無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 珍?店カタログ@函館、プロローグ編かも | トップページ | カレーチャーハン・タイトルマッチ…「なかみち」防衛成る! »

2018年11月 4日 (日)

【函館山は野鳥の宝庫説】検証、最新バージョン?

そのうち野鳥観察ネタだけに特化したブログを起こそうかな?

なんて思ってます。

ただし。

ただし、きょうこんなのがいた、こんなのを撮った、的な

ブログは世間に山ほどあって、写真自慢は何千人といるんで、

そんなんで勝負してもクソ面白くもない。

自分としては野鳥観察者を観察した結果なども面白い、

と思うんだよね。

以前にも書いたけれど、函館山にはいろいろな野鳥が来るけれど、

誰もちゃんとまとめていない。

それは観察にはあまり向いていないから。

そこんとこを頑張ってナントカ結果を残すのも楽しいけど、

チャレンジの割になかなか成果が得られないから、野鳥カメラマンも

少ない。

ま、そこが付け目でもあるけどね。

とにかく季節を選ぶと、ほかではなかなか見かけない野鳥がやってきている。

なかなかきれいには撮れないけど、

他の場所では会う気がしない、会ったことがない種類は実際に多い。

ただし、そのありがたみを知るためには、

いつも会えるのはどの鳥か、レア度がどのぐらいか、知らないといけないわけだ。

というわけでかなりハードルは高いのである。

以下に10点程度紹介してみるが、ヤマカンでも

これはほか(の場所)でもそこそこ会えそうだな、がわかったら

あなたはなかなかセンスがある。

181010yamagara1

171107kayakuguri2

181022mamicha5

171116oomashiko2

171026benimashiko5

180925kumageram3

171016shimaenaga2

181023hayabusa2

171031ruribi2

181022uguisu1

あれ?自分のバアイ、半分ぐらいは(函館)山以外でも会っているか。

しょうがない(笑)。

ちんぷんかんぷんなあなたは函館の自然をもう少し勉強したほうが

いいよ。函館市の鳥ぐらいは知ってないと。

鳥の名前はまた後日、フォローします。

それより、松倉川で観察できる野鳥を紹介するのが先、だろうなあ。

例のデタラメな自然破壊、環境破壊問題が進行中、だからね。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 珍?店カタログ@函館、プロローグ編かも | トップページ | カレーチャーハン・タイトルマッチ…「なかみち」防衛成る! »

ありがとう!函館の自然」カテゴリの記事

コメント

野鳥の名前をコメントに書いておきます。

1.ヤマガラ(函館市の鳥)
2.カヤクグリ★
3.マミチャジナイ★
4.オオマシコ★
5.ベニマシコ
6.クマゲラ
7.シマエナガ
8.ハヤブサ
9.ルリビタキ★
10.ウグイス

★は函館山でしか出会っていない鳥。

★がついていないものも見晴公園や松倉川下流域で出会います。

というわけで、次回は松倉川近辺で出会う鳥シリーズにしようと思います。もちろん上記10種とはかぶりなしで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【函館山は野鳥の宝庫説】検証、最新バージョン?:

« 珍?店カタログ@函館、プロローグ編かも | トップページ | カレーチャーハン・タイトルマッチ…「なかみち」防衛成る! »