無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 函館湯川ビール問題…迷走続くE店【PART3】 | トップページ | 焼きそば研究室、ピンキリ劇場…PLAYBACK2018 »

2019年1月 7日 (月)

【2018ラス旅・番外編】秋田県内での出来事

18/12/16更新記事
【2018ラス旅-1】東日本6県乗り鉄旅3400km・百万都市仙台の思い上がり

JR東日本・仙台支社もご紹介↑の通りですが、

秋田支社でも「おっと!」ということがありました。

特定の季節を除いて観光に弱い東北、の側面がうかがわれます。

JR東日本の話の前に、奥羽本線JR八郎潟駅で見た風景。

181204hachirougata_st

181204katanouta_hachirougata

場所は八郎潟町、というところです。ここから100円の村営バスで

大潟村というところへ行こうとしていました。

181204oogata_mytownbus_tthachirouga

トリップアドバイザーをやっているので、八郎潟町のお手軽名所を

1か所だけクリアして、なんちゃって訪問に仕立てようと検索すると、

駅前のコレ、が観光名所1位でした。おっとビックリ。

願人踊りという無形民俗文化財(県指定)の信楽焼の陶板で作られた

レリーフです。まあカラフル!!!

旅人をお出迎えする点では、JR函館駅の流政之氏のレリーフと同質。

そんな願人踊りをJR八郎潟駅構内でこう紹介しています。

民族? 民俗。

181204hachirougata_ganninodori

↑誤字脱字は平気。小学生学力日本一が泣きます。

大潟村ではレンタサイクルを利用しようと思いましたが、

「もう終わっている」とのこと。ネットで調査済でしたが、

実はソレ、非公式情報でした。大誤算。

途中で雨が本格的に降ってきてびしょ濡れになり↓ここで

181204oogata_minaminoike

雨宿りしながら村に1台しかないタクシーを呼びました。

待つこと45分。帰りの100円バス(JR八郎潟行き)まで時間があるので、

ラーメン屋か喫茶店で時間をつぶしたいと運転手にいうと、

何やら村に一軒しかないという居酒屋兼食堂

午後の休み時間で営業していない。なかなかすごい村。

で、これまた少し遠くの場所にある、

村に一軒しかないホテル(第三セクター経営)

まで送ってもらい↓を食べました。

181204comet_oogata

181204rural_oogata

食事が出てくるまでの間に、ホテルのフロントに尋ねました。

ここ1泊は?…素泊まり6000円です。

自転車は借りられますか?…レンタサイクルあります。

いつごろからですか?…春からです。

春っていつ?…春と言えば4月じゃないでしょうか?

ところで秋はいつまでレンタサイクル営業してたんですか?

晩秋までです。

晩秋って?→10月下旬じゃないでしょうか?

万事がこの調子。オフシーズンに観光客が来るわけがない、と

思い込んでいますね。確かに冬は雪がそれなりに降ります。秋田なので。

ただ10~3月はマガン、ヒシクイ、ハクチョウの滞在・通過のピークですよ。

181204protectionarea


181204oogata_kansatusha

181204oohishikui3

まあ、大潟村というところは、政府の減反政策の犠牲者で入植して50年余。

いろいろ恨みつらみがあったと聞きます。でもそれと観光は無関係。

すっかり暗くなり17時台のバスで八郎潟駅へ戻ったときは駅はこうなっていました。

待合室閉鎖。きっぷ自販機終了。

181204hachirougatamachiaishitsu

どういうこと?と思い着いた秋田駅で尋ねると

「待合室が閉まってました? そんなはずはない…」

アホです。

八郎潟駅は委託駅で17時に人がいなくなるので、そうなるのです。

即答できずに10分も待たせます。

こうまで意識が低いと観光客も呆れます。

この日、もっともびっくりしたのが大潟村から八郎潟駅までの約20kmの県道。

愛称を菜の花ロードというそうですが、暗くなると街灯がまったくなく真っ暗

もちろん信号もありません。あるのは反射板だけ。

大潟村…どうやら県内でも忘れ去られた村のようです。

レンタサイクルはそんな大潟村の道の駅で半年だけやっている

ただ道の駅もとなりの町とつながっているだけで、村に用事のない人は

まず通過しない道の駅であるため、中途半端な農産品直売所しかない。

181204oogata_museum

日本にはこれだけ遅れた場所もあるのですね。

あれ、肝心なエピソードが漏れました。

忘れないうちにまた書かなくちゃ!!!


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 函館湯川ビール問題…迷走続くE店【PART3】 | トップページ | 焼きそば研究室、ピンキリ劇場…PLAYBACK2018 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【2018ラス旅・番外編】秋田県内での出来事:

« 函館湯川ビール問題…迷走続くE店【PART3】 | トップページ | 焼きそば研究室、ピンキリ劇場…PLAYBACK2018 »