無料ブログはココログ

« 【初めて飲めた!】ミンチェッタ@駅前キラリス | トップページ | 【2019第二回タビ】<6>東北豪雪地域横断…JR北上線 »

2019年3月 5日 (火)

さすがイオン!低い消費者力を読み切ってダマすぜPART1

今回はサバ缶の謎編(第一回)。

いいんですよ、消費者の多くはダマされたと思わないんだから、

合法で正当です。

さて、八戸で美味しいサバを食べてきたあとなので気になります。

100円と92円の商品はどっちが安いでしょう?

158円と100円の商品はどっちが安いでしょうか?

え?即答できるんですか?

信じられナーイ。

数字の問題ではないですよ。

商品の質も見て判断しなければいけません。

え?もうその時点でイナカモノ???

比較した商品はサバ缶です。

190226sabakan_aeon

これはある日のイオンの商品棚。

こっちは同じ日のコープさっぽろの商品棚。

190226sabakan_coop

いつも思っているんですが両者で同じ商品が並んでいません。

誰でしょう?コープさっぽろのほうが高いんだ、と言った人。

まずはイオンから。

左の缶には内容量190g固形量140gとあります。

右の缶には内容量150g固形量90gとあります。

小さい缶のほうが汁が多いことがわかります

もうこの時点で小さい缶のほうがアヤシイ。

内容量gあたり。左の缶は0.9円、右の缶は0.72円。

ですが、固形量gあたりでは左の缶は1.22円、右の缶は1.2円

ほとんど変わりません。

190227saba_norweik1

190227saba_norweik2

右の缶の販売(輸入)者はノルレェイクインターナショナル。

?「レェ」という表記は日本語に存在しませんが?

国産サバをタイで加工しています。なんでなんで?

いったん輸入したノルウェー鯖を転出させているのでは?

そうまでして国産サバにこだわるのなら、ふだん生食で売られている

ノルウェー鯖はなんなのさ。国産サバの傷物?

とにかくこの右の小さな缶はタイからの輸入品です。

で、この小さな缶がこの日92円、税込99円で安売りでした。

とある老夫婦がまとめ買いしておりました。

せこいのか貧しいのか無知なのか。ふだんよりわずかに8%引きなんすけどね

↓安売り翌日の「お買い得カゴ」

190227sale100_aeon

値上げラッシュのいっぽうで価格据え置き内容量減のケースは後を絶ちません。

ユニットプライシング(単位当たり価格)という概念が登場してかなりの年月が経ちますが、

小売りは依然として「割り算のできない市民」を相手に踏ん張っているようです。

※あと高齢者の切実な声として「小さな字で書いてあっても読めなぁい」だそうです。

いっぽうでコープさっぽろのサバ缶は確かにちょっと高め。

この3種は内容量表示はあるものの固形量表示がありません。いずれも内容量190gのようです。

208円税別の商品は八戸産鯖にこだわった商品。

でも238円税別のマルハニチロのサバ缶・月花はどこが高級なのか

書いてないのでイマイチわかりません。

次回はサンマ缶、イワシ缶編をお届けします。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【初めて飲めた!】ミンチェッタ@駅前キラリス | トップページ | 【2019第二回タビ】<6>東北豪雪地域横断…JR北上線 »

函館人気質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすがイオン!低い消費者力を読み切ってダマすぜPART1:

« 【初めて飲めた!】ミンチェッタ@駅前キラリス | トップページ | 【2019第二回タビ】<6>東北豪雪地域横断…JR北上線 »