無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 無知が暴挙を生む…そして自然破壊【松倉川改修問題】 | トップページ | 今回は【函館洋食の系譜】番外編をまたも宮前町にて »

2018年10月13日 (土)

函館にはなぜかイタリアンが似合わない!【PART2】

(9/15更新)函館にはなぜかイタリアンが似合わない!【PART1】のつづき。

こんな小ネタにPART2があるとは…自分でびっくり。

本題に移行する前に、オチをすでに書いちゃってる気もしますが、

忘れます(笑)

「イタリアンとは手の内を明かさず、秘密めかしておくこと」

でなければ、

「イタリアンとはその日その日のアドリブなので、本日の…には

あまり意味がない。アドリブを楽しんでおくれ」

マジしょうか。

そう解釈可能なほどに函館には謎のイタリアンが多い。

入ったことないのでわからないのだが、この迷店もイタリアンらしい。

180925toui1

先日前を通ったら、めでたくランチは予約でいっぱい、なのだそうだ。

さすがにパスタランチではあるまい。

ランチ3000円ならリッパな高級店。謎めかしておくのもあり、か。

なにやらイタリアン居酒屋というのを確立しようとしたお店も

あるようだが、「夜のコースだけでやっていく」ことがいろんな意味で

ハードルが高かったからではなかろうか。

ま、この件はつべこべ言わず、実際に試してから書こう。

ただ函館某所のこの店は現在ジンギスカン推し。

180926graziegrazie

というわけで、住宅街の奥深くにまだまだ不思議なイタリアンは存在する。

180921nosh_mihara1

180921nosh_mihara2

このお店も営業時間が明記されていたので脱・迷店かと思いきや、

情報量が足りないのである。ファイルには何かメッセージがしたためられて

いたようだが、訪問時は空(から)で放置系。

↓ここには昔、トラットリアがあったらしいが、いまは居酒屋。

180819fukabori122

トラットリアはリストランテよりもカジュアル、とのことだが、

ランチが1500~2000円では地方では厳しいでしょう。

だから、パスタランチに逃げるのもいたしかたなし。

↓この店はオステリアと冠している。どちらかというと酒場寄り。

何度も前を通るがちょうどよくランチ営業しているタイミングに出会わない。

180928falcone_


↓こちらはブログ主の経済力では試しようのない高級店? 謎めかし度では

函館随一。高級ワインが楽しめるお店は「エノテカ」というらしい。

180911licorma

東京でも昔々、フレンチよりはイタリアンがカジュアル!と大流行した

時代があったっけ。

とにかく函館にはわかりやすいイタリアンのお店が皆無と言っていい。

次回は知る人ぞ知る絶景イタリアン(の夢)の話と、

もったいぶっていたオチの話を。

ああ、平打ち麺、とショートパスタを存分に楽しませてくれる店があれば、

パスタランチだけでも評価するんだけど。というのがブログ主の勝手な理屈。

イタリアンには逆風な街、函館ということでした。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 無知が暴挙を生む…そして自然破壊【松倉川改修問題】 | トップページ | 今回は【函館洋食の系譜】番外編をまたも宮前町にて »

はこだてグルメ、ぶった斬り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館にはなぜかイタリアンが似合わない!【PART2】:

« 無知が暴挙を生む…そして自然破壊【松倉川改修問題】 | トップページ | 今回は【函館洋食の系譜】番外編をまたも宮前町にて »