無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 醜い函館人?気質続編…【湯の川温泉マップ・第二弾】 | トップページ | シエスタキッチン3年め…早く合格ラインまで届きますように。 »

2019年4月28日 (日)

「痛いホテルを避ける」と「イケてない飲食店を見抜く」はいっしょ

こんな話を知人から聞きました。

たぶん昔話なのだと思うのだけど、

もしかしたら、いまでも珍しくないのかもしれない。

きっかけはたまたまそのタイミングで

テレビのニュースをやっていたから。

「JTB、旅行相談を有料化」。

以前、JTBに個人旅行を組みに行ったら、あまりに待たされるので

あきらめて帰ってきたという話。何泊何日でどこへ行くかも決めずに

旅行相談に訪れるポンコツがメーワクだという話でした。

そりゃJTBも言いなりのおいしい客をじっくりもてなすでしょうよ。

そう、自分も30年ぐらい前はJTBに旅行は相談するものだと思ってました。

それが旅行ガイド買いまくりの15年間を経て、今ではネットですべて情報収集が

すむタビビトに変わってきたんですからね。

 

痛感するのだけど、「そこ」まで進むと「その」風景が見えてくる。

でも全員が全員そこへ到達していないので。

多くの人には「それ」が見えない。

つまり観光のスキルは多様。

楽しくなる、幸せになるためのテクニックや知識は重要と

思うけれど、無縁な人は無縁。

そっからまた別の話に派生するけれど。

100の幸せで満足しない人もいれば、30の幸せで満足な人もいて、

欲望の総量はまた人それぞれで面白い。

もっと幸せになりたい!という欲深な人には共感するし、

自分もそのクチだから。

このホテルというジャンルの記事はそういう傾向のものだと思っている。

当然サービスを提供する側もその「幅」をふまえているかと思いきや、

実際にはそうでもない。

190306dormyinntsu

昨今はSNS由来の名所が増えているけれど、絶景の共有ひとつをとっても

ナマで見たら幸せで共有したくなるからSNSなのである。

現代人は共有欲が昔の人より急激に高まっていると思う。

またまた前置きばかり長いのだが、

旅に無縁なホテルスタッフによく出会う。だから

客とフロントはあまり絡まないシステムのほうがホテル経営側は都合が良い。

顧客満足度が下がらない。ローカルで未熟な人間が前面に出る度、

ほぼ印象が悪くなる。

客のスキルに応じたスタッフを配することは至難の技。

観光を仕事にする限り、プロフェッショナリズムはそこに介在している。

さて、函館にはその道のプロはいるのか?

旅行者としてこの街を訪れることはないので、それは知らない。

ただ、その育成を避けて通るばかりではカタチばかりの二流観光地だと

断言しておこう。

当然函館市などはそんな理解はしていない。

うーんGW進行なので本題のエピソードはまた次回に先延ばし、しておくか。

どうせ連休は忙しかろうから、またゆっくり話題をすすめたい。

180321view_hachinohest

このときのこの風景の話は以前ブログに書いたっけ。

まあ、あらためて掘り起こします。


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

« 醜い函館人?気質続編…【湯の川温泉マップ・第二弾】 | トップページ | シエスタキッチン3年め…早く合格ラインまで届きますように。 »

50歳からの旅テク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 醜い函館人?気質続編…【湯の川温泉マップ・第二弾】 | トップページ | シエスタキッチン3年め…早く合格ラインまで届きますように。 »