無料ブログはココログ

« 【ランチの王道】安くて旨い=最強説を考える | トップページ | 夏が近づいて、「ことし2回め」がチラホラ。海鮮系塩やきそば!!! »

2019年6月30日 (日)

【2019第6回タビ】6月はことしも道北へ行ったった

本ブログのサブタイトルどおり、今回は

久々絶景タビになりそうな予感がしていたのですが、

後半失速でガッカリ。

ま、そうそううまくは行きませんな。

運だけでなく微妙に時期がズレている(まだ早い)のかもしれません。

また次回に期待しましょう。

初日:移動日…好天

2日め:おおむね好天、曇りときどき晴れ

3日め:曇り。強風。たまに青空。

4日め:終日曇り。下り坂も持ちこたえる。

5日め:曇りからやや快方。ただし目的地が高地だったため、

現地では濃霧&霧雨で絶景見えず。

それにしてもこれまで層雲峡から黒岳

初回:雨、視界不良 2回め:雪、視界不良

旭岳温泉からのロープウェー経由旭岳・姿見

初回:雨、視界不良 2回め(今回):濃霧、霧雨

一度も晴れたことがないぞ。

これだけ期待を裏切っているわけなので、

5回めの大雪はきっとすごいことになるに違いない(笑)。

というわけで、

初日&2日め:稚内連泊

3日め:旭川泊

4日め:苫小牧泊…

まあ例によって移動移動の乗り鉄タビに終始しました。

詳しい行程はまた今度。いやあ無駄な移動が多い。

190628tichokkaidoudouhoku

特急指定席7回予約、2回取り消し。そのほかは自由席。

それでは函館では出会えない、真剣な?北海道の景色をば。

初日(移動日):

190624teshioriver1

宗谷本線と並行して流れる天塩川、雄大!

190624rishirifujibakkai

おなじみ抜海~南稚内間でサロベツ原野ごしの利尻富士

いつもこのぐらいは見えればいいのに、そうは問屋が卸さない。

2日め:稚内~サロベツ

190625sarobetsuezokanzou

一面に咲き誇るエゾカンゾウ。毎年この時期?と思いきや、4年ぶりの花盛り、

だそうです。これでなぜ背景に利尻富士が見えてこない…。2日めにして快晴とはお別れ。

190625dodo444to106

190625ororonlineroute106

オロロンライン国道106号はTA的にはかなり人気らしい。

ただただ真っすぐな線と牧草地。画像は豊富・幌延の境界。

 190624kitabouhateidome1wakkanai

稚内自慢の北防波堤ドーム

190625viewkitabouhateidome

それを稚内公園から見下ろしたところ。

3日め:(サロベツ~旭川)

190626manyrollshoronobe

幌延町。一面の牧草ロール。

ほかは風が強くて、撮る気が起きず。

4日め:(洞爺湖・有珠山)

190627laketoya00_20190629172101

洞爺湖

190627youteizan

羊蹄山。雲が切れてもここまで。

190627showashinzan00_20190629172101

昭和新山。ウン十年ぶりの再会。それだけで満足(嘘)。

最終日:(旭岳)

190628asahidakeropeway

この状況ではなすすべなし。これでも前日よりマシなのだとか。

190628sugatamiasahidake

190628asahidakeropewaysugatami

行った時間帯は霧が晴れてもこのレベル。ロープウェー到着地の

「姿見」も画像補正してこのもやもや。

190628ezonotsugazakura

なのでこんな写真ばっかりでした(エゾノツガザクラ)

190628meakankinbai

(メアカンキンバイ)

 

天気予報を見て4日め、5日めを強引に入れ替えてみましたが、

ホンマモンの悪天候じゃなくてヨカッタネ、レベルの旭岳でした。くっそー。

今回も「下見」になってしまいました。

達成はサブテーマその2だけ、という4泊5日。

でも、転んでもタダでは起きないのが、TA的街?歩き。

7、8本は書けるでしょう。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【ランチの王道】安くて旨い=最強説を考える | トップページ | 夏が近づいて、「ことし2回め」がチラホラ。海鮮系塩やきそば!!! »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ランチの王道】安くて旨い=最強説を考える | トップページ | 夏が近づいて、「ことし2回め」がチラホラ。海鮮系塩やきそば!!! »