無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【フードコート】函館人の食センスをつかめば怖いものナシ | トップページ | 【能ある鷹が爪を…】意地になりすぎるのもいかがなもの?限定25食 »

2019年7月29日 (月)

【2019第7回タビ・鬼乗り鉄】DAY-2(山形線)

DAY-2のpart3…

新庄から山形線(奥羽本線)。

今回新庄では改札を出ませんでしたが、去年12月に来ましたねえ。

ついこないだ。(↓18/12/3撮)

181203shinjou_st

さて山形行は14時18分発

この区間は二度目なので、今回の旅ではいわゆる「つなぎ区間」。

山形新幹線が在来線を走っていて、特急扱なので

普通列車は間引きされていて1時間に1本もない。

ダイヤを見たら新庄~米沢はニーズがないらしく、

県庁所在地・山形で一旦乗り換えで、時間が空く。

基本、普通列車タビなのでこれはしかたない。

駅名標を撮るか撮らないか、停車時間と駅数を調べていたら、

気になる情報。

沿線で事故があったらしくダイヤが乱れている、と。

そうか、新庄駅に「つばさ」が待機してなかったのはそのせいかあ。

で途中まで行ってもなかなか「つばさ」とすれ違わないわけだ。

でも、特に車内アナウンスはなくちと不安。

まーた山形で途中下車時間が短くなるだけやん。

190703yamagataline0104v

190703yamagataline0508

190703yamagataline0912

しかし、この山形線の乗客はフシギ、である。

乗るたびにそう思う。

初回は満員電車の乗り方を知らない高校生。

ギューギューの車内で背のリュックを下ろさずに熱心に試験勉強?

毎日同じ電車で通学しているんだろ?

2回めは駅順を知らずに満員電車に飛び込んで

「方向合っているよね?」とキャッキャしていた私服ティーン。

靴ひもほどけているのも気づかず「天才だから方角間違わないっ!」と

根拠のない自信ではしゃいでいた。

で3回め。こんどはオバチャン。今回の列車の遅れを運転手に尋ねるも

適切に答えてもらえず「やっぱりヘンな場所で止まったら嫌よね」

一旦乗りかけて降りた。

山形県に入るたびに「イナカモノ」を感じてしまう。

人の良さがにじみ出ていて、これが山形ムード?

秋田も相当だけど、イイ人感、のんびり感が突出だ。

190703yamagataline1720

数えてみたら山形までけっこう駅数あるんだよね。

15時32分山形着の所定ダイヤに遅れること数分。

米沢行は16時31分発なので、この間に

ATMを探して現金を補充し、

霞城セントラルの展望台から、とりあえず山形の街を

見渡してみましょう。

190703kajoucentralyamagata2

▲地上24階に展望台のある霞城セントラル。

190703kajoucentralyamagata1

▲緑に囲まれているのは城跡の霞城公園

190703yamagatakjcse

▲南東の方角は蔵王、かな。

190703yamagatakjcnw2

▲北西の方角にあるのは月山、羽黒山とのことだけどよく見えません。

そうそう駅で旬のさくらんぼを売っていたので、

絶品の紅秀峰を350g購入。

190703benishuuhoucherry1

190703benishuuhoucherry2

ちょっと値が張るけどモノが違う。

山形の佐藤錦はもう終わりなので7月上旬はコレです。

いやあホテルの冷蔵庫を渡り歩き、3日間楽しみました。

190703yamagataline2124

190703yamagataline2528

で、予定通り米沢行に乗車し、

米沢駅に17時17分着。

190703yonezawasthome

この区間の乗車キロは108.5キロ。

DAY-2の総乗車キロは350.2キロ。

DAY-1,2の通算総乗車キロは841.7キロなのでした。

まだまだ函館~稚内往復と比べるとゼーンゼン。

DAY-3の行程は米坂線、磐越西線。あっちへ行ったりこっちへ行ったり、

内陸部をダイナミックに右往左往します。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【フードコート】函館人の食センスをつかめば怖いものナシ | トップページ | 【能ある鷹が爪を…】意地になりすぎるのもいかがなもの?限定25食 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【フードコート】函館人の食センスをつかめば怖いものナシ | トップページ | 【能ある鷹が爪を…】意地になりすぎるのもいかがなもの?限定25食 »