無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 待望の?(笑)大閉店リスト@函館【第三弾】No.198-300 | トップページ | 「カレー」はまさに消極的選択??? »

2019年7月 5日 (金)

【2019第5回タビ】車両編…JR四国

終端駅、盲腸線めぐりに伴うJRの車両コレクション。

端的に言うなら、JR四国がいちばんイイ感じでした。

輸送力のある路線は少ない割に、独自のカラーリングが

特にブログ主の目には新鮮。

気動車が青と緑を基調にしている路線は国内ではここだけ、

じゃないでしょうか。

190513jrshikokulogo2

190513kiha185_atokushima2

▲JR北海道でも見慣れたキハ183系(@徳島駅)

 

取り残され感はJR北海道に似たものがあるような

気がしていたけど、それって平均乗降客者数みたいな

ところで、採算性に対する悲壮感は意外と感じなかった。

そこが大きな差。継続的に見ていくとそうでもないのだろうか。

だいたいにおいて〇〇〇系という車両型番は国鉄時代から

3桁が標準なのだけど、JR四国だけ4桁なのも斬新だったり。

2015年に四国の西側をいろいろ回ったときに

あまり記録していないのではっきりは言えないけど、

そのうち愛媛も高知も再訪したいので、そのときにしっかり確認して

きたいです。

190513ikenotani_1200kei_20190627023001

鳴門線1200系。

190514narutolinefumikiri1500kei_20190627023101

鳴門線1500系

190513kiha40shikokunaruto1_20190627023101

キハ40(鳴門線)

190514_2600kei_jrshikokuattokushima

2600系連結部デザイン

190514_2600kei_7200kei_attakamatsu

2600系特急うずしおと7200系

190514_223kei_attakamatsu

ところが瀬戸大橋線を走る223系はJR西っぽいカラーリングで

楽しくないんだよね。


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

« 待望の?(笑)大閉店リスト@函館【第三弾】No.198-300 | トップページ | 「カレー」はまさに消極的選択??? »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 待望の?(笑)大閉店リスト@函館【第三弾】No.198-300 | トップページ | 「カレー」はまさに消極的選択??? »