まあ、リクルートの広告雑誌がやってる枠だからな」と

逆に彼らのお手並みを拝見する、スタンスになるのだ。

意外な店を出せばいいってもんじゃないけどな。

 

さてこれも厳密には自分の旅スタイルと関連しているとも

言い難いが、TA的ネオ街歩きをするようになって、

よけいに意識している番組が

テレビ東京の「出没!アド街ック天国」である。

いつもいいなあ、と思ってもその街に行く頃には

詳細をすっかり忘れているので実際にトレースしたことはないけれど、

ふとあるとき、最近はけっこう首都圏以外にも出没してるよな、

北海道とかもあったっけ? まさか函館はないだろう、と

番組サイトを検索してみると…。

 

なんと2005年に函館編が放送されていた。

なんと14年も前。時期は7月。一度きり。何度も扱う街があるかと

思えば函館一度きり。

それはいいが2009年O.A.のNHK「美の壺」のように

まったく内容が通用している、ハズはないよな、と実際に過去記事を細かく見てみた。

紹介順位はこう。(説明文はサイトより)※以下はブログ主のコメント

1位:百万ドルの夜景
函館の夜景は香港、ナポリと並ぶ「世界三大夜景」(誰が決めたかは不明)週末の函館山山頂は観光客でいっぱ…

2位:函館港まつり
毎年8月1日から5日まで開催。名物は市民30万人が踊りに踊る「いか踊り」です。「いか踊り」考案者は一…

3位:いか
函館の夏の味覚の主役です。食べるだけでなく釣ってみたい人には道具一式借りられるイカ釣り体験もあります…

D220190424motomachi313_20190813153101

4位:ハリストス正教会
函館の坂を登ると数々の教会に出逢えます。その代表格が「ハリストス正教会」です。毎週土日の決まった時間…

5位:五稜郭
函館戦争の舞台となった地に最後までとどまり闘ったのが土方歳三です。毎年五月の「五稜郭祭」では「土方歳…

190118subuk6winning

6位:北島三郎記念館
北島三郎さんは函館市の西、知内町(しりうちちょう)出身です。函館にゆかりの深いことから函館観光大使に…

190204hst_530_go2

7位:市電
創業大正2年、市民の足として日中は五分間隔で運行している道内最古の路面電車です。唯一女性車掌が乗る函…

8位:赤レンガ倉庫
映画「居酒屋兆治」の舞台にもなった異国情緒漂う人気の観光スポットです。130年前の倉庫群をそのまま利…

190806yachigashira33ikenohata

Kk43190411suehiro239hakoba

9位:通の宿
富士銀行の建物をそのまま利用したホテルです。作家・辻仁成もこのホテルを著書「函館物語」の中で書いてお…

※紹介された2件の旅館・ホテルはいずれも当時のまま、ではありませんでした。2015年ブラタモリに登場した

割烹旅館もいまは更地に

151023hakodatemiraiuniv

10位:公立はこだて未来大学
5年前に開学した函館市が中心となって作られた公立大学です。ガラス張りの外観、立体的な内観は平成13年…

11位:函館競馬場
眼前に函館山と海が見える絶景の競馬場です。今年で41回目の函館記念は伝統のハンデ戦(斤量が各馬違う)…

12位:湯の川温泉
360年の歴史刻む由緒薫る温泉。函館戦争では傷ついた兵士達の傷を癒し、現在北海道の三大温泉郷として …

13位:五島軒
お土産店に必ずあるレトルトでもおなじみ洋食の老舗です。インペリアルリッチ鴨カレーが大人気です。

151224seiryuken_shio

14位:函館塩ラーメン
雑誌北海道ウォーカーで2003年度函館の塩ラーメンで一位の栄誉獲得しました。漁師から直接買い付ける昆…

※塩ラーメンなら(いまはなき)星龍軒と思いますが、あそこは取材NGだったんじゃないだろうか?当時はOK?

160121hasest

15位:ハセガワストア
年間90万食売り上げるやきとり弁当を生み出したお店です。今年新発売されたラム串を含めるとメニューは2…

16位:旨い寿司
函館は海の幸の宝庫。お寿司を楽しまずには帰れない湯の川温泉の海辺に立つお店です。日本海、太平洋、津軽…

※登場したのは「木はら」のようですね。

17位:函館野外劇
日本初にして日本最大規模の市民劇です。17年前から毎年夏に五稜郭公園にて公演を行います。のべ1万人の…

190827suginokomatsukaze

18位:杉の子
函館に数多くあるバーの中でも老舗です。80歳になる杉目泰郎さんは昨年病に倒れてからは土曜日のみカウン…

181127hakodate_st_glay

19位:GLAYの街角
函館が生んだ偉大なロックバンドGLAYの空気にそこかしこで触れることが出来ます。

130930mouriet

20位:モーリエ
様々な映画の舞台になった函館。その中で外国人墓地にあるカフェは人気です。映画「星に願いを。」で使用さ…

21位:坂
函館の景色に欠かせないもの、それが「坂」です。その景色の美しさから数々のCMに使われてきました。大三…

※八幡坂、以外の坂を味わってこそ、函館ツウではないだろうか。

160803kawamuraf1

22位:いか売り
澄んだ空気の朝にこだまするのが「イガイガイガだ」のいか売りの声です。函館の朝はとれたてのいかが朝食の…

※いまではカネフト、川村鮮魚だけになってしまいました。

23位:ラッキーピエロ
地元で大評判のファーストフード店です。チャイニーズチキンバーガーをはじめ斬新なバーガーが若者に人気で…

190827greengmotomachi

24位:グリーンゲイブルズ
アンティークと赤毛のアンが好きな女性オーナーが営むカフェです。学生時代にこちらに通ってシフォンケーキ…

190722kikoushihonchou1

25位:季肴酒(きこうし)
五稜郭の一角に通のみぞ知る隠れ家的居酒屋です。食材にこだわり抜いた主人の料理はリーズナブルです。注文…

※移転先で顕在…?

180823illusion_shiratori

26位:イリュージョン
函館・五稜郭近くの住宅街にたたずむ地元で話題のフレンチレストランです。シェフはフランスのホテルニッコ…

※いつもハコラクに載っています

27位:根ぼっけ
潮の速い恵山沖でとれるホッケの最高峰が根ぼっけです。体長は50センチ、重さは2キロもあるのもあります…

※お店の名前ではないようでした

190806penguinsvalley2

28位:ペンギンズ・バレー
観光客はほとんどいかない函館山の裏手にある地元のカップルがこぞっておとずれる、ポツンとたたずむ一軒家…

※廃墟をわざわざ撮りに行きました。ここに思い出がある人は函館歴20年のA属性でしょうか?

29位:はこだて自由市場
上質の海の幸山の幸が割安なので料理人などが買いに来ます。

※ほんとうに割安かどうかは知る人ぞ知る。朝市に比べて…

170803eki_ootani2

30位:JR函館駅
デンマーク鉄道会社との共同デザインのロトンダ(円筒)のふきぬけが目立ちます。ドラえもん列車(GW、夏…

※そういえばロトンダデッキ、知っとるけ?という記事が昔あったわ。

この14年間でどう変わったでしょうか?

1位:人気不変, 2位:番組独自
3位:衰退, 4位:人気不変
5位:人気不変, 6位:人気不変?
7位:人気不変, 8位:人気不変
9位:改変/消滅, 10位:番組独自(2000年開学のため)
11位:人気不変, 12位:人気不変
13位:衰退, 14位:人気下降
15位:人気上昇, 16位:人気不変
17位:衰退, 18位:現存
19位:人気不変, 20位:現存
21位:人気不変, 22位:衰退
23位:人気上昇, 24位:現存
25位:現存, 26位:現存
27位:番組独自, 28位:消滅
29位:人気不変. 30位:番組独自(2003年新駅舎のため)

ブログ主が人気の上昇下降を判定できないものは「現存」としました。
ラッピとハセスト以外は人気上昇はなさそう。いま構成したらクリファンとか入るかもね。
意外と消滅は少なく1.5枠。
属性Aが減少中の函館で、「現存」の評価はどうなんでしょうか?
やっぱりブログ主が?なら、最新取材ではランクアウト必至かな。
あと冬放送にして熱帯植物園のサル、入れましょう(笑)。

今回の企画意図は
「変化が見られない」から2回めが作れない、じゃなく
「細かい変化が多すぎて情報番組にならない」函館のユニークキャラ、
ですわ。

その点、さすがというかアド街、とんでもないランキングにはなってない

のは偉大だ。

まあ客観的にはこんな函館。

100万ドルの夜景が入ってて、函館山が入ってない

そんなポンコツなアド街、もまたよし。

※つまり8月の晴れた日に「消滅1.5枠」を撮影しに行った、と
そういうオチなのでした(笑)

ペンギンズバレーはともかく、谷地頭の池の端すでに更地でした。

ブラタモリに登場したのが昨日のようです。

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

« イナカモノほど鈍感なのは当たり前…で伸びしろは? | トップページ | 【9/1~シエスタB1F限定出店】おっと気合入りまくりだぁ! »

旅番組ツッコミどころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イナカモノほど鈍感なのは当たり前…で伸びしろは? | トップページ | 【9/1~シエスタB1F限定出店】おっと気合入りまくりだぁ! »