無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 繊細と神経質がかなり紙一重…と思うのですが@石川町 | トップページ | 函館にはなぜかイタリアンが似合わない【PART3】ついに閉店! »

2018年10月19日 (金)

よろしいギャップ(^^)ローストビーフ丼&ハットリくん…中部日本タビ

観光とはふだん見かけないものを見て、感心することではないだろうか。

名所・絶景はもちろんその類だが、

名物(食べ物)、祭りや風俗もそれと同じ。

地元の人間が当たり前、日常と感じているものを旅行者はけっこう面白がる。

函館でもわかりもしないのにやたら市電の写真を撮っている人が

いるでしょう。つい何番(の車両)がお気に入り?と聞きたくなります。

180823hst_719new_leftside

↑自分が好きなのは719長谷川水産号…でも724のときとちょっと変わってしまった

さて、なるほどね。と思ったのは氷見線のハットリくん列車。

氷見線は16.5kmと短い路線なので、常にこのハットリくん列車が走ってる。

180905hattorikun1

180905hattorikun5

180905hattorikun2

通学の地元高校生は毎日乗っている。何も珍しくない。

たぶん観光客がこの列車を撮るキモチがわからないんだろうな。

ハットリくん列車しか走ってないし。

場所は変わって名古屋は伏見。夕食はぜいたくはやめよう、

ファーストフードでいいや。店のあてもないし場合によっては

コンビニめし? そう思っていたところに出会ったのがこのお店。

ステーキチェーンの新業態だ。

ローストビーフ丼が690円だって。

180906s_miya_fushimi1

野菜たっぷりは女性を意識しているんでしょうね。

大盛りにしてサラダと生ビールをつけたので1500円になった。

久々のワクワクな出会い。

居酒屋で地元の新鮮な刺身もいいけど、名古屋の繁華街で

ヘンな店でがっかりしたくない、と思っていたところである。

大都市はこれがあるんだねえ。繰り返しますがチェーン店です、宮。

180906s_miya_fushimi0

これも名古屋のビジネスマンには何の感慨もないでしょうな。

人が多いとこういうパターンも成立するわけか。

旅先で地元民の立場で考えるとどうなんだろう?と思ってみた、

単にそういう話、です。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 繊細と神経質がかなり紙一重…と思うのですが@石川町 | トップページ | 函館にはなぜかイタリアンが似合わない【PART3】ついに閉店! »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 繊細と神経質がかなり紙一重…と思うのですが@石川町 | トップページ | 函館にはなぜかイタリアンが似合わない【PART3】ついに閉店! »