無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 女将さんの直撃コメントを後日フォロー…ある日のイカ刺 | トップページ | 創業20数年でこの枯れ具合@千代台【函館洋食の系譜】 »

2018年9月19日 (水)

来るところまで来てるよ○太郎…

名誉のために。美原店。住所は中道、でも美原店…

180822kantarou_hondori_ent

とうとうね、こんな感じです。

回転寿司もファストフードと思えば、御馳走ではないと思えば、

ハラも立ちません。

いやね、正直ひっかけ問題。

見事にひっかかる。ひっかかるべくしてひっかかる。

これらがすべて事前の想定の範囲内って???

まずはそうした「悪意?」を持って着席…の前にトイレに行っておこうと

お手洗いを除くと車椅子のお客様が介助者ともども苦労していらっしゃる。

もちろん、フロア係はそんなことには気づいていない。

せかすのも何なんで一旦着席。

180822kantarou_hondori1

本日のオススメの中から「桜海老軍艦」をオーダー。

ころ合いを見て再度お手洗いに。

無事済ませて戻ってくると、「桜海老軍艦」まだ到着していない。

軍艦はバックヤードで作るので、目の前では握らない。

それはよく知ってる。

そうだなあ、店内には自分のほかに4組ほど。

カウンターの中には握り手が3名ほど。

足りていますよね。

それにしても握り手の年齢差が激しい。親子を飛び越えて三世代的な

印象すらある。そこでブラックを想像する。

もちろん、年長者がリーダーならそうじゃないけど、最年長者が

最新人らしい。

180822kantarou_hondori2

ようやく「桜海老軍艦」が登場。

いろいろ考えすぎて撮影を忘れる(笑)。しょうもね。

それにしても、相も変わらずの「本日のオススメ」

すっかり印刷だ。個人的に気に入らないのは「宇和島の鯛(養殖)」

四国の果てからやってくるこの真鯛が函館市民にウケにウケているとしか思えない。

これを本州からやってくる観光客が見ると…。

どんな価格帯をボリュームゾーンと見て、客単価をどう設定しているか。

対花まる、いやスシロー、魚べい、はま寿司との差別化は宇和島の鯛なのか???

撮影し忘れたのでレーンで回っている「桜海老軍艦」を再度手に取る。

これで終了だ。

180822kantarou_hondori3


最後っ屁にこう聞いてみる。

「あのう、この桜海老はどこ産ですか?」

カウンターの内側から何の返答がない。

わかるともわからないとも返答がない。

そんなもん駿河湾産とテキトー答えておけばハズレることはあるまいて。

つまり、そんな常識を知らない。

驚くことにホール係の女子が言う。

「お客様がお尋ねですよ」

面白かったので、そのまま席を立ち、レジで精算。

カウンターの内側の握り手たちはネタの特性を何も知らないらしい。

こんなお店の客単価はせいぜい800円かな。

もし2000円だったら、異常なぼったくり、だと自分は思うけど。

かつての函太郎神話?が維持されたままだとすれば、

函館市民の舌はその程度のもんである。

そろそろ潮時だよね。わざわざこんなフォロー、優しい人じゃないと

しないと思うケド。

いやあ、写真に残したくなる異常なレシートだ!

その後…東京に行ったので八重洲の地下でイッパツ撮影しておいた。

180907kantarou_yaesu2

180907kantarou_yaesu1

客はゼロではなかったが、並んでもいなかった。

コンセプトは函館市内店とは違うらしい。

回転しない函館の寿司、○太郎…。

でも宇和島の鯛はいっしょ。こだわってるのかな???

北海道は握るけど、鯛は愛媛。北海道で上がらない。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 女将さんの直撃コメントを後日フォロー…ある日のイカ刺 | トップページ | 創業20数年でこの枯れ具合@千代台【函館洋食の系譜】 »

はこだてグルメ、ぶった斬り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来るところまで来てるよ○太郎…:

« 女将さんの直撃コメントを後日フォロー…ある日のイカ刺 | トップページ | 創業20数年でこの枯れ具合@千代台【函館洋食の系譜】 »