無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【2019初タビ(12)】橋立(石川県加賀市)にて…こんなとこにこんなお店(原点論-2) | トップページ | カレーチャーハンへの旅@函館【番外編】 »

2019年2月16日 (土)

【BSフジ】ポンコツ旅番組に失笑すら起こらず…

それにしてもまさにテレビは危機的状況である。

多くの若者はテレビを卒業してしまった…。

受像機すら持ってないケースが多いとか。

ある若者は地デジになって映らなくなったので見なくなった、らしい。

ネット+スマホでじゅうぶん情報は得られるのだ、と。

ヒマなときはYou Tubeほか動画サイトがいちばん面白いと。

こうなるとテレビに残るのは高齢者ばかり。

よって健康番組と関連する通販番組ばかり増える仕組み。

近いうち極私的テレビ論もまとめなきゃならんかな。

それにしてもフジテレビにはため息である。

そしてしかもBSフジ。CSフジはたまに見たい番組があるが、

BSフジが他の民放BSと比較しても、さっぱり見たい番組がない。

高齢者対応にも遅れている。

いやいやBSを続けているようにも見える。

それは制作費や企画の深みにも如実に現れる。

今回久々に取り上げる旅番組は

<BSフジサンデースペシャル>『ローカル線でめぐる旬旅 函館からニセコ、小樽へ雪景色旅情』(O.A.19/2/10)

なる2時間番組である。

190212ekiniichiba

ブログに書くにあたっても全編見直す必要がないほどの駄作。

CMカットして作業終了。

というか冒頭だけで見たくなくなるのである。

いわば「バカ旅行者要請番組」。ほんと差別用語で申し訳ない。

第一。函館本線を函館から小樽まで(通年で)直通している列車はない。

よく「函館本線」というキーワードにダマされているからわかる。

「函館」を検索ワードに入れると自動的に「函館本線」も引っかかる。

「山線」は山線なりの干からびた趣がある。

これを「函館」という街といっしょにしないほうがいい。

「してほしくない」じゃなくて「しないほうがいい」。

第二。キャスティングされた女優が朝市(駅二市場)でタラバガニを持つくだりで

「ちょっとぉ持てなぁい。こわーい」とキャーキャー言って尺を稼ぐ。

呆れます。ハタチそこそこの小娘ならいざ知らず、御年48歳、バツイチの

「女優」。彼女の名前は「中島ひろ子」。ウィキで出身地を見たら東京、とある。

東京都民もこんなんばかりだとは思われたくないでしょう。

そしてど素人がここで引っかかる。というかそういう番組台本。

190214zerokiropost_hakodate1

↓ホンモノはこっち。そっちはレプリカ…。

160929hakodatezeronow

↑函館駅ホームのゼロキロポストで立ち止まるのも台本と思える不自然さ。

そして特急に乗りこみ、ホームのコートを来た年配の駅員に

「あ、映画の鉄道員(ぽっぽや)みたぁい!」

もうやめてくれ、である。ホーム上のJR北海道の職員は全員そうなんだから。

第三。せっかくだから五稜郭にも寄っていこうと函館駅から特急「S北斗」に

乗ったばかりなのにすぐ下車。

「雪の街を歩くのはいいわねえ」と途中カットであっという間に

雪の五稜郭公園到着。

ここまでで視聴終了。

ちなみに制作協力Koba-Kとテロップにありました。

プロデューサー出てこいレベル。(女性プロデューサーでしたけどね)

フジテレビが業績不調なので、こうしたお手軽企画&制作を

繰り返すしかないのであろう。

冒頭十数分で(地元民に)「ないな」と思わせる番組…

年にイチ、ニのポンコツ旅番組であった。

系列のUHBに制作協力を仰いだらもっともまともになるのに。

BSだからって投げてる感。

NHKの旬感ゴトーチ3連続函館(1/21-23)のキャスティング

(ロケ=乃木坂・桜井玲香、ノブコブ徳井、バービー、

スタジオ=関根勤、ベッキー、島谷ひとみ)と比較して

哀れしか感じませんでしたとさ。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【2019初タビ(12)】橋立(石川県加賀市)にて…こんなとこにこんなお店(原点論-2) | トップページ | カレーチャーハンへの旅@函館【番外編】 »

旅番組ツッコミどころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【BSフジ】ポンコツ旅番組に失笑すら起こらず…:

« 【2019初タビ(12)】橋立(石川県加賀市)にて…こんなとこにこんなお店(原点論-2) | トップページ | カレーチャーハンへの旅@函館【番外編】 »