無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 目指せない飲食店の悲劇@松風町【光編】 | トップページ | 第一回・函館ウソつき飲食店図鑑? »

2018年11月12日 (月)

熊本の思い出は美しすぎたのか?【2018九州タビ2】

九州南端・枕崎からスタートして福岡まで4泊でたどった九州タビ2018。

さすがにロケットスタートすぎて、見事に尻すぼみ。

まあそれでも平均的満足度が高ければ、御の字、というもの。

ひとつひとつ行程を追う作業は別の機会に譲るとして、

ハイライトを抜き出していくつか展開したい。

2泊めの熊本の夜の話から書いてみる。

確か3年前にこの記事を書いている。

2015乗り鉄ファイナル…13】熊本新市街で再び、デレの夜。食家「蛍」

このお店の再訪を誓っていた。

181106hotaru_ent

間に熊本にも大地震があり、元気で営業しているか気になった。

ただこのお店に限っては被害はほとんどなかったようだった。

オーナーはすぐに再開できたと話してくれた。

それはそうと。

1泊め=枕崎、2泊め=熊本、3泊め=佐賀、4泊め=福岡

ホテルの値段は素泊まりで

4700、7200、5800、8000である。

この4つの町の人口(安直にwikipedia調べ)は順に

2.1万人、73.9万人、23.4万人、157.9万人である。

ほぼ見事に人口が多くなるにつれて高い。

満足度はどうだろうか?

xx/xxスラッシュの右側は期待度から想定した満点としよう。

枕崎80/80=100%! 熊本80/90=89%! 佐賀80/90=89%!

福岡95/100=95%となる。

熊本と佐賀は同じチェーンなので評価は同じとした。

熊本(市)の(自分の)旅評価は案外低い。

というか人口が多いほど自分の旅の満足度が低い。

めったに行かない場所ほど旅の満足度が高い。

さて、2度めとなった「蛍」での夕食。

はっきり言って「こなれた」印象だった。

確かに繁盛していて活気がある。お店のスタッフもことごとくフレンドリー。

それは前夜の枕崎とは違う。

ベースが魚屋さんだそうだから、魚介類のクオリティは高い。

しかし枕崎でカツオ三昧だったおかげでそのインパクトは半減した。

以下が注文メニュー。

181106hotaru2_konoshiro

181106hotaru4_gobotofu

181106hotaru5_gullibutta

181106hotaru6_kakiakkeshi

181106hotaru3_kawabe

・コノシロの極細造り ・ごぼう豆富の揚げ出し
・豚バラとキャベツのガーリック炒め ・北海道産焼きガキ

焼酎は熊本の米焼酎「川部」(球磨焼酎・人吉市)をロックで。

(前回ブログにアップしたメニューはなかったようで、かなり内容が入れ替わっているかも)

とりあえずの中生込で4000円ちょっととリーズナブル。

でも、自分としてはブレーキをかけて、こうまとめたつもり。

「こなれた」というのは自分の目が肥えた部分(A)と、

3年間でお店が熊本の常連さんにアジャストした結果(B)の相対でしょう。

確かに3年前、厚岸の牡蠣を使いたい、とオーナーは話していた

680円の牡蠣はとても美味しかった。でも高い。

熊本で食べる、厚岸の牡蠣…。

ほんとに頼んじゃいます?と言われたほど(笑)。

こんなお店でも熊本でトップ10に入るか、と言えば怪しい。

(トリップアドバイザー熊本レストラン4158軒中407位=レーティング4.50 18/11/14時点)

↑評価はともかくクチコミ数少なすぎのためTOP100に入らず

ひとりの予算3000~4000円で飲み食いできる居酒屋は

庶民派に毛の生えた程度。

正直、いつものホテルに泊まるとするなら徒歩1分のロケーションは

ムチャクチャありがたい。

さて、オーナーにこのブログ記事で気になっていた質問を2つした。

Q1:なぜランチはやらないのか

Q2:保健所に営業届け出をしない函館の飲食店をどう思うか

「蛍」が営業している新市街はかなりの飲み屋街。昼間のビジネスランチ

ニーズはそんなでもないと。ただし2つめの質問には絶句してノーコメントだった(笑)

少し函館の料理人も外へ出ていって勉強してこい!というほどの高レベルの

店ではないということだ。

181106hotaru_ent2_2

きょうのおすすめが店頭にこうして明示してある店、

函館市内では極端に少ない。函館の飲食店はこういう作業を

面倒くさがる。

181108saga_st

さて、熊本の乗り遅れ感に少しがっかりだったわけだが、実はもっと

深刻なのは佐賀なのであった! 人口サイズがちょうど函館サイズの「佐賀」である。

次回はめったに行かない、自分も初めて泊まった佐賀の話。

佐賀市へいったことのある函館市民の数は200人いるかな?


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 目指せない飲食店の悲劇@松風町【光編】 | トップページ | 第一回・函館ウソつき飲食店図鑑? »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本の思い出は美しすぎたのか?【2018九州タビ2】:

« 目指せない飲食店の悲劇@松風町【光編】 | トップページ | 第一回・函館ウソつき飲食店図鑑? »