無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 名店と迷店…あるケーススタディ@宝来町 | トップページ | 続・無知が暴挙を生む…そして自然破壊【松倉川改修問題】 »

2018年10月16日 (火)

中部日本縦断タビ2018【番外編】万葉線・前編

(函館市民の関心はないながら少数の「路面電車ファン」のために臨時更新)

高岡市を走る路面電車「万葉線」。高岡駅前から越ノ潟を結ぶ12.9km。

所要時間50分。

函館の湯の川~谷地頭+十字街~函館どつくで営業距離10.9kmなので、

それよりもやや長い。

万葉線の由来は以前にも書いたが、この地が万葉の歌人、大伴家持の歌に

何度も詠まれていることから。

さて高岡駅前から最初に乗ったこの7071型が衝撃的だった。

180905manyoline_retro

車内。

吊革で想起するなら、函館市電の700系ぐらいの古さ。

ただびっくりしたのはこの懐かしい?料金箱。

180905manyoline_retro2

函館でもプリペイドのイカすカードが導入される前のスタイル。

昔は函館でも運転手さんがこの料金箱ごと駒場車庫前で交代していたっけ。

ところで、この料金箱で1000円札両替ってどうするんだっけ???

正解は右側の両替機のフタを開けてレバーをガチャコンガチャコンと

操作すると100円玉が5枚ずつ落ちてくるしくみでした。

函館のもこうだったっけかな。

180905manyoline_retro3

でもこの7071は冷房完備してたのでさらにびっくり。

万葉線のレトロ感はこの古い車両だけじゃなくて。

高岡駅前から4kmほど行った米島口のところに車庫があり、

そこから車両が出てくるときに、「待ち」になるのだ。

理由は残りの9km近い区間が単線だから。

180905manyou_tansen0

180905manyou_tansen

え?路面電車、単線なの?

それで終点まで50分で往復?

でもご心配なく。途中途中の駅で複線になっている場所があり、

行き合いとなる。

180905rokudouji

↑ホーム上に待合室があったり…は路面電車っぽくない。

180905kaioumaru_st

↑海王丸駅

でもタブレット交換もしないし、ちょっと怖い。

ただし、単線区間は専用軌道なのでクルマは踏切でしか

横切らない。

終点の越ノ潟まで2回ほど「待ち」があり、終点に無事到着。

なんと9月この月は線路交換のために全面運休する日があるとか。

万葉線はいろいろ流儀が違ってびっくりすることが多い。

新旧感も路面電車のさまざまな側面が楽しめる「万葉線」。

真正鉄道ファンならずとも面白い。

180905koshinokata_st

終点の越ノ潟駅も路面電車っぽくはない終点。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 名店と迷店…あるケーススタディ@宝来町 | トップページ | 続・無知が暴挙を生む…そして自然破壊【松倉川改修問題】 »

行程詳細・エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中部日本縦断タビ2018【番外編】万葉線・前編:

« 名店と迷店…あるケーススタディ@宝来町 | トップページ | 続・無知が暴挙を生む…そして自然破壊【松倉川改修問題】 »