無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 新・函館人気質=自分さえ良ければいい…??? | トップページ | 実に厄介なブログだな…(苦笑) »

2019年6月 1日 (土)

【名店を見抜く・後編】ただただ成功体験の積み重ね@新山口(小郡)

190508yamaguchinyuudou1stmenu_1

190508yamaguchinyuudousashimori4_1

19/5/26更新記事

【名店を見抜く・前編】ただただ成功体験の積み重ね@新山口(小郡)

に続いて後編です。

え?店名が入ってなかった…「入道」でした。(19/7/14追記)

190508nyuudoukame

このお店が山口市のレストラン913軒中1位であることは

後日TAにクチコミを書こうとしてあとから知ったのでした。

でも冷静に考えて山口市と言っても新幹線の駅がある小郡(新山口)ですよ。

湯田温泉などで有名な山口市の中心部とはアクセスが違う。

そうした有利さもこのお店にはあるとは思うんです。

クチコミ総数もわずか20。それでもレーティングが5点満点の4.7というのは

かなり高い。飲食店で4.5超えたらサクラを疑えの法則があるぐらい(苦笑)

というわけで山口県の全体レベルを考慮してもまずは当たりのお店。

190508yamaguchinyuudoukensakiika_1

前編で剣先イカのお造りと刺し盛が別々に出てきた時点では

剣先イカの真イカとは違う旨さがわかりかけてきたぞ、状態で

こちらもトータルのノリはまだ半分。

函館特有の朝イカ論だけがイカのすべてではないし、

呼子のイカのように透き通った姿造りがベスト、と言い切るのも違うのでしょう。

ぐらいの冷静な思考でした。

で、大将との会話。

味覚の個人差については19/5/10の記事でも

書きました。

その話は別にして、手書きメニューからわかる実直さ、気真面目さが

信頼に足るという判断です。

で、直前のお一人様が店頭で悩んで入らなかったので、

自分は迷わず暖簾をくぐった話をすると、大将こう言います。

「わかる人がわかってくれればいいんですよ」

「うちのメニューをメモしていって、一段安い値段で出すお店が

あるようなんですけど、うちはモノが違うという自負を持っているんで、

それで高いという人はしょうがないです」

190508yamaguchinyuudoutaka

そんな大将に「山口の地酒、オススメは? 獺祭(だっさい)はもう全国区なので、

獺祭以外で」と発注すると、出してくれたのが宇部の酒蔵が作っている

「貴」(たか)=株式会社永山本家酒造場、の特別純米。日本酒度+5。

利き酒の力量はゼロに等しいので、言葉では表現できません。

でも函館で飲めない酒と思うと、地酒っていいな、と。

こうなると最後にもう一品!と欲張ってしまう。

ずっと魚、魚で来ていたので次を迷うところだけど、

箸袋を見て、これ行くか、の鯖寿司

190508nyuudouhashibukuro

焼き鯖と焼いてないのとあるわけだけど、あえて焼いてない鯖寿司を発注。

2月に八戸でごっつ美味い鯖体験してる↓ので、うるさいぞ!

190221sabanoekihachinohe03_3shu

▲八戸の「サバの駅」・これはこれですごい店だったけど…

出てきました! って、目の前でギューギュー押してましたもん。

もちろん国産!日本海の鯖! 1500円だけど、このボリューム。

山葵とガリをお代わりしてしまいました。

こういう形態の場合、醤油はガリ経由、ですもんね。

190508yamaguchinyuudousabazushi

190508yamaguchinyuudousabazushi3gari

190508yamaguchinyuudousabazushi2

大将:この時期だから脂のノリはピークじゃあないけどね…

中にシソと昆布が仕込んであって、お下品にもめくって証拠写真を

撮っちまった次第。

いやいや美味い魚で久々に酔っぱらっちった、な夜でした。

もう何時に食べ終わったかの記憶もなし。

190508yamaguchinyuudoureceipt

▲店出たの10時過ぎてんじゃん。ちょっと気前良すぎたかも。

さすがに5000円は越えたくなかったけど、あの鯖寿司では!

 

料理写真、メニュー写真をパシャパシャ撮っても

カンドーして店頭写真を忘れるのオマケつき。

翌日周辺の他の店はネオ街歩き的撮影したのに…ここは忘れた。

もうね、いせもん(三重県津市)に続き、名店あるある。

また撮りに来いよ、とそういうわけだ。

ひと旅で一軒出会いがあれば、残りの旅はケチ飯あるのみ!!!

※そうそう、函館の未届け飲食店の話をしたら、大将いわく

「それって放置はあり得なくて、ガサ入れじゃあないの?」だそうです。


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

« 新・函館人気質=自分さえ良ければいい…??? | トップページ | 実に厄介なブログだな…(苦笑) »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・函館人気質=自分さえ良ければいい…??? | トップページ | 実に厄介なブログだな…(苦笑) »