無料ブログはココログ

« 【2019第三回タビ・三重県乗り鉄編-1】野生のシカと伊勢街道旧道 | トップページ | 【1万人が選ぶ日本の城・総選挙】函館・五稜郭が全国8位! »

2019年3月27日 (水)

【真正】キラリス&シエスタに新規開店続々…春です=迷走地図第一回=

まず最初はこの新テナントから。

 

駅前キラリス2階のテナントがとうとう埋まります!
↓↓↓↓↓↓↓
190313kiralis_newt

やっと「諦め」たようですね。こうしてキラリスは道銀、北陸銀行と2つの銀行が入ることになりました。

人が集まる駅ビル…という計画そのものの失敗。待ち人来たらず。

函館駅前の交差点カドなのに、場所が悪い!という事実を

どう受け止めればいいのか、A-1属性(未解説)の自分にはまだうまく

説明できません。函館…もうここまで来ているんですね。

やはり人口という表面上の数字ではないんですね、街って。

新規開店はここにも。

170501sharestar
190322sharestar_kitchen2

190322sharestar_kitchen3

シエスタキッチンに4/1オープン。

自分も行ったことのあるお店ですね。元町にあります。

180412patate_hkd
180416patate_hkd
以前

18/11/19更新記事
店子は大家を選べない?@シエスタB1

18/11/24更新記事
それは自分の「偏見」のなせるわざか?@シエスタB1F再び

2回取り上げましたが、寿々半は依頼されて営業していたんですね。

閉店時に「いつかリベンジ」的なメッセージがあったのでシエスタ側に

転がされてるだけかと思ってしまいました。つまり、

当時担当者がせっかくの自分のアドバイスを無視した理由がわかりました。
181111sharestar_1st_3b

roccoなきあと、再びチーズ・イタリアンっぽい店が入る可能性を模索していたわけですな。

その時点では確定しておらずあいまいな返事になった。

「また直すのも面倒なので…」

この期に及んでコトバの意味がようやく理解できました。

さて、注目はこのテナントの営業許可。

ちゃんぽん店はシエスタプロデュースで申請者はこうなってました。

「SPC函館本町開発 株式会社」

正式開業ならこうはならない。

 

さてシエスタからほど近い本町でこういう動きもあるようです

190322honchousanjuushi2

こうしたイベント会場的連合体がちょっと函館ではブームの兆し。

店主自身が飲食店申請せずにその場所を持っている業者の許可証で飲食店営業。

これが結果的に無責任・放置経営につながらなければいいのだけど。

丸井なんかが全国うまいもの市とかを催すときは責任者は百貨店自身なので。

で、ナポリタンの店、例によって3/22時点で、こう表記されていました。

注:3/28OPENに決定したようです。ぎりぎりだなあ。

190322honchouyuyakehighball

そしてその並びにもこの第二店。同じ日ですが3月オープン予定とありました。

注:こちらは3/25 18時~OPENとありました。それを見たのは3/27 午後3時…???

これだけ数多く見てくると、真剣にスタートダッシュしようと、

告知しているお店のいかに少ないことか。

シエスタ地下がかなりまともな部類ということらしいです。

裏返せばオープン日未確定のまま、準備が進行している。

これでどれだけ未来の成功を信じているのか、
気になります。

 


にほんブログ村

 

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 【2019第三回タビ・三重県乗り鉄編-1】野生のシカと伊勢街道旧道 | トップページ | 【1万人が選ぶ日本の城・総選挙】函館・五稜郭が全国8位! »

函館人気質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【2019第三回タビ・三重県乗り鉄編-1】野生のシカと伊勢街道旧道 | トップページ | 【1万人が選ぶ日本の城・総選挙】函館・五稜郭が全国8位! »