無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 予想通りで笑っちった…でさっそく【珍名閉店の法則?】 | トップページ | ある晴れた日にBees.Bee【函館洋食の系譜】PART5 »

2018年10月23日 (火)

中部日本縦断タビ2018【PART10】名古屋港と豊橋

PART10はほぼ最後のおまけ、なんでささっと。

旅最終日は小雨降る中、名古屋市港区にあるラムサール条約湿地

藤前干潟を見に行く。ちょうどシギ・チドリの渡りがピークに

さしかかる頃なんで。

180907fujimaehigata1

180907aoashishigi03bk

伊勢湾奥の大きな干潟でちょっと観察撮影には不向きかもしれない。

残念ながら観察成果はアオアシシギ、ぐらい。

まあ、この種は函館にはやってこないので、近くで見られてよかったけど、

ここの本来のポテンシャルはこんなもんじゃない。

いかに遠くから訪れても、日によって時間帯によって当たりハズレが

大きいのが干潟の鳥なんで、ウォーキングしに来た、と思えばいいんでないの?

伊勢湾に多くの川が集中する地形は、もちろん埋め立て地の増加とともに

徒歩や公共交通では訪れにくいもの。となりのブロックへ行くには橋まで

戻って向こう岸、だから、ひょいと対岸に渡れるものでもない。

だからこそ、大都市の近くでも鳥たちがやってくるとも言える。

180907fujimae_higata_center

昼まで干潟を見て午後からは豊橋へ。

この街は路面電車つながりの街。

「駅前」から出ている豊橋鉄道、東田本線・通称「市内線」は立派な路面電車。

東海地方唯一の路面電車だ。

180907toyotetsu_786

180907toyotetsu_3201

180907toyotetsu_ceiling

180907toyotetsu_ekimaeoodori

これでちゃんと乗ったことのない路面電車も残りわずかとなった。

函館の市電と比べて思うのは、一定区間専用軌道に近い形になっていること。

路面電車の「定義」はクルマと併用軌道であることで、

鎌倉の江ノ電などもほぼ専用軌道だが、一部がクルマと併用部分があるので、

路面電車とされる。

函館のように「専用軌道」ゼロな路面電車は珍しい。

函館なんてクルマが平気で軌道に侵入してきて、電車の進行を妨げるからね。

まったくもってドライバーのマナーは悪い(笑)。

こうして併用軌道を走る、路面電車は見事に観光資源だったりするわけだ。

函館市民にはその自覚がちょっと足りない。

今回の中部日本縦断タビでは、

富山地方鉄道・市内線、富山ライトレール(富山市)、万葉線(高岡市)、

そしてこの豊橋鉄道(豊橋市)と4つの路面電車を体験した。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 予想通りで笑っちった…でさっそく【珍名閉店の法則?】 | トップページ | ある晴れた日にBees.Bee【函館洋食の系譜】PART5 »

行程詳細・エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中部日本縦断タビ2018【PART10】名古屋港と豊橋:

« 予想通りで笑っちった…でさっそく【珍名閉店の法則?】 | トップページ | ある晴れた日にBees.Bee【函館洋食の系譜】PART5 »