無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« なぜライバル店として機能しないのか?@昭和4丁目 | トップページ | カレーチャーハンへの旅@函館【第1回】 »

2018年12月13日 (木)

堆積するルーズさ→時間は巻き戻せない…

公務員職務怠慢系の中では小ネタですが、

なかなかナイスアシスト!

と思ったので採用。

まずはご近所の人から聞いたこの話。

「函館の道って走りにくいよね。計画性ないし。もう少し碁盤の目になっているといいのに」

その方は人見町、乃木町方面から電車通りの向こう側に出るとき(松陰町付近で)

直進できないことに対してそうおっしゃいました。

このあたりの道路が整備されたのは昭和の初期ですかね?

昭和9年の大火の後に道幅を広げて防火帯を整備した歴史が函館にはありますが、

決して都市計画が進んでいたわけではないんですねえ。

札幌や旭川では道路が碁盤の目のように整備されているわけですが、

函館はそういう形跡がない。

まあ未来を予見して街を創る、という時代はもう少し後なのだと思います。

飲食店チェックをしていてこんな場所があります。

いわゆる六軒長屋。

181119honchou49_10a

181119honchou49_10b

各店舗の(届出)住所を調べてみると、

左から4-9、4-9、4-10、4-9、4-9、4-9。

きっと誰かが間違えていると思い、市役所で尋ねました。

担当部署は市民部戸籍課住居表示担当。

担当者は数分かけて該当地番の地図を出し、

こう答えました。

左から3戸が4-10で右の3戸が4-9。

「住人は自己申告でどちらかを選べるのですか?」

と聞くと、この建物が立つ前がわからないのでなんとも言えませんが、

それ以前は4-9と4-10に分かれていたはずです。

ぜひ証拠写真を撮らせてほしいと言うと、地図の複写は断られました。

おや?

そこで現地確認。住居表示が重複してます。

181120honchou49_410

どちらでもよさそうです。

(もしこれが3戸めと4戸め、真ん中にあるのなら言い訳できそうですが、1戸めと2戸め、5戸めと6戸め、扉のあいだにも同じ央に表示されているんですなあ)

そこで次は郵便局へ。

181127centralpost_hakodate

函館中央郵便局の集配担当者は、

「市内にそういう住所はいくつかあり、あらかじめ知っているので

配達に支障はありません」

ときっぱり。

「ただ本人確認を必要とする郵便物の場合は、受取人の示す公的な証明書と

一致しないと渡しません」

そりゃそうだ。

この本町の建物の2・3階は集合住宅なのに、4-9でありなおかつ4-10であるとは

ナントいいかげんな函館なのでしょう。

このルーズな判断はこの建物が存在している限り、もはや修正不可能です。

ほかにも飲食店関連でこんなケースがあり、

ここも31-23と31-24が「混在」しています。

180921motomachi3124

このケースは増築して木造の5軒長屋になったのでしょう。

ひとつの区画に住宅が増えすぎて例えば18-1の番地に5軒も6軒も

該当建物があるケースがあるいっぽう、どんどん建物が減って空き地が

増えていき24-11のとなりが24-18だったり歯抜けのケースも

よくありますから住居表示なんていろいろで予見不可能です。

でもだからといって、4-9でも4-10でもあるなんてケースは

かなり不可解です。

どうも市民部では原則論を説明するだけで、実際の運用は把握していない

様子。飲食店の届け出でこれは不可解と保健所が判断することは

たぶん不可能でしょうね。届出人がそうです、と言えば、

「はい」で済ませるのでしょうね。

というわけで本来は本町4-9なのに本町4-10として届けているケースを

正しくないとは言えないんだろうな、それもそもそも

函館のいいかげんさのなせる業なんだろうな、と

そういう小ネタ、でした。

いちばん明快だったのは函館中央郵便局、とそういう話でした。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« なぜライバル店として機能しないのか?@昭和4丁目 | トップページ | カレーチャーハンへの旅@函館【第1回】 »

函館人気質」カテゴリの記事

コメント

別にそんなのどうだっていいべさ! おめぇ暇なんだな!
可哀想になってくるでや!
クリスマスも年越しも1人か?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堆積するルーズさ→時間は巻き戻せない…:

« なぜライバル店として機能しないのか?@昭和4丁目 | トップページ | カレーチャーハンへの旅@函館【第1回】 »