無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 函館ランチ評価プロジェクト<助走編>PART2 | トップページ | 継続観察で函館市保健所の無能ぶりが露見中 »

2019年5月 6日 (月)

【失敗しないホテル選びのコツ】エピソード編・場所によって差がある理由

決まったホテルチェーンを利用するのは、サービスレベルが「読める」から。

あらかじめ心構えを定めておけば、ほとんど驚くことはない。

ホテルスタッフができないことはできないので、望んでもしかたない。

ホテルについて書こうと思ったきっかけは、津のドーミーインでのできごと。

190306dormyinntsu

190304dormyinntsu2

ホテルネタの前々回も書いたが、

ダイワロイネット、リッチモンド、コンフォートなどは泊まり慣れていて

「読める」ので、価格帯や部屋のつくりからみて、宿泊回数はやや少ないものの、

ドーミーインも同レベルと思っていた。

ところがこの対応に驚いた。

★連泊なので清掃は不要

部屋の中をしばし散らかしっぱなし、も楽しいので、清掃不要のステッカーを

ドアに貼っておいた。

外出から戻ると、替えのタオルやアメニティが届いていない。

一旦夕食へ出るついでにフロントにより、尋ねると

「うちはそういうシステムです。その旨おっしゃってください

はああああああ???

いま、おっしゃってますけど。

それで???

もうこれで二度とここには泊まらない。なんてね。

チェックアウトのときに「おわびのカップ麺」を渡すあたり…

「これ、邪魔な荷物になるんだけど」

です。

こういうのが「スタッフ教育が行き届いていない」というレベルの話か???

常識がないイナカモノ、レベルの話なのでした。津は。

たまたま岐阜のダイワロイネット1軒はさんで愛知県安城で再びドーミーイン。

ここは名称にexpressがついていたので、

「エクスプレス」ってどういう意味?

と尋ねると、

「チェックインが夕方5時からで、デイユースのご利用も可能です」

そんだけの違い???

ほぼメインブランドと同じレベルだけど、若干ライト化なのかと思いました。

190328dormyinnexgoryukaku

じゃあ、このホテルはビジネスユースをにらんでいるのね?

いまでもラビスタの大浴場に送迎バスを出しているのだろうか。

それってホテルも客もめんどくさいべ。

たかだか大浴場入りに五稜郭からベイエリアまで

送迎されていきます???

そういえば以前稚内のドーミーインでご近所のATMが早い時間に閉まってしまい、

フロントでもらった地図のカードが使える飲食店が

さっぱり正しくなかったことがあったのを思い出す。

津、安城、函館、稚内…。

ホテルのブランドだけで安心するとサービスレベルを読み違えるかもしれませんな

また観光ニーズが読めてなかったのは八戸コンフォートでしたね。

180321view_hachinohest

▲新幹線の走るJR八戸駅をホテルの途中階から一望できるのに

向こうの山塊が八甲田かどうか、わからんのだって。

観光オンチ八戸のとっかかりとなったエピソードでしたね。

これも場所(笑)。

ことしの2月は「繁華街とJR駅が遠くて不便」(←ただのボヤキ)と言ったら

「慣れないとそうですね」

もう八戸、3回めですけど? 相変わらずの対応。

ま、相槌のうちかたは再研修だな、コンフォート。

あと、このほか岩手県一関でも残念な例を書きました。

福島県会津若松でも山形県天童でも…市内観光アクセスや

温泉の由来を説明できない。みんな以前ブログに書いてますな。

最近はもう、わざと仕掛けてブログに書く趣味、なので、

各ホテル関係者、精進してください。ザ・観光おもてなしレベルチェック(笑)。

でも最後は「気持ち」ですから。余韻次第で印象は180度違うので。

さて、函館はどうかな?

湯の川温泉であれだからな。思いやられるな。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 函館ランチ評価プロジェクト<助走編>PART2 | トップページ | 継続観察で函館市保健所の無能ぶりが露見中 »

50歳からの旅テク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 函館ランチ評価プロジェクト<助走編>PART2 | トップページ | 継続観察で函館市保健所の無能ぶりが露見中 »