無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 堆積するルーズさ→時間は巻き戻せない… | トップページ | 九州での残り半分の目的→成果編【2018九州タビ15】…中締め »

2018年12月14日 (金)

カレーチャーハンへの旅@函館【第1回】

またも新シリーズ(笑)。でも第一回だけで終わることもあるんですが。

厳密にはタイトルを変えて地味に続編を書いていることもあるので、

御容赦を。

さて、「この店はイイネ!」という飲食店の3倍は

「案の定ダメだった」と言うケースが多い函館なので、地味にコツコツ

新店チャレンジをしていきたいと思ってます(笑)。

 

さてある日、深堀町の外れにいて…○○でチャーハンでも食べるとするか。

そう思った。ところが坂の下と思っていたらどうも坂を上ったところらしく、

面倒になって「次に近い店」を脳内検索。

この店に行き着いた。

181130hakkai_ent

バス通りから一本入るし、最初に探したときは

閉店可能性70%と思っていた。近所のもっと規模の大きな飲食店が

とっくの昔に営業を断念しているのに、この店は

ちゃんと(営業)していた。

店名は八戒。

こりゃあカレーチャーハン作戦だな、とひらめいたが

メニューにはなかった。

181130hakkai_mnu11

ので、遅めのランチでチャーハン+ギョーザを注文。

遅めのランチなのに先客2名。よしよし、愛されている。

181130hakkai1

181130hakkai2

チャーハン600円はこんな感じ。パラパラチャーハンとは

対極なるも、東京時代いちばん近所で世話になった中華食堂が

似た感じの味だったので抵抗なし。

なんかパラパラ派のほうが「本格中華」とよそ行きで、

こっちは庶民派食堂的ノリ。

今後ひらめきでカレーチャーハンを目指して、すべってチャーハンでとまる、

的庶民派食堂探訪がなかなか面白いのではないかと。

そういう企画意図。

まあ更新はせいぜい月イチでしょうけどね。

目標は市内「庶民派食堂」チャーハン完全制覇5か年計画?

でもどこかのブロガーさんが「いつまでもあると思うなご近所食堂」

的なつぶやきを残しているのを読みましたが…。

クリアしたのはまだ10軒ぐらいかなあ。

不味いチャーハンはほとんどない代わりに、クセになるチャーハンも

少ない。なぜならそれがチャーハンだから。ってね。

※あ、メニュー画像赤枠部分をクイズにしようかと思ってます。

提供中止の4品は果たして何? 正解は後日!!!


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 堆積するルーズさ→時間は巻き戻せない… | トップページ | 九州での残り半分の目的→成果編【2018九州タビ15】…中締め »

ハコダテ・ランチ・アーカイブス2015-」カテゴリの記事

コメント

玉丼 親子丼

>玉丼 親子丼

正解!
あと2つ!

うるせえ馬鹿

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレーチャーハンへの旅@函館【第1回】:

« 堆積するルーズさ→時間は巻き戻せない… | トップページ | 九州での残り半分の目的→成果編【2018九州タビ15】…中締め »