無料ブログはココログ

« またやっちまったな函館市観光部…放置のツケがことしも | トップページ | 中部日本縦断タビ2018【PART10】名古屋港と豊橋 »

2018年10月22日 (月)

予想通りで笑っちった…でさっそく【珍名閉店の法則?】

名は体を表す、などと言う。

思い入れのない命名はなかなか実らない。

JRAの競走馬で珍馬名といえばこの人、というオーナーがいる。

小田切有一オーナー。

数ある珍名馬の中で、語り継がれているのはオレハマッテルゼ

オレ、で切るのか、オレハで切るのか。

個人的に気に入っているのはモチ。

伸びたり粘ったりする。実況アナウンサーも実況しやすい。

さて、今回は店名@函館。

愛のない店名で続かずつぶれてしまう飲食店。

この愛のなさを認識した最初の体験はこんな名前の居酒屋。

「ね~ぇ」

Ne0503

2007年の撮影なんでかなり前。もちろん現存しない。

ここらあたりで函館の飲食店のフシギに気づいたといっても過言ではない。

松陰町だったと思う。

そして最近笑ったのは

「しょくどう」@若松町

180914shokudou

某ブログで紹介されていた「とことん盛りのいい店」

ようやくタイミング合って行ったらこのありさま。

181003shokudou2

ああ、やっぱり。適当なネーミングは店主自ら「飽きる」のではないか?

閉店の少し前に営業許可を更新したハズだけど?

で、さらなる問題は…

181003shokudou1

…挨拶しておいて「準備中」。つまり、営業中と準備中の2種類しか手札がない。

迷店パターンを順調に進んでいたところ、急に挫折。

さて市内の珍店名、たくさんある。放置系だと

180831oomori27_sanukiudon

↑組み合わせを見て、ただのうどん&そばでは寂しいと思っただけなのだろう。(閉店済)

180914gottsu_hondori

なかなか豪快な名前。

以前「味」という店もあったらしい。なんの味?

181005yanagawa51teishoku

この店は住所から調べると「定食」という名称で登録されている。

山の手には「お惣菜」という名前のお店があるというので

行ってみると、

181005yamanote376yamato_souzai

ちゃんと「やまと」という具体名があって、元気に営業してた。

ゆっくりカウンターで立ち食いランチ&コーヒーの店…。

具体名があるとつぶれないようだ。

こうして、もしかしたら、函館珍店名シリーズも

成立するかも?(笑)

とにかく名前が悪いだけで営業継続困難のような気がする。

だから名前はだいじなのである。

ただこの店はやっていた。これで続くなら訪問する価値ある店に違いない。

181005tonkatsuya_hiyoshi

「お持ち帰り」という枕詞が重要?

店内飲食が可能らしいから「お持ち帰りも可」なの?

いままで弁当専門店かと思ってました。

それにしても店名を思いつかなくても店を出したい。

「名前はまだない」なんていう夏目漱石みたいなお店もあるからね???

やっぱり函館の料理人は変わった人が多いのかも?

(補足)「とんかつや」…ナント知る人ぞ知る系の素敵なお店だったので後日、

あらためてレポートしま~す!


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« またやっちまったな函館市観光部…放置のツケがことしも | トップページ | 中部日本縦断タビ2018【PART10】名古屋港と豊橋 »

函館人気質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想通りで笑っちった…でさっそく【珍名閉店の法則?】:

« またやっちまったな函館市観光部…放置のツケがことしも | トップページ | 中部日本縦断タビ2018【PART10】名古屋港と豊橋 »