無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【9/9:9:00AM時点】イオン湯の川店@函館、生鮮食品戻り始める… | トップページ | 本町で笑撃のシスコライス越え…!【函館洋食の系譜】 »

2018年9月 9日 (日)

嗚呼…哀愁の十字街界隈からの…メディアに出ない函館洋食?

こっちは定例更新。です。

函館洋食を語るために、先にこの記事を出しておかないと都合が悪いので、

とりあえずお読みください。

せっかくメディアに出ても、意欲がないと…ザンネンな展開になると思うわけです。

それぞれのお店の姿勢の違い、経営者の知力とこだわり…料理の腕がすべてでは

ないわけです。それが「経営」かもしれませんね。

この件を強く思ったのは以前の「ハコラク」の洋食特集。

函館に洋食店なんかあったっけ? カレーの五島軒を除外すれば、

アメリカンダイナーな店をこのフリーペーパーは洋食と定義する?

そう思って読んでみると、意外に行ったことのない店が載っている。

極力アクセスできる範囲で足を運んでみたが…

まず十字街の「C」はラストオーダー時刻強調の後ろ向きのメッセージ。

180330cabin

180316cabin_ent2

メニューよりオーダーストップの時間を強調。

絶対2時半には締めるからな、って感じ。

これでまずまずおいしいハンバーグ、ライス大盛り880円なら、

十分アリなんだが、これで「とりあえず、入ってみろ」の態度が気に入らない(笑)

同じく「ハコラク」掲載店。

180409gokurakutei_ent

この4月にBS日テレに登場した「G」は、ほんとうは日替わりランチではなく

1000円越えのメニューをオーダーしてほしいらしい。

180409gokurakutei2

↑イチオシメニューなんで最後に大きく書きました? 雑なだけ?

180409gokurakutei1

↑これが日替わりランチ…いたってふつう。自分の感覚なら税込780円かな。70円足りない。

そして先の十字街の閉店してしまった喫茶店のマスターも名を挙げていた

美原の「F」にもがっかりだった。

180417plrfutabaya1

180417plrfutabaya

自分には懐かしい味にはとても思えず。

濃い目の味付けで大味なのは「レストラン」でなく「パーラー」だからね。

しょうがない。

昔、松風町の大門広小路の角にバンビという洋食店があった。

五稜郭の交差点にもあったはず。釧路の泉屋で思い出した。

函館の街ではこうした洋食屋は生き残れないのであった。

店側の希望客単価1500円! 妥協して1200円…

ほんとうの庶民にはついていけないでしょう。

数少ない函館洋食がすべて住宅街の奥に引っ込んでしまったのには、

洋食を支持しなかった市民の存在を抜きにしては語れない。

店主だけの問題とは到底思えない、愛のない函館の話である。

その点、新川町「ソマリ」は価値がある、とそういうことである。

150820somari_ent

150820somari

↑15年8月撮影

180806somari_closed2

と思ったら6月には閉店していた。

もちろんカジュアルフレンチなどと背伸びをしてみても、

特定のリッチ層以外には響かないから、青柳町の「K」も

宝来町の「B」もこの現状、と相成るわけだ。

市民間のギャップが思いのほか、激しい街だよね。


にほんブログ村

 

 

 

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 【9/9:9:00AM時点】イオン湯の川店@函館、生鮮食品戻り始める… | トップページ | 本町で笑撃のシスコライス越え…!【函館洋食の系譜】 »

はこだてグルメ、ぶった斬り」カテゴリの記事

コメント

御無事でなによりでした。
スーパーの品揃えも少しずつ回復してきましたね。
カフェレストランソマリの閉店は本当に残念です。
この先、価格という点で函館市内の客のニーズに応えられる(質は外して考えて)店はガストのようなチェーン店だけになってしまうかも‥。

コメントありがとうございます。
地震の件は、基本話が別ですが、そこからもいろいろ読み取れるものがあります。

何事も前向きにとらえて、ようやく現状維持のように思うのですが、函館人の気質は「新しいものに飛びつき、すぐに飽きる」傾向が強いようです。そしてそれを知らずに「我が道を行く」で経営する店主。いやあ、変わった店が多い、ですまされない現状が見られますね…。

洋食好きな自分はまずはこの側面からの考察をしばらく続けるつもりです。

否定的なネタ、ばかりではなかったりしますけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼…哀愁の十字街界隈からの…メディアに出ない函館洋食?:

« 【9/9:9:00AM時点】イオン湯の川店@函館、生鮮食品戻り始める… | トップページ | 本町で笑撃のシスコライス越え…!【函館洋食の系譜】 »