無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 誰しもに「引き際」はやってくる…夢のあとさき@函館 | トップページ | 毎度毎度の思いやりのない函館の人々の巻(2018年12月版) »

2018年12月 6日 (木)

半島にある世界遺産の古い港へ【2018九州タビ10】

盲腸線パート2はJR三角線

ことし世界文化遺産認定で盛り上がる天草へ続く路線です。

ただホンキで天草へ行きたい人は三角線には乗らないんだよなあ。

三角西港は

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつ

なんだけど、いい雰囲気の駅舎で迎えてくれた割には観光客の姿は皆無。

181107kiha147misumi

181107misumi_st0

181107misumi_st3

181107misumi_st2

181107misumi_st

熊本から始発で出たせいもあるけど、世界遺産になってもこんなん?

構成資産の三角西港は三角駅からバスで10分。

なるほどね、止まりだったのが残念。

181107misuminisikou02

181107misumi_westport

181107misuminisikou03

181107misuminisikou04urashimaya

↑小泉八雲も泊まったという旅館・浦島屋を「再現」

それでも盲腸線の終着駅から出ずにそのまま折り返すよりはましでしょう。

宇城市が頑張って雰囲気づくりしたわりにはイマイチ人気なのかあ。

三角線は最初、宇土半島の北岸を走り、赤瀬 - 波多浦間で半島を横断し、

南岸の三角に出る。

宇土半島北岸は有明海を望む絶景路線。

雲仙や長部田海床路(海の中の道)など、独特の風景が楽しめる。

181107ariakenori_unzen3

181107nagabeta_kaishouro

ホントはもっとゆっくり景色を楽しめればいいんだけど、

この日も目的が他にあるので急ぐ。

旅名人の九州満喫きっぷなので特急・新幹線に乗れないのでやっぱり急ぐしかない。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 誰しもに「引き際」はやってくる…夢のあとさき@函館 | トップページ | 毎度毎度の思いやりのない函館の人々の巻(2018年12月版) »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半島にある世界遺産の古い港へ【2018九州タビ10】:

« 誰しもに「引き際」はやってくる…夢のあとさき@函館 | トップページ | 毎度毎度の思いやりのない函館の人々の巻(2018年12月版) »